アーケードスティック改造日記・4(内部基板編) 

ネット検索すればアケステ改造記事がいっぱい見つかる、と便利な世の中でありますね!
やはりこういう改造する方は理工系の方多いのでしょうか、解説やレポ記事の記述が簡潔明瞭で理路整然に淡々と作業をこなし工具もきっちり揃えて無駄なくスムーズに最後まで、という感じで分かりやすいものが多いです。
反面オレ様のような文系頭はですね、行間や余白を読んだり無駄な物にも美しさを感じ四季の移ろいに心を悩ます、という性格・感性をしておりますのでですね、ついついレポの文章が長くなったりしますね!
冒頭から文章が長いことへの言い訳です、こんばんはDFGさんです。


パーツも届いたので早速天板にレバー・ボタンを配置したい所なのですが、以前にも書いたように、
 ・セガ・サターン用スティックの基板をプレステ用として使用する
 ・長い間放置していたので、そもそものサターン用としてすら動作確認取っていない
など、トラブルが起こるとするとまずここであって、問題が起これば対処法・別の手段を考える必要がある、という事で先に内部基板を処理していくことに。

まず参考にしたサイトはこちら
・FightingStick SSのPS化
・ファイティングスティックSSを改造
とにかく、
「セガ・サターン用HORI製FightingStick SSの基板上にある空きパターンに、プレイステーションのコントローラーケーブルを接続すればプレステ用として動作する」
ということでありまして、今回はその改造・処理であります。


すでにオレ様はFightingStickSSを、GPL用スイッチボックスのボタン取りで分解しているので、基板はすぐに取り出せる状態。

大きいのがチップの載ったメイン基板、小さい方はカバー付けてますが連射ONOFFスイッチ+STARTボタンが付いているサブ基板。
メイン基板の空きパターンにPSコントローラーケーブルを接続すると、即PS用コントローラーとして使用できる(ハズ)。

反対面にはこのように、
20090914_stick02.jpg
いくつかのコネクタピンが出ている状態です。


そして、PS用コントローラーケーブルの調達。
20090914_stick03_1.jpg
犠牲となっていただく黒ネジコンさんです!

バキバキと分解し、
20090914_stick03_2.jpg
ネジコン基板と繋がってる部分のハンダを溶かして外す。


コネクタのピンとケーブルのどの色が繋がってるか、を確認しなければいけないので、当然テスターでとっとと調べるべきなのですが、
「オレ様、電子工作をしようというのに、テスターを持っていません」
というダメダメな状態w

なので毎度のことながら適当に、
20090914_stick04.jpg
LEDと乾電池で導通を調査。
LEDが無い場合は懐中電灯から豆電球を外して・・・、ではなくて最初っからテスターを買いましょう!


自分の覚え書きを兼ねまして、上記参考サイトに載っていたピンアサインと黒ネジコンでのケーブル色対応の図。
20090914_stick05.jpg
他のコントローラーの場合のケーブル色は知りませんw
少なくとも参考サイトに載ってた写真とウチでの配色は違います。

そもそもPS用コントローラーを直接乗っ取ればこんな苦労はしなくていいです!
いやー、前にスイッチボックス作った時にPS用デュアルショック乗っ取りはやってるので、別の事をしたかったんだよぅw


ピンとケーブル色の対応が分かれば、メイン基板にハンダ付けするだけ。
黒ネジコンに付いてたプラ土台部分をケーブル入れ替えて流用したので、
20090914_stick06.jpg
こんな感じで差し込んで、それから
20090914_stick07.jpg
基板面からそれぞれハンダを1滴ほど乗せる感じでお気楽に終了。


いそいそと動作確認。
DPPを介して接続・デバイスドライバはPsxpad使用、んでプロパティからチェック、
20090914_stick08.jpg
よっしゃ! きっちりPS用デジタルパッドと認識している!
(ボタン6押下中、プレステコントローラーだとR2ボタンかな)

この後、ボタンと繋がっていた基板部分をショートさせてそれぞれチェック、レバーはFightingStickSSの物が残ってたのでコネクタ繋げてチェック、ときっちり基板が生きている事を確認。
良かった、ばっちり使える・・・!


あとはサブ基板と接続してSTARTボタン・連射スイッチが使用できるか、を確認しなければならないのですが、以前スイッチボックス作った際に
「メイン基板とサブ基板を接続するハーネスをばらしてリード線だけ使った」
という処理をしちゃっておりまして、すぐには繋がりませんw
なんてことを! 残しておけば! オレ様のバカバカ!

