スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

s.okada's GPL Series 第7戦 Nurburgring 8Laps 

参加して参りました「s.okada's GPL Series」第7戦 Nurburgring 8Laps。
レース結果は「B・R・M! B・R・M!」という事になりましたが、個人的なシリーズ戦略としては「これで良かったのかどうだろう・・・」というモノになっています。
走りながらかなり葛藤していましたw

BRM教団ネタでレースレポを行こうかな、と思いましたが、BRM教団・教祖Geishaboy氏のMixiでの記事が出だしから読者を引きつける素敵レポ(あずにゃんの画像ではないです)で勝てそうになかったのでオマカセする事に!

というわけで、その辺りの走りながらの葛藤レポをw
(文章が長くなりすぎました、しかも面白くありません。すみません)



○Nur戦開始前までのシリーズ戦略
s.okada's GPL Seriesは、今回のNurを含めて残り5戦。
前回Silverstoneでノーポイントで終わったため、車種ポイントが少し回復し”5”に。
今回のNur・次戦Mosportがノーポイントであれば、車種ポイントは”35”になる計算。

詳しい計算は省きますが、車種ポイントが”35”あれば残りのMonzaでEagle・Watkins GlenでFerrariに乗っても、最終戦Mexicoで「最低でもFerに乗れる・LotやEagの勝負マシンに乗れる」確率が高い。
(Monza・Watkins Glenで両方優勝した場合だけ、Mexico戦開始時点でFerrariに乗れる車種ポイント”6”に足りなくなる)

てなわけで
「今回のNurburgringと次戦Mosportをノーポイントで終える」
というのが今回レース開始前までの考え。


捨てレースを公言している感があったり、「お前は最初からポイントを取れるつもりで居るのか」というようなイヤな印象を与えかねない記述ではありますが、その辺りは
「実際の結果はどうなるかは置いといて、机上の空論・計算上考えての事である」
というワケでありますのでお許し下さいませませ。
これ以降の文章もイヤな感じに取れる傾向が多々ありますw



○Nurburgring戦開始ちょっと前の作戦
ノーポイントで終わる為には
 ・レースを休む、サボる
 ・参加して入賞圏外で終わる(当たり前)
の2つ。

「ノーポイントで終わろう」と決めていても、やっぱ一応レースは走りたい。
ので、休むのは却下。

んで参加して入賞圏外で終わるのを考えるわけですが、今回のコースはNur。
「リタイア率が高く、完走するとポイント圏内に入る可能性も高そう」
という状況。
参加するからには完走したい・思いっきり走って自分の力を試したい、んがポイント圏内はマズい。

参加予定メンバーを見て、無人鯖のTime状況や実績から推測すると、Akaty氏・Barchetta氏・Geishaboy氏・Rooibos氏・SEANA氏・RecoBre氏、この6名の方々には勝てそうにない。
オレ様の位置づけは、Hirame氏・Hatoya氏と並ぶ7番手グループ、と勝手に予想。
むむ、ポイント圏内の6位ギリギリ。

てなわけで、
「基本は、上位6名様の誰かがリタイアしたら、オレ様もリタイアしよう」
という緻密で高度な作戦を頭に入れる。



○レース直前GPLIP
上記作戦を確実に遂行するため、GPLIPの画面を凝視しつつ
「誰が来た・来てない、誰が奇数鯖偶数鯖?」
という事を、いつも以上に一生懸命把握することに努める(なんかセコイ)

「あれ、RecoBre氏が来てないな」と思っていたら、なんとJill氏が来た!
速いのは決まり切っている、んがしばらく全然見てねぇ、どうなんだきっちり走れるのか、それとも冷やかしか、くそぅ不確定要素すぎる・・・!
とりあえずいくら考えても分からないので、来てないRecoBre氏と入れ替える形で「オレ様より速いと思われる6名のメンバー」に勝手に入れるw


