スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B League 2 個人的総括(シリーズ終了後編) 

阪神首位キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!、と書いてから打線とJFKの調子が悪くなり、この総括を書き始めてから6連敗の上、今日の阪神横浜戦の途中経過も負けているという縁起の悪い総括シリーズでございます。
クライマックスシリーズに向けて切り替えましょう!


えーとBL2シリーズ終了後総括編、まずはシリーズ開始前に課題・不安としていた
「車種への不安」「アドオンコースへの不安」「GPモード70分への不安」
について。

・車種への不安
事前に考えていたほどにはボロボロにならず。
全車種楽々乗りこなせるというようなLvには到底行ってないものの、少しは各車種の違い・クセなどが頭に入り、「こうすればこの車は速く走れるのでは」という事がおぼろげに分かった気がするのが収穫。

Setupに関しても車種間の違いはあれど、というかあったからこそ・試行錯誤したからこそなのかもしれないが、「ここでこういう挙動が欲しい」と思った際にその方向へ持って行ける知識が少しついたかも。
ただ、ギア比に関しては自分で構築出来る自信は全く無しw

予想してなかった収穫としては、
「なぜかLotusで自分なりの基本・基準セッティングが見つかった」
という事。第2戦と最終戦しか乗ってないのにw
他車種にずっと乗ってたシリーズ中盤、たまたま歓迎レースかなんかで乗ったGlenのLotusセッティング(自分でTimeAttack用に詰めたセット)が非常に乗りやすい事を再確認したのと、Yamato戦前でお遊びで乗ったEagleのm2氏セットが初乗りながらかなり乗りやすかった事から。

両方の共通点として、バネレートが柔らかめ方向の仕上げ方。
これがヒントになって、ある一つのLotus基本セットが自分の中で出来た感じ。
お遊びでやっているGPLサイコロレースで、初見のコースをこのLotus基本セットで走ってますが、ささっとSet作ってキャンバー辺りだけちょこちょこ弄って即レース、みたいなことは以前の自分だと全く出来る気がしなかったんですが、こういう事がある程度出来るようになったのは収穫。
まぁ速さに結びつくかどうかは別ですがw


・アドオンコースへの不安
これは、デフォコース→アドオンコース間が2週間あった事で随分助かった感じ。
1週間走り込み、1週間はロングランに向ける、とおおざっぱな感じで練習出来たのが良かったかな。

基本的には速い人のリプを参考に構築していた感じですが、当初の「速い人のリプはないのか!」と完全に他人頼みだった状態からは、ある程度自分でも形には出来る感じになったかなぁ。
しかし、各アドオンコースで2箇所ずつほど「どうしても上手く走れん!」というコーナー等が残った思い。
Jops辺りは、自分一人で走ってたら完全に頭打ちになってた印象もあるし。

良い方向に経験が生きてるな、と思っているのは、初見のコースでもある程度自分で走れるようになった、いや走れては無いかもしれないけど「こう走りたい」というラインとかが見えるようになりつつある事。
ラインが見えるのと走れるのは別で、サイコロレースでガンガンどっかに突っ込んで最下位、というのが定番になってる気がしないでもないんですが、まぁこの辺りは成長の跡が。

ただ、以前の総括でも書きましたが、
「ブレーキングでの安全を重視して突っ込みが甘くなり、そのまま悪いクセが付いてブレーキングが下手になってる」
という傾向が。
アドオンコースだから、というのではなく色々な要因あっての事ですがこれはなんとかしないと。


・GPモード70分への不安
「GPモードでのクラッシュ・ブロー」「70分の体力・集中力面」という二本立ての課題。

全14戦中のリタイアは、
 ・エンジンブロー2回 EastLondon、Jops(+Sandownのエンジン不調1回)
 ・単独クラッシュ3回 Monaco、Sandown、Mexico
 ・回線落ち2回(トホホ・・・)

と7回。
アレ、BL2公式では完走8回リタイア6回になってるな、どこが違うんだろ・・・

一番不安視していた、そして第1戦でいきなりやらかして「これはヤバイ」と思っていたエンジンブローリタイアが、最終的には2回で収まる形。
これはロングランをやっての確認と、丁寧なシフトせねば!という意識がの成果がちょっと出たかな。
何はともあれ良かった。って2回してますがw


単独クラッシュリタイアは2回。
Monacoは、練習不足から高速シケインでやらかすべくしてやってしまった感じ。
Sandownは、それまでにエンジン不調があり、幽霊になってたりしたのがあって、チャット打ちながら走行&スロー走行で皆様にご迷惑掛けてはイカン譲らねば!、と完全に集中してなかったので、突っ込むべくしてタイヤに突っ込んだ感じ。
Mexicoも、接触からのエンジン不調、集中力切れから魔が差してやってしまった、という感じか。
どれも起こるべくして起こってしまった、というクラッシュかな。

ただ、リタイア事由になっていない単独クラッシュ・スピン・コースオフは多数。
1レースで1回は確実にあった感じ(なかったのはSartheぐらいだったかも)。
特にSpaはDelico氏に派手に突っ込んだし、Nurは思いっきりくるくる回ったしで、このレースで上位ポイントが取れたのは完全に運が良かった。


回線落ちは、うーんちょっと痛かったかな。
Moonはまぁ突発的な感じだったので仕方がないとしまして、後半4戦は、幽霊幽霊回線落ち予選で回線落ち、と集中力やモチベーションを落とす結果になってましたし、きっちり解消しておかねばいけない事項でした。
OS再インストまでは大丈夫だったんだから、原因をとっとと探れなかった自分のミスと言えますし。



体力面、に関してはもう本当に思い知ったレースが2回。
F.I.R.とNur。完全に集中力が途中で切れる・レース終了後ヘロヘロになってしまいました。

デバイスのネジコンってのが一因。
レース中に片手をほとんど離せないのは本当にキツイw
ロングストレート(しかも本当に長くて道幅広い所)じゃないと気を抜けない。
SpaとSartheで成績良かったのは、適度に休憩出来て集中力が続いた、ってのが半分ぐらいの要因を占めてる気がします。
んでもハンコンの方は右足ずっと使いっぱなしだもんなぁ、ネジコンだからってあんまり言い訳にはならないな、neGco氏速いし。

まぁ初体験の70分レースだったので、次あればなんとか誤魔化し方とか考えてw
基本的に操作姿勢が悪いかもしれません、と書いても伝わらないので個人的に試行錯誤します!


うー、長くなってしまった。
本当は、順位ポイント等を分析して今回で終わる予定だったんですが、もう1回書くハメに!
「総括」なんだから長くなっても良いわよね、自分のために書いてるんだしw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/296-f6d6c94b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。