スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三戦Watkins Glen反省 

Newbie2006公式サイトに第三戦Watkins Glenのレポが掲載され(ZZZ氏お疲れ様です。)、再度レースを思い出しながら、8月5日の記事「第三戦Watkins Glen前夜」で書いていた目標・課題等の反省を。

・予選
目標としていた4秒台が出せて満足。どこかで2強に割って入る勢いでこれからも。

・スタート
普通に成功して安堵。
ただ、事前の練習レースで成功が皆無だったのは反省点。
クラッシュを引き起こす原因になる、という対戦相手に対するマイナス点は勿論、
「レースバトルの練習をする機会を自分からみすみす失っている」
という点が今考えると大きかった気が。
自分がLotusである程度のタイムが出せるようになって、ジジビー方もマシン等でハンデ付けてくれているのに、いきなりスタート失敗でバトルの機会を逃していたのが今となっては本当に反省。

・安定したLap
クラッシュ一回、タイヤ温度OKといった点ではまぁ合格なのかも。
ただ、予選タイムとレースAveタイムの差が大きい。
優勝したMotorRunner氏と比較してみると

             Practice   Race Fastest   Race Ave.
MotorRunner氏   1m04.567s   1m04.720s    1m05.153s
Dr.FeelGood      1m04.750s   1m05.675s    1m06.960s

予選Timeでは約0.2秒差が、レースFastestでは約1秒差になり、レースAve.では約1.8秒差に。
この差が、経験・技術・心理・思考・食べ物の違いetc.で、簡単に「こうすれば埋まりますよ」というモノではない気もするが、少しずつ埋めていかねば。

ただ、過去2戦含めNewbie参加者全体を見ても、PracticeとRace Fastestがこれほど差があるのは自分だけなのでその点はなんとかしないと。
「ミス無く行こう」という心理が確実に逆効果か。完全にチキンハート。

・バトル
テールトゥノーズ、サイドバイサイドなどのドッグファイトは皆無。
というか自分から回避する始末ですね。(レポに書いているCF氏との件とか)
こりゃ強くならんぞ、と自分でも分かってるのドウシヨウ。
性格的にこの辺りが永遠の課題となりそう。

接近戦ではないものの、Lap14~23のTREAD氏との3位争いをバトルと考えると、これは完全に敗北。
まず、不注意により簡単に先行を許す。
気付いてからの自分のLapTimeを思ったように上げられない。
というかTREAD氏を追っている時のTimeが落ち込む。それ以前・以後の単独走行時のTimeと比べると明らか。
慌てすぎ・気にしすぎでラインに乗せて走れない。心理的な弱さ露呈。
向こうがミスしてなかったら完敗。


うう振り返って反省してみたものの、技術的にはもちろんの事、心理面の改善をまずは図らねばならんのか。
自分で書いてて落ち込んで来たぞぅ。

楽しい話題ないかしら、そうだ台風が紀伊半島逸れたぞ、って直撃の地方の方すみません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/51-edfbc1ce

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。