サーバー分けの結果、オレ様は奇数鯖に。
ありがたいことに上記6名のメンバーの内、Akaty氏・Barchetta氏・Geishaboy氏・Rooibos氏・Jill氏、この5名が同じ奇数鯖。
SEANA氏だけ偶数鯖。
もうきっちり色々確認していたので、
 23:05:20 | Dr.FeelGood> 偶数SEANA氏逃げ確定かコレ
とか思わず言ってしまうw

予選Timeを残さずに後方から行く手も考えていたのですが、速い人がこちら奇数鯖に固まったっぽい状況だったので、
「AttackTimeを出して、上位勢に次ぐグループの先頭を走行する」
ってなのを目標に据える。
これなら気持ちよく走れて、順位へも色々対応出来るハズ。



○予選(奇数鯖)
予選アタックは成功、ほぼPBと変わらない8m08.246sというTimeが出る。
予選終了直後のゲーム内画面表示はコチラ

アレ、Rooibos氏とJill氏が居ないぞ・・・

どうやらお二人とも予選No Time。
Roo様は断れないお誘いがあって飲酒。(大人の世界は辛い)
Jill氏は久々だから遠慮したのかなコレ。

んで予選順位はコチラ
okGP_Nur_pra02.jpg
目標通り、上位勢に次ぐグループTopの位置。
んで、Rooibos氏とJill氏は後方グリッドに。
むむっ、予測外の事態。
よしっ、これはポイントゲットする絶好のチャンス・・・!

あ、いや、ポイントゲットするとマズいのだ。
シリーズ戦後半が立ち行かなくなるのだ。
というわけで、
「偶数鯖SEANA氏を考えると、この予選位置は5番手。ポイント圏内どうしよう・・・」
という軽い葛藤が始まりつつ、レースへ。



○レース(奇数鯖)
・Lap1
スタート~1コーナーからに掛けて混乱もなく、Pit裏ストレートに出た時点で
okGP_Nur01.jpg
予選順位通り4番手。後方にはsasahiro(さっさー)氏。

前方のAkaty氏・Geishaboy氏・Barchetta氏には徐々に確実に引き離され、後方sasahiro氏は徐々に引き離す、という展開。
Lap1から単独走行チック、気楽に走れる展開になり、予選Timeを出す作戦はそういう意味で成功。

Lap1の最終盤で
okGP_Nur02.jpg
教祖・芸者氏が当てた所とほぼ同じところでフェンスに当てる。
ここにはBRM神のご加護があるので、被害は軽重!
まぁタイヤ取れてリタイアしても、シリーズ戦略的には問題無いのでショックも少ないw

Lap1終了時には、前方3位のBar氏との差4秒、後方5位のsasahiro氏との差は13秒。


・Lap2
Lap1と同じ展開、前とも後ろとも差が開き、完全に単独走行。
最後まで走るか・順位落とすか・リタイアするか、などはまださほど考えず走行。
当然「オレ様の事だから、普通に走っててもコケてリタイアしちゃうだろう」という考えが大きいw

んがSector4で
okGP_Nur03.jpg
黄旗が見える。
直後にAkaty氏のチャットが入ってきて、どうやらリタイア。Pribludaでも確認。
これで3位に。
うおお、ポイントゲットはおろか表彰台もあるぞ!

あ、いや、イカン、ポイントゲットしてはいけないのだ。
とりあえず、
「大きなミスをしたらリタイアしよう、それまで気楽に走ろう」
ぐらいの気持ちで走行。

Lap2終了時、前方Bar氏との差7秒、後方sasahiro氏とは23秒程度の差。


・Lap3
Lap2のロングストレートで前方のBarchetta氏を視認したのを最後に、全く見えなくなる。
しばらくはコーナー各所でBar氏が残すスキッドマークが見えていたものの、それも次第に無くなってゆく。
カルッセル付近でエンジン音が聞こえたのを最後に気配が消える。
という感じで完全に引き離されていく。
後方とも差があるので、単独走行、完全に自分だけの世界。

こうなると頭の中で色々考えてしまう。
現在の順位の事、車種ポイントの事、後半戦の事、今晩おかず何食べたんだっけ、etc.
ただ、Nurburgringで走りが忙しい為、簡単には考えがまとまらない。
というわけで、
「よしっ、半分走りきったら考えよう!」
と、問題を5周目以降に先送りするw


