スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかおかしい その3 

コントローラを黒ネジコンと心中すると決めて数日、ゲームをまともに走る前に設定で悩みまくる。
センタリングで悩んだのもつかの間、シフトUPDOWNをどのキーに割り当てるかで悩む。

当初は十字キーの上下でUPDOWN。だがコレがUSB-PS変換器(SmartJoyPad2)のせいなのだが、アナログ軸認識されてしまう。
他のデジタルボタンと比べると押した時の反応が悪い。一歩遅れる感じでギアチェンジが行われる。
んでLRボタンでUPDOWNを試みる。が、このキー自体がストロークが長い。押し込むまでにワンテンポ遅れる感じなのだ。

残されたキーはSTART・A・Bボタン。
STARTボタンは握ったまま親指で押せそうなので採用決定。就職難を乗り越えおめでとうSTARTボタン君。
だが配置の関係上A・Bボタンをアクセルブレーキのアナログボタンを使用しつつ押す、というのはかなり難しい。
一時間ほどネジコンを縦にしたり横にしたり裏返したり持ち方を変えてみたり投げたり叩いたり揉んだり舐めたりしたものの、やはりA・Bボタンの採用は見送り。

んでRボタンのストロークをなんとか短くしたい、と思考し仕組みを探るべく分解。
基盤上の接点付きゴムボタンに当たるまでのストロークが致命的に長いことが判明。
悩むこと30分、てけとーに爪楊枝を折ってRキー側に差し込む。
「おおぅ、ストロークが短く!」超解決。
画像無いと分かりづらいですが解決したんだから仕方がない。

これでガッツリ走れるぜ、とはいうものの時間無くて走れません。
誰かハンコンください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/5-4515b5d0

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。