スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPLPs 第11節(Round20/21)- Watkins Glen - 

さて行ってまいりました、GPLPs Round20/21 Watkins Glen。

本レースを含めて残りは2戦。
こうなると気になって来るのがポイントランキング(とりあえずオレ様トップ)。
レース自体に勝ちたい、という気持ちはもちろんあるのだが、
「ランキング2位のBarchetta氏に負けてはならない」
という気持ちが非常に強く。

レース開始前では3ポイント差(オレ様113point Barchetta氏110point)。
とにかく上の順位でフィニッシュ、が目標。
下だとしても、2レース共1個下ならポイント逆転されても最悪1ポイント差で済む。
とにかくリタイアだけはマズイ。

というような感じでレースへ臨む。



○事前練習とかとか
事前練習もいつもと少し違うアプローチ。
レースまで1週間・コースは走り慣れている・リタイアは出来ない・タイヤの温度が気になる、等々の理由から、普段の「一発のTimeだけは負けね~」などという自己満足TimeAttack風味の練習は控えめ。
とにかくレース距離を走って、ラップタイムの確認で費やす。

Watkins Glenでの、走り方・LapTime・タイヤ温度上昇、それぞれの兼ね合いを自分なりにはかなり掴んだ感じ。
が、突き詰めるところまでは流石に行かなかったナリ。
「このペースならギリギリタイヤが持つ」という限界の見極めとか、「この走りなら全くタイヤ負担の心配がない」というような走り方とか、そういう所までは無理ですた。

まぁヘボいオレ様なので仕方ないんですが、色々考えたり迷ったりで、練習からめいいっぱい色々GPLPsを満喫している気がするw


○直前
当日開始直前の練習鯖・接続確認鯖では予選用燃料で走る。
TimeAttack的な練習をしてなかったので、攻めた時の自分の走りが良く分かってなかったんだけど(情けない)、3秒台がかなり出る、というかPBを連発風味(3秒7とか)。
「ふはははは、オレはえぇええええええ」と、調子に乗る。

しかも、マークすべきライバルBarchetta氏が
「今日は生ビール4杯いってしまいますた」
との発言が。
キタ!オレに風が吹いている!
とはいえ、オレ様もMonzaで飲酒後リラックスして走った経験があるので、酩酊・泥酔・二日酔い、ぐらいになって貰わない事には信用出来んw


Heat1開始直前で参加者は19名。

オレ様、/idでは偶数。
事前練習で3秒台~4秒台前半を叩き出していた方々は軒並み奇数。
正直「2鯖開催なら偶数でぶっちぎれる」という甘い、超失礼な考えも頭をよぎる。

んが、1鯖なら「ポイントランキングで気になるBarchetta氏の動向が確認出来る」という事が大きい。GPLPsのイベントスケジュールだと、Heat1で2鯖開催の場合全体結果が分からずHeat2へ行く形。
これは細かいが非常に個人的に・ポイント競ってる状況的にはイヤなのだ。

1鯖2鯖どっちに転んでもオレ様的にはオールオッケー、という嬉しい状況。
正直な気持ちとしては、
「Heat1を1鯖で行ってくれ、そしてHeat2誰か来て2鯖開催にしてくれ!」
と密かに願いまくっていたw

kazuki氏鯖の準備まで一旦出来ていたのだが、結局1鯖開催で。
短い距離のWatkins Glen。1鯖フルグリッドだと予選からリスキーに違いないのだが、そっちを選択する方がやっぱ面白い、という気持ちが強く働いたのだろうかw


○Heat1 予選
予選は失敗!
直前確認鯖での調子が嘘のように消え去るw
車が多く気になったり色々あったけど、10Lapほどアタック出来たし言い訳にならんw
完全に自分のせい・・・

なんとかフロントローげっつ。
ポールm2氏、3番手Barchetta氏、その後にs.okada氏、CF氏が続く。
スタート練習は最前列どっちでもやってたので、どんとこい!、ってな感じ♪


