地震 

「東北地方太平洋沖地震」で各地に被害が出ているようで。
和歌山なので地震による直接的な被害はありませんが、太平洋岸ということで大津波警報が出て、地域に拠っては避難勧告・避難指示が出ている状況です。

GPLerで被災された方の詳しい状況は分かりませんが、宮城neGco氏はご無事の様子。
本日帰宅したところ、丁度neGco氏からの郵便物が届いていて、可愛いフォントで
「ねじこより」
と書いてあったため、オカンに「あら、ねじ子ちゃんって誰?」って言われてしまった、などという話を書くのも憚られるような気が・・・!


京都での学生生活の時に阪神大震災を体験していて、神戸で直撃に会った友人も何人か居たため、大地震での災害ニュースを聞くとなんとも言えない気持ちに。
TVに映る光景が現実と信じられなくて凍り付いていたあの思い出が。
同時期にはLEVINCARS氏が大阪在住だったそうで、少しだけ震災の話をした記憶あるかな。
今はあの頃と違ってネット・携帯電話も普及し、様々な状況・安否をある程度確認する手段がある、というのは大きい気がします。

阪神淡路大震災では、被災地・その周辺地域では自然とコミュニティが出来上がるというか、
「命があっただけ幸せだ、自分の出来ることをするしかない」
という意識共同体が生まれる、という感じを体験しています。
ので、被災地から遠い私などは、やみくもに心配するのではなくて、同様に出来る事・出来ない事・やるべき事・やってはいけない事、を判断して少しでも何らかの力になれる事を探る・力になれる事がないなら少なくとも迷惑を掛ける行動は控える、というのを心懸けたいとは思っています。

上に書いたようにネットの存在で情報共有・安否確認等便利にはなっていますが、反面、誤情報・デマ等の心配も上がってきているようです。
twitter等でつぶやきたいなどとも思ってしまいますが、それによってTLが流れる・ノイズが混じるという結果になり被災地の方が情報収集に不確実性を生じるのでは、などとも不安に。

また、落ち着いてきてからの情報を見て、ネットでは様々な意見が加速する事でしょう。
阪神大震災の際は、対応等で政権・マスコミその他色々への批判が出たわけですが、今回も確実にそういうのがあるでしょう。少なくとも既にそういう傾向は見えます。
多分、ネットが火を付けて何かが大問題になったりするのでは、と。
こういった批判等は当然の事で必要なものだとは思いますが、しかしその反面で、いつの間にか被災地域への注目よりも被災地域に本当に必要な情報よりも、ただただ無駄な情報・報道のマスコミ、復興とは関係ないどうでもいい意見・本質とは全く外れた方向行くネット、という方向性だけが加速する不安が。
どうでも良いこんなことを書いている自分への自戒の念もありますが。


余震が続く中で夜をすごす、というのは何とも言えない不安・恐怖です。
被災地の方々は心を強く持って、としか言えないのが歯がゆいですが、より多くの方々の無事をお祈りしております。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/951-aafe43b7