スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4コア化 

今回購入しました新パーツ(中古ですけどね!)のCPU「Phenom II X3 720 Black Edition」は、”Phenom II X4の選別落ち”という話がまことしやかに囁かれておりまして、
「マザーボードの機能によって、3コアから4コアになる(可能性がある)」
というようなCPUでございます。
(AMDのチップセット自体がその機能を持っているモノと、マザーボードベンダーが独自にコアをアンロックさせる機能を載せているモノがあります。)

まぁ720BEが発売されたのはもう一年ちょい前で、その頃に話題になった話なので今更なのですが、一応ウチでも確認を。
GPLerだと、芸者氏がPhenom II X2 550BEで2コア→4コアをやってますでおます。

当初は「このマザーならいける!このCPUロットなら当たりが多い!」とか賑やかだったようなのですが、マザーボードのBIOSが改良されてきて、2chスレなどを見てると最近のASUSのマザー辺りは割とあっさり4コアに成功して安定動作する雰囲気。
(元々BIOSの改良が頻繁・マザーの電源回路が安定している、とかそういう感じ)
オレ様の今回の新マザー(中古ですけどね!)もASUS。ちょっとラッキー。

んでも、
「中古やし、4コアで動作する当たりCPUならまだこの時期に売却しない気がする・・・」
と思ってたので、あまり期待はせず。
とりあえずチャレンジ。


オレ様のマザーだと4コア化(チップセットのサウスブリッジSB710の”ACC”機能をONにする)への手順は簡単と言いますか、PC立ち上げ時に

”Press 4 to activate ACC function”
という表示出るので「4」キーを押しますと、勝手に一端電源落ちて再起動しまして、
20100715_02.jpg
”***** 4 Cores are activated! *****”
との表示が出て4コア化完了。失敗とかの表示はあるのでしょうか。

「13:20:45 | neGco> ってことは8押して起動すると・・・」
とか言ってましたが、8コアにはなりませんw
3コア→8コアだったら”嘘のサンパチ”で丁度良いんですが、ってこの言葉使うの関西だけかなw


OSも問題なく立ち上がりまして、XP上のCPU-Zで
20100715_03.jpg
Processor Nameは”Phenom II X4”認識、Specificationは”AMD Phenom(tm) II X3 720 Processor”から”AMD Phenom(tm) II X4 20 Processor”に。なんか700も減っているw
とにかくネイティブ4コアに。
あ、ちょっとオーバークロックした状態なので、ノーマルの200Mhz×14の2.8GHzから、200Mhz×16の3.2GHz動作表示になっています。”Black Edition”はCPU内部倍率変えれるんですね、凄いですねー。

タスクマネージャでも
20100715_04.jpg
ノーマル3コアから
20100715_05.jpg
4コアへ。
こないだまでAthlon64 X2で2コア使ってたので、順番に増えて嬉しい!気がする。


4コア化に拠る弊害としては、
「モニタリングソフトでCPU温度を監視出来なくなる」
ってのがあるらしく、
20100715_06.jpg
(AMD OverDrive上)
ウチも例に漏れず表示されず。
どう問題になるかというと、温度に拠ってCPUファン制御してるモノが正常に働くのかとか、温度が異常に上昇した時にクロックダウンとかシャットダウンする機能が働くのか、とかの不安が。

ただ、ウチの場合はマザーボードのBIOS上だときっちり温度のモニタリングが出来ていたので、多分ファン制御等は働いてくれるハズ。
色々ソフト試してみると、マザーボードメーカーASUS謹製の”ASUS PC ProbeⅡ”だと
20100715_07.jpg
(タスクマネージャの左側に見えてるヤツ)
きっちりCPU温度その他を検知出来たのでひとまず安心。
CPU温度が正しいかどうか、というのは分かりませんが!

