スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EastLondon ロングラン2(やっぱボフ) 

えー本日は予定通りに、Proモード(ダメージRealistic)で。

んが、予想通りにボフって終了、トホホ・・・
Lap数16ですか、Int-Lに毛が生えたようなもんですねw


Track: Eastlndn Fri Apr 13 20:31:46 2007

Driver: Dr FeelGood - Cooper

Practice laps
Lap 1: 1m26.514s
Lap 2: 1m25.093s
Lap 3: 1m23.470s
Lap 4: 1m23.450s
Lap 5: 1m23.434s
Lap 6: 1m23.526s
Lap 7: 1m23.356s
Lap 8: 1m22.982s
Lap 9: 1m23.080s
Lap 10: 1m23.109s
Lap 11: 1m22.953s
Lap 12: 1m23.072s
Lap 13: 1m23.174s
Lap 14: 1m23.581s 軽く集中力落ちています
Lap 15: 1m23.736s 数えてた周回数が分からなくなっていますw
Lap 16: 1m23.372s

No race laps

Generated with GPL Replay Analyser


Lap数は短かったとはいえ、えらいもので、昨日ロングランやった成果でございましょうか、Timeが安定しております!
23.5秒前後→23秒前後→集中力落ちてまた23.5秒前後に戻る、という安定度!
集中力オチタのは安定と言いませんかそうですか。

短いながらも、23秒台では周回出来そう、という感触が得られたのが収穫。


んでボフって終わってしまったわけでありますが、以前から疑問には思ってたんですが、ボフるメカニズムが良く分かっておりません。
皆様あんまりボフらないですか、そうですよね、トホホ。

自分の場合、良くボフるポイントは、
・Mexicoの1・2コーナー抜けてシケインへ向かうストレート(ダントツに多い)
・Watkins Glenのホーム&バックストレート
・Monzaのレズモ2→アスカリへのストレート
がパッと思い浮かびます(他のコース走り込んでないとも言えるんですが)。

特にMexicoとWatkins Glenは、アクセルワークで抜けるコーナーを過ぎて、よっしゃ加速じゃー、とフルアクセル踏んでちょっとしてボフっ、って感じ。
今回のEastLondonのボフも似た感じで、Sector3を抜けて最終コーナーへ向かうストレートでフルアクセルの時にボフ。

あからさまなシフトミスとかオーバーレブはしてない箇所なので、やはりオレ様のアクセルワークに問題があるんでしょうねコレ。
負荷が掛かってるのかなぁ。
そういやスタート直後、回転キープしながら加速しつつボフるのもあるな。


とにかく明日の本番は、丁寧な操作を心がけて安定したLap刻んでボフらない、を課題に。
あ、あとオープニングLapで終わらない、ってのも!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/205-4b676fd0

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。