○Heat1 決勝
スタートは悪くない感じ、が2コーナーへの進入をIN付きすぎて

軽くブレーキ、これでポールm2氏が前に。
実質ここでm2氏との勝負が決定してしまう。
MonzaのVS LEVINCARS氏ともそうだったが、オープニングLapの弱さをなんとかせねば。


Lap2のLoopへ向かうストレート
GPLPs_Watglen02.jpg
Topがm2氏、オレ様、Barchetta氏、s.okada氏、CF氏、と続く。
このまま上位は膠着状態。
差も少し変わる程度、しかしスリップへ付く程でもなく均衡。

中盤Lap9の同ストレート
GPLPs_Watglen03.jpg
全く変わらず、それぞれ少し差がつく程度。


といった感じでファイナルラップまで。
心境的には、
「前のm2氏を追いたいが、後ろのBarchetta氏が気になる」
という状況がずっと続く。
ちょっと無理して追いたい、んでもそうなるとタイヤ温度&ブロー&ミスが気になる、それやっちゃうとBarchetta氏に詰められる、と色々逡巡。
実際のペースでは、全くm2氏を追えず、後半Barchetta氏に詰められているのですが!


まぁこのままなんとかBarchetta氏の前でフィニッシュ出来ればおっけー、と思いつつのファイナルラップ。
なんと、Topのm2氏とLoopでクラッシュしていたNullpo氏が接触。
GPLPs_Watglen04.jpg
その横を労せずパス。

うぉっファイナルラップでこれか!、と驚くと同時に、
「これはイカン、m2先生の優勝がクラッシュで消えるとは。レース終わってからGPLIPに血の雨が! 血で血を洗う争いが! バイオレンス! 恐怖!ネギを持って三三七拍子のリズムで姑を殴る鬼嫁! などなどな状況に!」
などと、かなり両者にダメージのあるクラッシュを茶化して良いのでしょうか。


とりあえず、m2&Nullpo両氏は、

 0:56:39 | m2> 何もおごってもらわなくて良いけど
 0:56:47 | m2> これからは面白いと思ったらすぐその場で wを!
 0:56:55 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

と、ここから始まりまして、

 4:32:05 | Nullpo> 殿、素晴らしいPCをお買いになってうらやましく
 4:32:23 | m2殿> うむ、そちも大分判ってきたようじゃ

と、途中から完全に「殿様と家来ミニコント」状態に入っていきまして、

 6:03:08 | m2> びっくりくりくりくりすてる
 6:03:28 | kazuki> 反応ないですね
 6:04:00 | m2> w
 6:04:06 | m2> 自分でこれからはwつけようかな
 6:04:13 | m2> それはさみしいw
 6:04:16 | kazuki> w
 6:04:18 | m2> 変だ・・・
 6:06:00 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 6:06:04 | m2> おそっ!

など、早朝まで飽きることなく続きまして、

 0:53:44 | m2> ぶらっと・ピットにはいっちゃだめだね
 0:54:20 | Nullpo> ハッ!
 0:54:22 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 0:54:30 | m2> おそい!数が多すぎて不自然!
 0:54:36 | m2> 目を離すなというとろうが!

次の日も、F1地上波最中にまだ続いております。
とにかく、血を見るバトル・茶碗の飛び交う喧嘩にならず、流石に大人の対応、というかまるっきり子供の対応な気がしないでもありません。



レースに戻しますと、クラッシュを見てちょっと減速しちゃったり&Barchetta氏のラストアタックなどがありまして
GPLPs_Watglen05.jpg
最終コーナーではこんななってましたが、
GPLPs_Watglen06.jpg
トップでフィニッシュ。

アクシデントがなければm2氏に追いついてなかった状況は悔しいですが、Barchetta氏より前でフィニッシュ出来て満足。
とはいえ、あと数LapあったらコレBarchetta氏に抜かれてるな・・・
色々ラッキーだったHeat1でした。