このタスクマネージャとPC ProbeⅡの画像は、負荷テストでH.264エンコを回してる状況。
4コア化とCPUクロック2.8Ghz→3.2Ghzで。(Phenom II X4 955 Black Edition相当)
一応4コア使い切ってる、ようには見えるw
このまま一時間半ぐらい回しましたが、落ちる事はなく。
クロック3.3Ghzだとブルースクリーン出たのでこれ以上のOCは無理そう。
OC耐性に限って言うならハズレ石だなコレ。しょぼいw

リテールファンのままですが、55~56℃付近で温度上昇は止まるのでまぁ大丈夫。
しかし4500~5000rpmぐらいでファン回りっぱなし。
爆音では無いですが、ちょっと耳に付く音がするのでその内CPUクーラー変えよう。

エンコでのテストしかしてませんが、4コア化+OC3.2Ghzなら常用出来そうな雰囲気が。
でもゲームとかどうかな、重いゲーム持ってないから分かんないw
ストⅣだと4コアをフルには使ってくれなかったしー
とりあえず明日帰宅後から4コア付けっぱなしで土日ずーっと問題なく動くか試してみよかな。


まぁでも日常使うのに4コア要らないんで、無理にしなくて良いかなw
オレ様には3コアどころか2コアで十分な気が!
実際のところ、
「3コアで快適になったのか、Athlon64→Phenom IIへの変更で快適になったのか、CPUクロックのUPで快適になったのかどれか分からない」
という状況にw
いやまぁ、どの変更がどこに効いてるか、はなんとなく分かってるんですけどね!
これから”けいおん!!”の溜まったTSファイルをMP4にエンコする作業をすれば色々効き目を実感するに違いない・・・
つーかそれしかオレ様には使い道が・・・
GPLはレースないから動画作れないしw

えーまぁ皆様はややこしい事せずにですね、最初から4コア買いましょう。
今安いし! 3コアとかもう中途半端で売ってないし!
あと新品で!

コメント

嘘のサンパチってのは初耳だがや。 こっちでは使わんがね!

ウチでは4コア化するとX4 B50 Processor表記ですよ。 数字が大きくてトクした気分!

ASUS PC ProbeⅡでちゃんと温度出せるんすね。知らんかった。今度入れよ。
見た感じ結構正確な数値っぽいし。
4コア化してない時だとcore tempとかで温度出るものの嘘な数値が表示されるけど
ASUS PC ProbeⅡならちゃんとしたのが表示されるんかなあ。

ま、普段2コアの定格で使ってるんで問題無いですけどね!

4コア化してのOCはハードル高いみたいだからしゃーないすね。
だから次は3コアのままでチャレンジですね!(無責任)

ゲームはバイオ5ベンチでも2から4コアにしても違いなかったなあ。
6コアまで対応しとるとかいう話なのに・・・。
GTA4は結構違うらしいですよ。 罪の無い市民を虐殺しましょう。

せっかく4コア化したんなら、エンコードテストは、3コアと4コアの処理時間の比較してみませんか?
結果違いが出るようであれば、4コア化もエンコでは有効かと。
あとエンコソフト側で使用コア数を指定できますので、4コアのうち、例えば3コアをエンコ指定、もう1個はゲームを起動して遊ぶなんてしてみたらどうでしょうか^^;
うちはやってないので人柱w

>4コアにしてCPU燃えてしまえ芸者さん
落ち着いたらCPU電圧爆盛りで目指せ4GHzオーバークロックとかするかもしれないので、オレ様がやる前にですね、芸者氏が人柱になってこう派手にやらかしてもらえませんか!

Biosでの変更とかオーバークロックツールの代わりにK10Stat使いましたが、色々便利ですねコレ。


>Roo様
一応少しずつデータは取ってまして、3コア・4コアエンコ処理速度の違いは明日ぐらいには記事に出来るかも・・・!

MediaCoderも良く分からないまま使って見ましたが、2Passエンコでx264.exeがエラー吐くので、泣く泣くABRでテストしてますが良いのだろうかw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/903-272be7fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。