Newbie Series 2006 ノンチャンピオンシップ Zandvoort 

出場して来ました、Newbie2006 ノンチャンピオンシップ Zandvoort。
奥さん、優勝ですよ優勝!
ふはは、お前ら次のNB戦までオレ様の事を「チャンピオン」と呼べ! 毎日5回呼べ、叫べ!

とはいえ、
・出場Newbieの方が少ない
・雰囲気はマッタリお気楽、練習レースの延長感
・芸者氏お休み(さてはオレ様に怖じ気づいたな説・忘れてた説・どっか行ってる説アリ)
・完全に棚ぼたな結果
などなど、さほどな勝利ムードは無し。

その上、多分無かったことにされるというか歴史の闇に葬り去られるのではないか、という危惧が。
ノンチャンピオンシップですし、NB公式サイトにとか結果もリプも載りませんよねコレw
「DFGさん、涙の初勝利!」とか記事などあるわけないですよね。
というわけで、一人ではしゃぐぜ、オレおめー!!


後世に語り継ぐためにも、自分でレポを書いておかねばイカン。
んでは人呼んで、
「Geishaboy氏を怖じ気づかせ、MR氏を倒した男、その名もDr.FeelGood」
さんの、今ならオレみんなに焼肉とかおごっちゃうね、的な調子コイたレースレポをどうぞ。

○予選
Newbieの参加者の方々は計6名。出走すれば一応入賞状態。
オレ様も当日レースディスタンスランとか走って疲れ気味。
マッタリと三位。
戦略も何もなく「とりあえず1コーナーを綺麗に」だけ。

○本戦
・スタート~Lap2
MR氏がスタートをミス(2速入れちゃったらしい)その余波か1コーナーもミス。
TOMS氏もオーバーラン。
nb_zand01.jpg
ウフフ、ラッキー♪ Topになってしまう。

とりあえず、タイヤ冷えてるのと燃料重めで飛ばすと丘の向こうに消えていっちゃうわよ、と自分に言い聞かせ、2周ほど自分のペースで後ろ気にせずに前だけ向いて走る。

と言いながら2周目の1コーナーでちょいとオーバーラン、危ないぜ。

・Lap3
Pribludaで後方の人、差を確認。
オレ様、TREAD氏、goudai氏の模様。
「おお、Lotus1-2-3ではないか」とちょいと大人の表計算使いの方なら誰でも思いつく&世界で何万回と言われたであろうネタを思い浮かべる。

というか、Top独走とかしたこと無いため、全く関係無い事をどんどん思い浮かべてしまうw

・Lap6
本日のレースファステストがこのLap6(1m25.509s)。
「よーし、ここから頑張っちゃうゾー」
と心に誓う。

・Lap7
PribludaでLap6のTimeを確認して頑張ると誓ったのもつかの間、
nb_zand02.jpg
Sector1のGerlachbochtでオーバーラン。
「よーし、ここからは大人しくしちゃうゾー」
と方針を10秒程度で変更。
実際この後、優勝したとは誰一人思わないようなチキンラップを刻み続ける。

・Lap9辺り~
後方順位を見ると、goudai氏、issy氏、MR氏のTEAM Lotな方々が。
「goudai氏、issy氏お願い!MR氏を抑えて!」
と禁断のテレパシーを送り続ける。ちょっと何も、何も、変わらない、ふっりをして♪

・Lap13辺り~
テレパシーの甲斐もなく、後方でMR氏が2位に上がる。
「ち、ちきしょう頼りないジジビーめらが!」
と暴言を吐きまくりながら走る(嘘ですいやちょっと言ってたかも!すみません)。

確かこの頃に、ピットボードで確認した後方MR氏との差は14秒。
事前に確認していた25秒台のLapを刻めば、めっさ余裕で逃げ切れるハズの差。

しかし、今日の(も)オレ様はチキン走行!
「Top」という位置が惜しい!コースオフだけは避けないとイカン!
そ、そうだわ、タイヤも最後の勝負のために温存しないと!
と、自分自身に言い訳をカマし、「ペースアップ」という選択肢を脳内から追いやり、完全に追いつかれるの覚悟で26~27秒のLapを刻む。
(完全にこの辺り練習不足ガガガ。走り込んでおけば良かった。)

ついでに、コースオフしてる方を抜く際に、
「オレとMR氏の間に入って邪魔してください、お願いします」
とテレパシーどころか、かなり真剣に念を送りつつ走るw

・Lap23辺り~
MR氏から完全に射程距離に捕らえられる。

この辺りから、ふぬけたドタマフル回転、
「どうすれば逃げ切れるか」
を考えながら走行。

ここはZandvoort、抜きどころはホームストレート以外無し。
LapTimeに2秒差ぐらいあろうが抑えられるのは、練習レースでm2氏に追いかけられたのを8周近く耐えた経験が。
とりあえず、ファイナルラップの1コーナーをTopで立ち上がれば勝てるハズ、とその方策を必死で考える。
んが、バトル経験が少ないのが災い、選択肢が無い、皆無w

