スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 GPL WorldCup 

えーCF氏のBlog記事を見まして「Watkins GlenのWR(Fer&Rep)出した」ってものすげーなー快挙だなと感心しつつ、ディスプレイを隔てて惜しみない賞賛を浴びせ(ているつもり)つつ、記事の中のもう一個の内容、
「2008 GPL WorldCup」
ってのにも興味を引かれてサイトを見に。

英語は苦手なワタクシですが、やはり全世界に向けてということでありましょうか、平易な感じで書かれている印象がありまして割と読みやすく。
「国別対抗戦」というコンセプトで凄いっすね。
サイトの”Forum”からリンクされているRSCのスレッドでは、もう既に参加メンバー登録してる国とかが。
「ねーねーウチは誰が出るの~?」ってな雰囲気の方がまだ多いかなw


ルールがなんか面白いですねコレ。いや、きっちり完璧に読み込めてはいないので、以下の解釈に間違いが多々あるかもw

サイトでは32ヶ国(32チーム)出るとしてのルール説明がありますが、
 ・1チーム4人(+リザーブドライバー1人)
 ・1st Round、準々決勝、準決勝、決勝、というトーナメント戦
 ・それぞれのRoundで4チームを1グループとし、獲得ポイントに基づき次のRoundへ
  (32ヶ国としての説明では、それぞれのRound上位2チームが次へ進出)
ってなのが大まかな流れ。


特に面白いなー、と思うのは、
 ・各チームが「Home Track」を決めてそれで闘う
ってのがまず一つ。
4チームが1グループですから、それぞれのRoundで各チームの決めたHome Trackを順番に一つずつ、の計4戦走るわけですね。

オレ様が見落としてるのかもしれませんが、ルールページに「Home Trackはデフォコースから選べ」ってな記載が無いので、”Pants Ring”とか選んでくるアホなチームが居たらどうするんでしょうか!
それはそれで見たいんですがw


んで、各Roundが4戦で1チーム4人ですから、チームとしては1Roundにつき4戦×4人=計16台出走させるという事になります。
そんでもって、ここにB League的なルールが加わってまして、
 ・各チームは16台出走させる内、7車種それぞれを少なくとも2回は走らせろ
というルールが。
LotusやEagleばっかりで走っちゃダメー、ってな話ですね。
Team BRM!とか名乗ってBRMばっかも使えませんね、全世界のBRMファンには悲しい話ですね。

この辺りは「TeamBattle+B League」ってな感じで戦力を均衡させ、戦術・戦略に深みを与える感じで良いですね、面白そう。
次回TeamBattleとかこんなルールも良いですね(勝手な話)。


1チーム4名ですか、CF氏、Jill氏、Barchetta氏、RecoBre氏辺りでガツーンと世界に殴り込み!、とか見たいっすね。
んでHome TrackはWatkins Glenにして「ふはは、WRホルダーがこっちには居るのだ!」とかプレッシャーを掛ける作戦とか! えーと、セコイですかそうですか。

別に各国1チームとは決まってないみたいですね。
Just who is the 4 O'Clock Hero?、とかチーム名付けて、4時から男。世界デビュー、ってな可能性も行けるんですね。
Home Trackはマン島辺りで、相手の戦意を喪失させる作戦ですね、これもセコイというか自分の戦意を喪失しますよねそうですよね。
つーか、チーム名は各国わかりやすーい通し番号かなんか付けてね♪、ってなルールっぽいので変なチーム名(例:村さまぁ~ず)とかはダメですね。


Grand Prix Legends 10周年にふさわしいイベントですし、楽しみにつつじっくり観戦したいと思っております

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/334-d8ddb770

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。