スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三戦Watkins Glenに向けて その3(タイヤ温度編) 

夏祭りシーズン、近所の公園でタイヤ音頭が鳴り響いて、と書きかけて「音頭をどうやって温度に持って行くのだ」と悩んだので無かった事に。

グレンのInt-S17周程度でもすぐ左フロントタイヤがアチチな感じに。
一昨日は14周目ぐらいからPrebluda表示で中央部分が赤になる始末。
バックストレートエンドのブレーキングでフラフラに。
Int-Lなんか完全に持たねぇな、かなりの不安要素。

数日前のVROCチャットでも話題になって、セッティング面からの解決法などを皆様がトーク。
セッティング話が全く分からない俺は、
「タイヤに水掛ければ」
と、ハイブロウなボケをかますも何の反応も無く皆様に軽くスルー。
タイヤに水どころか、俺の目から水が流れ出す始末。
う、うさぎは寂しいと死んじゃうんだからね!

「グレンはタイヤに厳しい」というものの、初心者の俺は温度が上がる事は分かっても、何がどうタイヤに厳しいのか分からない、ので調べる事に。
PrebludaでF4キー2回押すとどうもリアルタイムでの接地面温度が表示されるっぽいのでそれを利用。
・スピン
・ブレーキロック
・タイヤが滑る際
・グリップしてる感じでもステア切りすぎの場合(専門用語でなんて言うんですか)
こんな時に温度表示が真っ赤っかに。
って俺めっちゃ当たり前の事書いてますよね、上級者は読まなくて良いですよ俺は素人初心者だからしょうがないんですよ。

特に「グリップしてる感じでステア切りすぎ」ってのが俺の場合問題。
1コーナーとThe Loopで顕著。
The Loopなんて下手すると中盤から出口に掛けて温度が高いまま。
左フロントタイヤ温度上昇は完全にこのLoopが原因っぽい。
「こりゃセッティングどころでは無いな・・・」
と自分の腕が原因と認識。

と言っても初心者の悲しさ、どうやったら負担掛けなくて済むんだ、というまず入り口が分からない状態。ハンドル切らないとラインに乗せられないじゃないか。
スムーズに負担掛けずに速く走れるのか、速く走るためには無理しないとダメなのじゃないか、など悩む。

しかし本日は日曜、5時半から笑点を見ないとイケナイので悩むの終了。
あんま悩むとハゲちゃうし、また明日から考えよう。

コメント

もうはげてますよ(*゚▽゚)

Aceです。
おせっかいですが、コメントを

私もWatはタイヤ温度と格闘してます。
といっても私はリヤタイヤです。
GPLはどちらかというとリヤに負担がかかりますというかリヤを使って走った方が速いと思います。
私の場合はフロントに負担を分散させるためハンドル切るしかないかな

僕もタイヤ悩んでます。ちょっとブレーキングが荒くて、10周もはしれば、グリップしすぎて曲がりにくくなります。といって果汁移動にもっていくとリアタイアが高温で悲鳴あげてるので、スピンへといきます。ぁ、荷重移動だった。。


>tamu氏
まだ大丈夫っすよw
ちょっと薄くナッテキタ気配はあるけど。


>Ace氏
ご訪問&コメントありがとうございます。
過去のエントリ(6月10日「深夜にGPLIP」)をお読みになっておられるかわかりませんが、その際の非礼お許し下さい。
日曜にVROCチャット内でご一緒しましたが、ご訪問いただいていたとは知らず、声を掛けれませんでした。
重ね重ねの非礼お詫びいたします。

おせっかい、などということは全くございませんのでどんどん気付いたことありましたらコメント頂けると嬉しいです。
その為のBlogでもありますので、Dr.FeelGoodを速くしてやろう、と思いましたらドシドシコメントをw

「GPLはリヤを使った方が速い」
というアドバイスに対しましては、未熟ゆえにまだそのコメントが理解出来るLvにありません。
ただ、こういう意味かな?、という事に心あたりというか理解出来る範囲での事を改めて記述しようと思いますので、間違い・考え違いなどありましたらまた指摘・アドバイス頂けると幸いです。

これからもよろしくお願い致します。


>ROT氏
果汁で悩むなら愛媛名産ポンジュースで果汁100%を充填ダ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/44-9760b6e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。