コード・ブルー 

えー、またあの人が地味に名前を変更してるのですが

今回は間違い探しLv・・・!

そんなLEVINCARS先生にご教示頂いたプラグコード交換を先週土曜に終えました。
簡単でしたw
素人の見立てですが、4番プラグ辺りにちょいサビあったので雨の日の失火はこれかなぁ・・・
感電した原因箇所は分かりませんw

とりあえずLEVINCARS大司教様への報告がてら画像を
交換前
20100329_02.jpg

交換後
20100329_03.jpg

黒いコードが青くなったので交換箇所が一目瞭然ですね!
「エンジンルームは汚れているものなのです」
とLEVINCARS頭領が言っていたので、きちゃなくても平気です。

交換後に雨が降ってないので雨天時の不良が直ったかどうかは確認出来ていませんが、晴天時にたまーに起きていた加速時のミスファイアっぽいのが消えたかも。すーっと高回転まで回る感じに。


とにかくLEVINCARSパティシエ長、色々細かい事教えて頂きありがとうございました。

コメント

交換が無事にすんでよかったです。おめでとうございます!!!

感電はおそらくプラグコード自体の劣化によるものだと思います。ブラぐコードのどことかいう場所の特定は難しいかとおもいます。

今度はデスビのキャップ&ローターとプラグ交換の作業レポをお待ちしております。

プラグ交換はSin氏にも「ついでにやれば?」と言われたんですが、プラグレンチがありません・・・!
昔乗ってた原付のはあるんだけどな、ダメかなw

プラグコード交換しただけでも色々やってみたくなりますね。
デスビキャップ・ローターもやってみよかな・・・
割と安そうだしw

とにかく色々ありがとうございました。

①デスビキャップを外す時に間違えてデスビ本体を止めているねじを外さない。
②プラグを外した時に、シリンダー内に物を落とさない。
③プラグを締め付けるときに強く締め付けすぎない。

の3点を注意すればあとは取り返しのつきやすいことばかりなので、大丈夫だと思います^^

おいらからも

一、バッテリのマイナスターミナルを外すべし。
一、フェンダーにカバーを着けるべし。(作業に夢中になるとこすれて傷が付く。適当な布とか段ボールでOk)
一、プラグコードを抜くときは根元を持つべし。
一、プラグを外す前に周りのゴミをエアで飛ばすべし(空気入れでOk)
一、プラグを着けるとき、最初からレンチは使わない。手で締め込むべし。(ねじ山を壊さないため)

絶対調子よくなるはず!
がんばって!

いや、なぜもうプラグ・デスビキャップ・ローター交換という話になっているのだ!
もっと優先度の高い、GPLerみんなが知恵を絞って力を合わせて今修理すべきなのは、
「カギ穴が壊れた上にキーレスリモコンが多分ベッドの下の奥かどっかに行って無くなっちゃってて、助手席から乗り降りするハメに陥っているs.okada氏FDのカギ穴修理」
じゃないか!


とりあえず次の段階に行く前に、明日雨っぽいので走ってみましてですね、上手いこと交換出来てるか・雨天時に激しかった症状が出ないか、をチェック予定でございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/880-fb9ae3d5

QLOOKアクセス解析