スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーケードスティック改造日記・7(配線、そしてひとまず完成編) 

組み立てなので手順をサクサクと~。


まずは昨日の記事からの変更点(気になっていた所修正)で、
20090917_stick02.jpg
天板部分を黒に塗装(あまりにも見た目汚いのでw)、そしてレバー取付ネジを変更。
こんなネジ
20090917_stick03.jpg
内部の取付ベースとナットの隙間には、右に2個見える段付きワッシャーを入れました。
(画像取り忘れ)


組み立てにあと必要なのは、基板とレバー・ボタンを配線するケーブル。
レバー接続用のケーブルは、LS-32-01購入時にハーネスが付いてきたのでそれ使用。
ボタン接続用のケーブルを、ボタン8個×2本ずつ準備。
20090917_stick04.jpg
基板にはハンダ付け、ボタンの端子にはファストン端子で接続(取り外しを容易にするため)、のでファストン端子をカシメております。

端子カシメ用に、一応ホームセンターで安物の電工ペンチ(498円)を購入
20090917_stick05.jpg
んが、今回のファストン端子が小さく、この電工ペンチのカシメ用部分(NON INSULATED、って書いてるところ)が大きくて、綺麗にカシメる事は出来ませんでしたw
下調べをきっちり、そして高いものを買いましょう!

まぁラジオペンチで十分行けました。
ちょっとコツを掴むまで時間が掛かる・作業も電工ペンチよりは掛かる、見た目バッチリとは行かない、とは思われますw


んでこのように、

本体部分(手前)、基板部分(右上)、そして配線用ケーブル類(左上)、と揃ったのであとは組み立てるだけ!


下準備(それと自分用覚え書き画像)として、別のプレステ用コントローラーを接続し、ゲームコントローラーのプロパティを見て、表示されるボタン番号とレバー・ボタンとの対応・配列との関係性を確認してメモ。
20090917_stick06.jpg

これもちょい自分用メモ
20090917_stick07.jpg
レバーの配線部分、基板とハーネスの関係性、他の人にはあんま意味のない画像w

皆様も後々色々忘れてしまわないようにですね、この記事のコメント欄にキャッシュカード・クレジットカードの口座番号と暗証番号を書き込んだりしておくと良いかも!


上記メモを元に、今度は基板を接続して確認しながら、各部書き込み。
20090917_stick08.jpg
下準備で使ったコントローラーはHORI製のリアルアーケードPS。
使用してる基板もHORI製でFightingStick SS、しかも元はボタン直付けなので裏返して考えると、配列自体は同じになるのが分かります。


レバー部分にも書き込み。
20090917_stick09.jpg
メインの基板に接続して調べなくてもレバーの基板パターンを追えば、ケーブルのどの色が上下左右のどのスイッチか、ってのは分かるんですが、一応接続して確認。
コネクタ部分を下(手前)に向けると、このようにコネクタ1から順番にGND・上・下・左・右になるようです。

ボタンの所にもカキコ。
20090917_stick10.jpg

作ったケーブルは
20090917_stick11.jpg
2本ずつまとめてラベルを貼っておきます。



さぁ、ハンダ付け。
下手ですけど、楽しいので好きですw
ハンダの溶ける瞬間が溜まらない・・・!

画像は必要ありませんが、レバーのハーネスとの配線とかを。
20090917_stick12.jpg
えー下手ですね、ハンダが輝いていませんw

あと基板が汚いですね!
スイッチボックス用にボタン取りした際に「もうこんな基板つかわねーや」と乱暴に扱ったためw
なので、動くかどうかホント心配だったのです・・・


ボタンの配線もガーっとやってしまって、
20090917_stick13.jpg
仮配線して動作確認。
ばっちり動きました!

基板部分をショートしないようにエアキャップとかで覆って内部に入れるのですが、
20090917_stick14.jpg
今回は基板がちょいと大きめだったのでR1ボタンのファストン端子を広げるように曲げました。この上に基板がかぶさる形となります。
プレステ純正パッドコントローラー基板等なら余裕で入るでしょうね。


んでこういう感じに。
20090917_stick15.jpg
配線はまだまとめてないけど気にしない!
こういうの気にする人は思いっきり気にしますよねw


んで底板を閉めて・・・
あ、このバーチャスティック(後期型)の高さなら、三和電子製ボタンOBSF-30にファストン端子そのまま立てても、底板には干渉しませんでした。
ギリギリかもしれないけど♪
そだ、外に出す連射スイッチ+START SELECTボタンを繋いでるケーブルを出せるように少しだけ台座を削りました、カッターでw


そしてひっくり返して
20090917_stick16.jpg
出来上がり! 完成! やっほ~


記事はここまでで7回分書きましたが、部品揃えて工具(特に天板の加工)もきっちり揃えてればそんなに時間掛かるものではありませんw
難易度も、ハンダ付け出来れば十分、ってなもんだし。

使用感・ファーストインプレッションは明日、へと引っ張るw

コメント

できあがりましたね。

自分ははんだで苦労してます。
バーチャスティックからリード線を取って使ってましたが、
無理だということに気づいたのでリード線を買いに行きます。
乗っ取りって難しいですね。
グラウンドをどこにつなげば良いのかすらいまいちわかってないです。

レバーとボタン換装はまだまだ先になりそうです。

どうもー

ハンダ付けは慣れですよねー
「コテ先当てる→ハンダ付ける→ハンダ離す→コテ先離す」
これをリズム良く出来るように練習だ!

リード線は近所にパーツ屋さんがあればバッチリですが、ホームセンターで買う場合は工作コーナーとカー用品の電装部品コーナーを見比べて、安い方で買いましょうw

PSパッドでの乗っ取りはDualshock基板で一度やりましたが、ハンダ乗せるところ小さくてメンドクサイですね(カーボン端子部分削れば別ですが)。
GND線はまとめても大丈夫なので、バーチャスティックのボタン・レバーのGNDは途中でなんとかしてまとめてPSコントローラーのGND1箇所か2箇所ぐらいにした方が楽な気がしないでもないです、私はそうした記憶が。

まぁマッタリと頑張って下さい!
と、先に完成したので先輩面をしておくのであります、ふはははは。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/793-64dd533e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。