スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三戦Watkins Glenに向けて その4(タイヤ温度編2)  

TheRacingLineをひいて人のリプレイを見てパクる、という事しかしてなかった俺は、とにかくタイムを出すためには
「ラインに乗せないとダメだ、無理にでもアクセル踏みながらステア切ってラインをなぞるのだ」
ってな走りのため、グレンではどんどんタイヤ温度が上がって行く。
タイムとタイヤ温度は二律背反なのだ、と思いこみ悩む。


ところが思いがけない所からヒント・助けの手が。
数日前、m2氏(いつもお世話になってます)とラインの重要性の話の際だったか、ふと
「haruさん(誰よりも速く・・・)の三画面グレンMovieで淡々とラインをなぞるのを見て~」
なる話に。
m2氏とNullpo氏が早速URLを貼ってくれる。このあたりの素早さはいつも感心してしまう。
(miru?ページの「GPL Wat 三画面シーケンシャル」Movie)
その時は「三画面すげー」ってな感想で終わる俺。

しかし再度見てみる。
ステア操作・ラインキープに無駄がない、無理をしていない、スムーズ。
他人が実際に操作する手元とプレイ画面を初めて見て、なんつーか目から鱗。
「ラインに無理して乗せるのでは無く、自然とラインに乗せる」
ってのをおぼろげながら感じ取る。
結果タイヤの負担も減るんじゃないか?と考える。


早速、無理にステアをこじってラインに乗せるのではなく、出来るだけ自然に乗せる走りを心掛けつつ練習周回を重ねる。
一瞬だけのスピードが欲しいために踏み込み過ぎていたアクセル・遅れていたブレーキを見直し、よーし曲がれたーと満足感は得るもののタイヤにとっては負担でしかなかった過剰なステア操作も見直す。
試行錯誤しつつ慣れていくうちに、Pribludaでタイヤ温度の赤い表示を見る事が減る、ステア・アクセル・ブレーキの無駄な操作量も減っていく。

ある程度慣れたところで燃料を積みInt-L周回数をこなしてみる。
28周目でLoopの外の藁束みたいなのに乗り上げて終了とはなるものの、
LF 90℃ RF 80℃ LR 100℃ RR 93℃(中央部分)という結果。
(コンフィグでメートル法使ってます)
うおお、結構余裕がある感じ。間違いなく以前とは比べものにならない。

タイム的には当初は落ち込んだものの、慣れていくウチに自己ベストに近いものが出始める。
如何に今まで無駄な操作が多かったか、ってことを証明。


まだまだ完璧にモノにしたわけではありませんが、ワンランク上の考えを持ったライン取りが出来るようになりつつあるかもしれませぬ。
副産物として、無駄が減った分操作に余裕が出来て安定したラップが刻めるようになった気も。
まぁバトルでは相変わらず慌ててくるんくるん回ってますが・・・

とはいえ、こんなもんライン取り・走り方の初歩の初歩なんだろうなぁ。
レースシムってのは奥が深くてイヤになっちゃう。




と、ここまで前日書きかけていたものの、前回のエントリのコメント欄にAce氏から
「リヤを使って走った方が速いと思います」
なるコメントが。
す、すみませんまだそういう感覚全く持ててません温度だけでひーこら言ってます。

といいますかそのコメントにて再確認・気付き直したことがあるため、本日の文章内容は発想&アプローチ的に間違ってる事に気付きまして、んでも結果として方向性はそっちに行ってるのかもな、などと弱気な感じになりつつもUPするのをためらったりしたのですが、そこは初心者の試行錯誤日記という事で皆様お許しを。

次回の文章で再確認した事を書くことに、といってもまだ間違ってる・勘違いしている可能性も高いのがこれまた不安。
やっぱフロントのタイヤ温度がマシになったぐらいで浮かれていてはイカン、もっと精進せねば。

コメント

ついに突破しましたね。タイヤの温度問題。。俺はDr Feelgoodさんのやってることを僕はいかしていきたいとおもいます。  精進とかいっておりますが、問題がひとつでもクリアできたことは、いまだに進歩ナシの自分みたいな人よりマシってことですよww

僕はタイムばかり気にして、一歩も前に進みません。。 あの二強にでもわって入ってやればいいではありませんかwwwオラは無理だけど・・・。頑張ってください。 あと、myブログ見てね・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/45-b9c32fd1

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。