離れているとはいえ、後方の順位もPribludaでチェック。
「おお、長野・諏訪湖近辺コンビ(sasahiro氏とRooibos氏)がバトル中なのか」
などなど観察。
その順位が入れ替わり、後方4位Rooibos氏・5位sasahiro氏、そして6位にJill氏がやはり上がって来ている模様。
ただ、オレ様と4位Rooibos氏との差は30秒程度。
前方2位Barchetta氏との差は16秒に。


・Lap4~6
このLap4~6に掛けての3周は本当に色々な事を考えながら走行。
ただ中盤で集中力も落ちてくるし、Nurだから走り自体も気を遣わないといけないので、なかなか考えがまとまらず結論も出てこない。

まず、
「予定通りノーポイントで終わるか、それともポイントゲット目指すか」
という問題。
色々思索するものの分からない。
とりあえず、まだ奇数鯖は自分以外で6台以上走行していたため、自分がリタイアすれば偶数鯖が全滅していてもノーポイントで終われる計算。
ので、これは一応置いておく。

そして、
「ここでポイントゲットすると、残りのレースにどう影響するか」
という事を考える。
確実に出る影響は、
「次々戦のMonzaを捨てレースにせざるを得ない確率が高い」
という事。ここまではレース前にNurをノーポイントで行くかどうかを考えた際に一応頭に入れてたのですんなり分かる。
が、その後の残りWatkins Glen・Mexicoでどう車種が選べるのか等々の細かい具体的な所までは考えていなかった。
「Monzaを捨てれば残りのWat・Mexは行けるのかどうなんだ、やはりジリ貧か?」「いやMonzaでEagに乗れる可能性はあるのか、しかしそれだと残り2戦捨てか?Mex行けるか?」等々、今ならランキング&ポイント表を見つつ答えが簡単に出るような事でも、走行しつつだと本当に難解、というかすぐに答えを見失う。

その上、もしポイントをゲットするのであれば、
「このNurを3位で終わるか4位で終わるのか、どっちがいいのだ」
という問題も。
3位に入ってしまえば、そのポイント4点も車種ポイントから引かれてしまう。
4位なら1点少ない3ポイントとなるものの、車種ポイントからは引かれない。
現在奇数鯖で3位走行中、偶数鯖でのSEANA氏&その他の動向はどうなんだ、オレは今何位なんだ!、とか色々考えても分からない事を考えたりなんかしちゃってボロボロでまとまらない・・・!
もう本当に普段使わない頭をフル回転させて葛藤するものの、全く働かないw


で、考え事をして走行してたからTimeが悪くなったかというと、
okGP_Nur_lapchart.jpg
そんなこともなく、なんか非常に良いLapTime(オレ様なりに)を刻んでいる。
頭で考え事をして、操作はもう機械的にレーシングラインを見てブレーキング、という感じだったのが良かったのかな。大きなミスなくLapを刻む。
さっき「ミスしたらリタイアしよう」と考えてたと書いたけれど、これでは終われないw

あと、芸者氏のレポにもあるのですが、このLap4~6辺りで
「Top芸者氏と2位Barchetta氏の差が詰まって来ている」
という事も。
「バトルの末、二人で共倒れがあるかも・・・!」
とPribluda見つつ、期待して走行w

てなわけで、この辺りでは
「完走してポイントゲットの気持ち70%、リタイアする気持ち30%」
ぐらいの割合で悩みつつ走る。
Death or Glory、まさに死か栄光か!


・Lap7
Lap6終了時点で、後方4位はJill氏に。
ただ、55秒近い差があったので「残り2周で抜かれる事は流石にない」と考えて走行。

とりあえず色々考えるのはやめて、
「芸者氏かBar氏、どっちかコケろ」
「偶数鯖のSEANA氏、もうコケておけ」
と、呪いの方向へ。

そして最後のロングストレート。
目視は出来ないものの、Pribluda読みでBar氏が止まったかスローダウンしているのが分かる。
「む、ロングストレート終わりの左かなんかでミスしたのかな?」
と思いつつ走行。


・Lap8(Final Lap)
ホームストレートへ向かうところでBar氏が見える。
動いてはいるがスローダウンしている模様。
S/Fラインを過ぎてから、完全にラインを外して走行しておられたので
okGP_Nur04.jpg
通常ラインからパス、これで奇数鯖2位へ。

後から聞くとBar氏はガス欠だったらしく。
やはり愛息ばる夫誕生の事ばかり考えて少し計算が・・・!
いや、ここでのガス欠リタイアは後半戦へ向けての戦略の可能性も捨てきれん・・・!


