ワイヤレスキーボード買いました 

こないだここで「Amazonのギフト券の使い道~」と色々欲しい物貼りましたが、とりあえずワイヤレスキーボード買いました。
Microsoftの”Wireless Keyboard 3000”ってなヤツ。
neGco氏もポチって昨日届いたそうです。くそう一日負けた・・・!

フルキーボードで大きさは普通。
20091129_04.jpg
上は今まで使ってたDigital Media Pro Keyboardでほぼ同じ幅(460mmぐらい)。
neGco氏は今までHHK Lite2を使ってたらしく「でかいよ!」って言ってましたw

底面を見たら、
20091129_02.jpg
Wireless Keyboard 3000 ”v2.0”になっていた。
8月に出たばっかなんだけど、元々こうなのかな?
ドライバ(IntelliType Pro)では、わざわざ無印とv2.0が別になってたけどなんか変更とかあったのだろうか。

値段が安いワイヤレス(定価3800円・実売2980円)の割には、打鍵感もまぁまぁ。
静かだし。
パームレストの感触もなんか素敵。
見た目もパッと見ではなかなか。

細かく見ると、
20091129_03.jpg
ショートカットキーがごちゃごちゃ書き込まれてたり、逆に意味が分かりづらいアイコンがファンクションキーに書かれてたり、などなどおもちゃっぽく見えたり。
あと印字がシール感たっぷりなのがどうもw

あとはファンクションキーが小さい&4x3配置じゃない(1~12まで等間隔)なのが慣れるまで辛そう。
F1とかの表示自体も小さいのが・・・
半角/全角キーの左にある何かの機能キー(マイドキュメントが開くらしい)が近すぎて誤爆しがちw
まぁ慣れてくるかな。

剛性感は意外と高く、通常の入力で軋んだりはしません。
膝の上とか寝ころんでお腹の上で入力しても大丈夫そう。
実物を確かめずに購入したんで心配してたんですが、これは良かった。

まぁ使い込んでいけば色々不満が出るかもしれませんが、2980円を考えると十分満足。
半分はアフィの金だし!w
コタツトップのオレ様ですと普通にコタツ板に置いて入力する以外に、座椅子にもたれてキーボード太ももの上に置いて入力、思いっきり寝ころんでお腹の上にキーボード置いて入力、など割と姿勢を変えるので、ケーブルがないワイヤレスキーボードはめっちゃ快適です!
今も寝ころんで入力中。良かった良かったw


一緒に”Amazonベーシック”ブランドの、

USB延長ケーブルと光デジタルオーディオケーブル(TOS Link)買いました。
Amazonロゴが付いてるのでなんとなく欲しくなって・・・!
サイトで見てる分はなかなかよさげだったんですが、実物みたら「うーんロゴとかいらんかったな・・・」ってな質感w
ケーブル自体は良いのですが。

光ケーブルの方は、PC(Sound Blaster Audigy4)とアンプ(というかOnkyoのミニコンポ)の接続用に。
音質にこだわっているとかではなく、もうアンプ側の入力が余ってないので仕方なく光接続なのですw

USB延長ケーブルは、今回のワイヤレスキーボードのレシーバー接続用に。
Logiのワイヤレスマウス買った時、PCの裏側へ直接挿すと微妙に反応悪かったりしたので、見やすい場所にレシーパー移動・配置用。
届く距離とかは問題ないのですが、やっぱケースの陰とかで遮蔽物あると届きづらいのかな。

PC側の空きUSBコネクタが余ってなかったので、「どうしよう・・・」としばらく悩んでUSBハブ出してきて挿したのですが、
「あっそうだ、元のキーボード抜けばええんや・・・」
と後から気付くというアホ具合・・・
情けない・・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/843-a2f871e2

QLOOKアクセス解析