トヨタF1撤退 

トヨタ撤退ですかそうですか。

オレ様がF1にがっつり興味を持つようになったのは例に漏れず、日本GP再開(鈴鹿)・中嶋悟フル参戦・フジTV中継開始、の1987年。
そこからは第二期HONDA・無限ホンダ・第三期HONDA・トヨタ・ヤマハ・スバル(一応)などがエンジンサプライヤーorコンストラクターズとしてずっと居たわけで。
(第三期HONDAの中身がどうとかこうとかそういうのは置いといて)
F1のエントリー名はご存じの通り”コンストラクターズ+エンジンサプライヤー”で登録されるわけで、そこから日本企業の名前が消えるのはなんとも寂しい、と思ってしまうのであります。
中嶋一貴も小林可夢偉も来年の参戦どうなるか分かんないし。

根っからのF1好き・モータースポーツ好きの人であれば、トヨタ撤退しても日本人ドライバー居なくなってもF1を見続けるのでしょうが、オレ様みたいなあんまりディープじゃない上っ面だけ眺めるようなF1ファン(といえるのかw)は、F1への関心が急激に薄くなりますね。
F1見ながら「トヨタ何してんだよ!」「一貴遅いよ、映らねーよ!」とか言ってるのもですね、弱い・頼りないチームを罵倒しつつ、しゃーないなーと愛情を持って応援する、という”90年代の阪神暗黒時代を乗り越えたファンのスタイル”でありますので、そういう応援対象の日本企業・日本人ドライバーが居なくなってしまうと、ある種見る意味が無くなってしまうw
F1自体に魅力あれば良いのですが、昨今のレギュレーション改正はF1から牙を抜いてタダの糞レース・糞カテゴリーにしているだけでありますし。

とりあえず来年は「ブリジストン頑張れ!」とどのチームが勝っても喜べる幸せな状態で楽しみ、2010年シーズン終了ブリジストン撤退後は、「Araiのヘルメット頑張れ!」「NGKスパークプラグ頑張れ!」「曙ブレーキ頑張れ><」と、日本勢を応援して・・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/823-c9b37316

QLOOKアクセス解析