スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SetpointとGPLIP 

Logicoolのマウスウェア「Setpoint」とGPLIPの相性が悪く、Setpointを常駐させてるとGPLIPが重い・軽く固まる感じになる、というのはGPLIPに集う紳士淑女の裏テーブルマナーとして口伝で代々語り継がれてるようなそうでもないような気がするのですが、久々にSetpoint(Ver.6.15)をインストールしてみたところ症状が無くなっていました。
いや、一人寂しく「てすと」「てすてす」とか言ってきただけなので微妙なんですが!
少なくともウチの環境では大丈夫。他の人の環境は知らん!
(他にGPLIPと相性の悪いソフトウェアだと同様の重くなる症状が出たので、Setpoint起因の症状は治ったと判断)

くそう、いつの間に直ってたのかな・・・
2年半もSetpoint無しで使ってたのに!
(XPだとSetpoint入れないとホイールの左右チルトが使えないんです7ならOS標準ドライバで大丈夫らしいんです)
きっととっくに気付いてた人が居たはずだ、教えてくれればヨカッタのに・・・

もうSetpoint無しでの操作に慣れてしまったので、というか個人的にはホイールの左右チルトなんてExcelで横スクロールする時ぐらいしか使わないので無くても良いんですけどね!
まぁ新マウスとか新ワイヤレスキーボード買う際にLogicool製品を安心して購入候補に挙げて大丈夫かもしれない、という事で・・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/906-bb2a5aff

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。