地元ゆるキャラ 

ウチの近くにある南海電鉄和歌山市駅では、駅前商店街のお祭りが毎年8月の最終土曜日(24時間TVのイベントと併せて)に行われるのですが、衆議院選挙の影響なのでしょうか、今年は先週の土曜日に行われました。

この駅前商店街は「孫市の街」として街おこしを実行されてまして。
”孫市”つっても良く分からないかと思いますが、和歌山には戦国時代に「雑賀衆(さいかしゅう)」という最強の鉄砲傭兵集団が存在しまして、それを率いていたのが「雑賀孫市(さいかまごいち)」という人物なのであります。(Wikipedia雑賀衆
史実では不明な点が多く、はっきりした正体が分かってなかったりするらしくて、信長の野望とか光栄の、あ今コーエーですかね、歴史ゲームでは”鈴木重秀”名義で出ているのであります。
あとは司馬遼太郎先生の”尻啖え孫市”という小説でちょっと有名。
お祭りでも鉄砲演舞があったりしまして、駅の2階からドドーンと撃ったりします。


んでやはり最近の街おこしといえば萌え擬人化イラスト・・・!、ではなくて「ゆるキャラ」。
以前から「まごりん&ヤタっち」というキャラクターは存在していたようなのですが、遂にこのお祭りで”まごりんの着ぐるみ”がデビュー・・・!
20090826_01.jpg
(手には募金箱を持っております)
おお、結構カワイイぞ。

んがえーと、ウチのBlogの常連さんでありましたら、良く記事に登場するあのカワイイ、オレ様が大好きな白くてキュートなアイツ
20090826_02.jpg
ひこにゃんを思い出してしまったのではないでしょうか。
造形が似ている気がする・・・!
兜・立物の色と感じも・・・!
パ、パクっ(ry


ご安心ください、次の日の新聞記事に拠りますと、
20090826_03.jpg
「ひこにゃんに闘争心を燃やした」のであって、決してパクってなど! 良かった!
えー、デザインした方その他に物凄く失礼な事を言ってる気がしますが、この商店街付近には小学校の同級生の家が多数ある地元愛満載なオレ様ゆえの戯れ言ということにw

ショックなのは、手にしている募金箱が24時間TV関係とかでは全くなくて、
「予算足りなくて作れなかったもう一つのキャラ着ぐるみ製作用募金」
だったということでしょうか。うう、悲しすぎる(涙


これから和歌山のイベントにこの着ぐるみが色々参加されるそうなのですが、その内に人気爆発してですね、来年にはもう一体の「ヤタっち」も出来てですね、関東遠征したりしてですね、パシフィコ横浜にpolar氏が写真撮りに慌てて駆けつけたりですね、kazuki氏が自転車飛ばして見に行ったりですね、ZZZ氏がシウマイ弁当買うついでに見に行ったりですね、Bar氏が見に行った帰りにバッテリー上がったりトカするようになるかもしれませんね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/778-cb6fb353