このファイナルラップで奇数鯖BRM1-2、流石にオレ様も迷いが無くなって、
「ポイントゲットに向けて完走する! 芸者氏と共に表彰台に乗る!」
と心を決める。
安西先生、やっとできたぜ。オヤジの言ってたのが・・・
ダンコたる決意、ってのができたよ・・・!


んでこうなると気になるのが偶数鯖の動向。
SEANA氏がまだ走ってるのか、他に速い人が居るのかetc.
極悪非道なBRM教団に入っているオレ様ですので、
「くそう、okada氏リタイアして偶数鯖の様子を伝えやがれ!」
などと、主催者に向けて頭の中で酷い事を言いまくる。
つーか、マジで知りたかったw

最初はリタイアノーポイントを狙っていたというのに、ここまで来て自分がリタイアしちゃうのはイヤ、という勝手な考えで丁寧に丁寧に、
okGP_Nur05.jpg
奇数鯖2位でフィニーッシュ♪



○結果
okGP_Nur_result.jpg
 全体3位(奇数鯖2位):22台出走

きたっ!表彰台キタ!
BRM 1、3、6位もキタ!

くそう、SEANA氏は事前予想通りに逃げて完走したのか・・・
あと1回ミスしててくれれば、順位分からなかったのにw


このNurでポイント取ったので、次戦Mosportはもちろんのこと、次々戦Monzaで勝負出来ない(最高でFerにしか乗れない・んで乗るとその後どうにもならなくなる)、というのは間違いなし。
一応Mosport・Monzaをノーポイントで終われば、残りWatkins GlenとMexicoの2戦は確実にFerrariには乗れる、という状況には留まっております。

なので、色々考えながら走ってましたが結局のところ、
「Nurでポイントゲットするか、それともMonzaでポイントゲット狙うか」
という単純なトレードオフだったのかな。
Monzaで今回の4ポイントゲットするのは難しいと考えると、ある意味成功かも・・・
いや、Nurを4位で終わっておくとまた違ったのかも、わからん!

うーんでも、やっぱMonzaはガチで勝負したかったなぁ。
やはりMonzaはある意味聖地だし!

とりあえず、次戦Mosportと次々戦MonzaはBRM教徒のまま過ごす事に・・・
とっとと改宗をもくろんでいたというのに・・・


主催&鯖s.okada氏、GPLIP Naguchi氏、鯖kazuki氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

コメント

BRM教団としましては、最高の結果となったと言える今回のレースですが、
信徒DFG殿におかれましては必ずしもそうとは言えない、との事。

何故そのような結果に終わったのか考えておったのですが、
解はここにあるのではないでしょうか。

>>とっとと改宗をもくろんでいたというのに・・・

神がそのような不埒な考えを持っているものを放っておくはずがありません。
道を外れようとしている信徒を正しき道へ導く為に
表彰台に乗せるという、神の大いなる囲い込みによって
BRM教団に留まらせ、修行の機会を与える事になったと思うのです。

…実に深い。 感嘆のあまり思わず溜息が漏れます。

こうしてみると、やはり最高の結果であったと言えますね。
何も思い悩むことはなかったという事です。
これからも信徒としての務めを果たして下さい。

ポイントゲットしたおかげで、BRM通信が大ベストセラーに!
ふはははは、この売り上げをかすめとって逃げるのだ!

もっともっと儲けるために、次戦Mosportでの勝利・そしてBRM通信第二号発売、を目指して教祖はもっともっとがんばってくれたまえ。
ふはははははは!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/747-6768bab0

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。