全部ハンダ付けしようかなぁどうしようかなぁ、などなど考えつつ次回へ続く・・・

コメント

更新ありがとうございます。
早速すすんでますね。

自分はいま材料集めしているところです。自分のいま材料は

バーチャスティック後期型 HSS-0136
PSコントローラー SCPH-1080×2
パッド変換器 JY-PSUAD11

これらでPS化してからPCで使えるようにしたいです。

いずれはDr.FeelGoodさんと同じようにセイミツレバーとサンワボタンに交換したいです。
なのでレバーをとボタンをつけるところを詳しく載せていただけるとありがたいです。
鉄板をいじるのは難しそうなので、天板は塩ビ板にでも交換しようと考えています。

LS-32とLS-32-01の違いをおしえていただきたいです。

どーもー
作業自体は記事よりも2段階ぐらい先行させて進めてたりするので、更新はサクサクですw
レバーとボタンの装着記事は次々回になる予定であります。


LS-32シリーズの違いですが、レバー本体自体は基本的に両者で違いはありません。
自分の記事に書く予定は無かったので、ここでガーっと書いておきます。

レバーはマイクロスイッチが上下左右で4個付いててそれを押すわけですが、
・LS-32
マイクロスイッチの端子がそのまま出ている(4個×2端子で合計8端子)
・LS-32-01
マイクロスイッチが基板上に乗っていて、各信号線4本+まとめたGND1本、合計5ピンのハーネスが付けられる
という違いになっとります。
バーチャスティック後期型のレバーはLS-32-01と同じで「基板上にマイクロスイッチが乗っていて配線は1つのハーネスでまとめられている」という形になってますので分解すると感じが掴めると思います。

この違いは業務用ですので「ゲーセンでのメンテ性UP」が主眼だと思われます。
8本の端子をそれぞれ接続するのと、1つのハーネスにまとまったのをサクっと差し込むのとどっちが楽か、は自明ですw

あとはこのBlog記事のパーツ届いた編にもちょこっと書いてますが、
・LS-32 平板ベース
・LS-32-01 曲板ベース
が基本的に付いてきます。
(セイミツ直販やお店に拠っては選べると思いますが)


大雑把に言うと、この「5ピンのハーネス」「曲板ベース」をLS-32-01で採用したのは
「三和製レバーとの交換を容易にする」
という目的だと思います。
例えばですが、
三和電子のサイト・ジョイスティックページ
http://www.sanwa-d.co.jp/p_joy-stick.htm
こちらの「JLF-TP-8S」(段付鉄板タイプ)をみれば分かりますが、5ピンのハーネスとベースのねじ穴の位置がLS-32-01と共通(のハズ)です。
これだと簡単に交換出来る、というのがおわかりかと。
異社間でも共通部分が多い方が、ゲームセンターみたいな業務用使用だと便利なのも自明ですよね。

ブラストシティ・アストロシティ筐体のコントロールパネル部分の内部写真などを検索して色々みると、コンパネ部分にネジ穴の付いた共通のベース部分があるのが見つかると思います。
三和専用ベースとかセイミツ用になってるのとかも当然あります。
探すのめんどくさいので、ご自分で探しましょうw
まぁオレ様はゲーセンのオペレーターではないので、割といい加減な事を言ってるかも知れません!


アケステ自作ですとLS-32・LS-32-01のどっちを使用してもまぁ問題無いとは思います(取り付けも色々工夫出来ますし)。
ただやはり8個の端子にそれぞれリード線付けるのと1つのハーネスにまとめられているのを比べると、設置も交換もハーネス形状の方が楽だと思います。

後は内部のスペース的に、上下左右に端子が出ていてそこに配線するのと、1方向に1つのハーネス接続ピンが出ているのとを比べると、スペース節約・レイアウトの自由度もLS-32-01の方がわずかですが高いと思います。

こんなところでどうでしょうかw
細かい間違いはあるかも知れませんが、大筋では上記の認識で大丈夫だと思います。

記事参考したんですね。

僕の改造記事参考ありがとうです。
ファイティングスティックSSを改造
の記事を書いたものです。

僕は、ファイティングステックの
基板をPS化させた後サターンのバーチャスティックに取り付けました。連射も再利用し操作性バッチリ。

あとセレクトのパターンも連射スイッチ側にあります。

  • [2011/04/01 19:26]
  • URL |
  • ファミコン現役
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/790-f6110b88