○Heat2 予選(偶数鯖)
Heat1のメンバーにRecoBre氏が加わり20名。
というわけで2鯖開催に。

これでもうBarchetta氏の状況とかレース中には分からない。
ので作戦は、
「とにかくポール取って、あとは逃げてやらかさないようにレースペースキープ」
だけ。

んが、予選またもや失敗w
ポールRecoBre氏に次ぐ2番手。
「やっちまった・・・」と正直思うものの、
 23:59:31 | Re子鯖> 今日5周しか練習してねーよw
という言葉を信じてレースへ!


○Heat2 決勝
スタートは何とか決まった感じ。
2コーナーでTopへ。
GPLPs_Watglen07.jpg
St.JoviteのHeat1でも書きましたが、皆様スタート直後が上手くなってる気が。
綺麗に並んでおりますです。

Lap2のLoop前ストレートで
GPLPs_Watglen08.jpg
後方RecoBre氏とはこの差に。
結構あるように見えますが、Reco氏相手だと一気に詰められる可能性のある差。
後はなんとかしてでも逃げるだけ。

前日の練習レースではRecoBre氏に追いかけまくられた、というか毎度の事ながら各コーナーで詰められまくってかなり不安。
特に1コーナーへの進入がひどかったかもしれん。
「タイヤに負担を掛けてはいけない」との意識が強すぎて、ターンインからそーっとゆっくりラインに乗せる感じで余計に遅かったのかな。

のでちょっと1コーナー(&その後2・3コーナー)を頑張る感じで。
ここで頑張っておけば、あとはストレート~Loop~バックストレートでEagleパワーで逃げられる。毎度の事ながら完全にEagle頼み。

これが功を奏したのか、RecoBre氏に詰められる事無く周回。
というか、RecoBre氏が帰宅直後で、全く事前練習出来てなかったおかげなのですがw

あとは見えない奇数鯖メンバーとのタイム争い。
最終コーナーが少し決まらない感じがあったんだけど、ペース的には練習通り・狙い通りだったかな。大きなミス・クラッシュ・ブローしなかったので上出来。
そのままフィニ~ッシュ♪
GPLPs_Watglen09.jpg
あとは奇数鯖結果待ち。



○結果
 Heat1:1位(1鯖開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖1位)

という結果に~。

Heat2の全体順位は、1位m2氏、2位ワタクシ、3位Barchetta氏、というものに。
Heat1のm2氏クラッシュ前と同じ順位でございますね。
勝てなかったという悔しさよりも「Bar氏の前でフィニッシュ出来て良かった・・・」という気持ちが大きいかな。
2Heatともm2氏にかなわなかった、という事はオレ様にまだまだ足りないモノがある、ということでございましょう。
Heat1では、その足りないモノを縁起かついだカツ画像で補ったのかもしれないw


全世界注目のポイントランキングは、
 131point:Dr.FeelGood
 124point:Barchetta氏

と、7ポイント差。
少しオレ様が有利に!

とはいえ、オレ様リタイア、Barchetta氏2位以上、で逆転される差。
うーむ、絶対にリタイアだけは出来ん・・・
Mexicoは1コーナーと縁石代わりのタイヤがイヤなんだよな・・・

まぁ何が起こるかわからないレースでございます。
ここまでのGPLPsでも、
 ・オープニングLapクラッシュリタイアを、KyalamiとMonacoで。
 ・ファイナルラップ回線落ちを、Brands Hatch 1967で。
 ・ファイナルラップブローを、Nurburgringで。
と色々経験してきております。
最終戦Mexicoで、何が起きても泣かない!
けど何も起きないで欲しい!

とにかく最終戦ですし、出来るだけ練習して、確実に完走出来るLv、そして戦えるLvに。
そうすれば、あとは「破壊ダー」が出ない事を祈るのみw



主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/508-e4a1b388

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。