スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またGPLの画面が無い「10年前のPCでGPLを動かしてみよう」その4 

まずは「音が鳴ってない」のでサウンドカードを挿す。
10year_4_01.jpg
三枚ほど余ってた(手前:Sound Blaster Live! 奥左:YAMAHA Waveforce 192XG 奥右:玄人志向のEnvy24HT-Sカード)。
それぞれの基盤の色が違ったので、並べて撮ってみただけw

本当はこの中で、発売日が1998年10月1日とGPLとほぼ同じで、オレ様が買ったのも多分その頃、ってな覚えがある「YAMAHA Waveforce 192XG」を使いたかったけど断念。
色々試行錯誤してみたんですが、どうしてもドライバが入らず。
Slot変えてもBiosからIRQとかINT弄っても力不足で無理だった。
昔は動いたのに(涙

奥右の玄人志向のカードは新し目なのでヤメ。

てなわけで、オレ様がGPL始めた2006年当時に使用していたので、面白くもなんともありませんが、SB Live!を挿すことに。
まぁ初代Live!の発売が確か1998年だったし、的はずれな選択では無い(むしろ適切なのかもしれないw)のでおっけー。
ちなみにこのLive!はCT4760(2代目Live!のPlatinum版)。

挿したらあっさりインストール出来て、きっちり音が出た。
うーん、面白くないw


さて、コントローラ。
とっととネジコン繋げば良いんだけど、Sound Blasterのゲームポート見てたらコレを繋ぎたくなってしまった。
10year_4_02.jpg
えー「Microsoft SideWinder Force Feedback Pro」(当然ゲームポート版)。

普段ネジコンでプレイしてるオレ様は、FFBに多大な憧れが!
まともにプレイ出来るかはさておいて、ジョイスティックでやってみるのもオツなものw
接続してドライバインスト。
10year_4_03.jpg
ゲームコントローラプロパティ画面で、マシンガン撃ったりチェーンソーで切ったり、とフォースを堪能。
プロパティ画面で5分ぐらい遊んでしまうw

んでもってGPLでコントローラ設定して走る。
んが、FFBが効いてない。
そういえば、FFB設定が出来たのは後で出たPatchからだっけか。
インストCD内のPatchフォルダにあったReadMe読むと、Patch Version 1.1(99/5/5)からなのかな、FFB設定出来るようになったの。

そういうわけで、1.2Patchを当てて起動。
おおぅ、FFBがっ! (ガタガタガタ)
しかし相性が悪いらしく、GPLのFPSが6ちょいとかに・・・ 運転出来ん・・・
CPUとか結構食うのかなMS SW FFB。

残念だなぁ、ジョイスティックとFFBで楽しみたかったのに。
んでも原因きっちり調べて楽しむほどではないのでw、ここでやめておく。


当時は皆さんどんなコントローラでプレイしてたのかなぁ。
ハンコンの歴史とかあまり知らないので良く分かんないナリよ。

とっととネジコン繋いできっちりプレイ出来る環境にして感想を書けば良いんですが、まぁ慌てずまったりと、自分の思い出のために(かなぁ)寄り道を。
次回も寄り道して「あのコントローラー!」を接続する予定です。

コメント

いや懐かしいもん見せてもらいました。当時は結構ハードの限界というか限界以上を要求するゲームが多かったような気がする。GPLもきっとハードに厳しかったんだろうなあ。ハンコンは当時からスラストマスターとかのがあった気がする。
ドクター、このPCでマルチに参加すればヒーロー!w

まだだ、まだ終わらんよ!

6FPSしか出ないマシンでマルチ参加すると殴られそうなので無理です。
というかSW FFBだと一周出来ない><

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/356-999b8287

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。