悩みつつ、Lap25辺りでは、
nb_zand03.jpg
issy氏と三つ巴、Lot三台走行。
ホームストレートではMR氏にスリップストリームのタイミングを計られているような始末。

・Lap26
少ないバトルの選択肢から選んだのは、
「普段と違う変な事しよう!」
と、書くと奇妙な人と思われるかもしれませんというか思われますよね。

変な事というかMonzaで学んだテクの一つ、
「IN側抑えてコーナーに入れ」
を実行しよう、と思い立つ。
ホームストレート右側走って、そのまま1コーナーのINへ、と計画を。
普通にスリップから出られたらどうしようもありませんが、「普段とちょっと違う」事をすることでなんかタイミングとか狂えば!、とセコイ事を考えつつホームストレート突入。

んが、ホームストレートに出たオレ様に襲いかかる驚愕の事実!
「ど、どこまで右に寄って良いのか分からない・・・」
ピットとコースの位置関係的な事を全く把握していない事に気付く。

結果、MR氏の前でフラフラ動いたあげく、完全にダーティーにコースのど真ん中を走行する状況。
nb_zand04.jpg
完全にオレ様ヒドイブロック状態。

この後、MR氏は右方向へスリップから出て抜きに。
しかし、何かあったのか減速。

オレ様1コーナーアウト側の左、MR氏ちょいミドル気味のIN側からFinal1コーナー進入。んで立ち上がり。
nb_zand05.jpg
よっしゃ勝ったぁぁああああ!

あとはもう「コースアウトしませんようにコースアウトしませんように」と唱えつつFinalLapを回る。
nb_zand06.jpg
フィニーッシュ、やったよ父ちゃん!
実はこの寸前、左芝にタイヤ取られてまた怪しい動きをしています、すみません。
「手上げせねば!」と慌てたんです、慣れてないからもう・・・かっこ悪い・・・

もうラスト数周だけで気力消耗。
フィニッシュライン超えた時点でもうネジコン放り投げてしまったw


とはいえ、どう考えてもFinalLapに入るホームストレートを普通に走ってれば完全に負けてますね。
MR氏、色々変な動きしてすみませんでした。
ここは一つオレ様に花を持たせる、という事でひとつ!
良い経験させて頂きました、MR氏ありがとう。


勝因は、
・遅いLapTimeではあったが大きなミスはLap7のオーバーランのみ
・ラッキーにも、周回遅れの方・クラッシュしてる方にほとんどひっかからなかった
・MR氏がオープニングで12位まで落ちた
・芸者氏居なかった
・コースがZandだった
・変な事した
おおぅ・・・ 他人に言えない勝ち方では無いか・・・

反省点は、当然Lap26ホームストレートでの出来事。
きっちりコースを把握しておくべき、しかも抜きどころが一つのそのポイントを確認しておくべきだった、という点が。
逆に言うと、抜きどころをきっちり確認していない、ということはコチラが抜くシチュエーションもある種放棄している、って事ですよね、イカンイカン。
その後の1コーナーのオレの動きも良いのかなアレ。


とりあえずまったりムードだったZandvoort。
次戦の舞台はどこなんでしょうか、というか次戦あるんでしょうかw

みんなでせーのっ、「DFGさん、優勝おめでとー」
次のターゲットは芸者だ、震えて待ってろ!!

主催Jill氏、鯖Jack氏、GPLIP Naguchi氏、参加のNewbie、ジジビーの皆様ありがとうございました。

コメント

初優勝

オメデトーゴザイマス!!! \(*^▽^*)/ パチパチパチ!!

次のGPLダービーがBRMワンメイクになるような噂を聞いて、
「俺様LOTUSでドクターより先に初優勝してやるぜ!わっはっはぅ!」

そんな私に慰めの一言お願いします。

ダービーも無期延期となり、失意のuluru氏にDFGさんが贈る優勝大作戦テクニック!

告白にもってこいな、どしゃぶりの雨の日を選び、
「初めては・・・ BRMでって決めてるの・・・」
と親指の爪を噛みながら上目遣いで初優勝プリーズ、な台詞を決めると、
ハート直撃、皆さんもうメロメロ。
これで初優勝ゲッツ!!

Let's 実行。

だれが多角形コーナーリングやねんw

何はともあれ、公式戦初優勝オメデトー!(カキコ遅くなったゴメン)

ヨッ!マッテタヨ! ヤルネ! 男ダネ! カックィー! ま・コレクライデイイダロ(w
当方といたしましては ご承知のとおりの状況(そりゃ たいした事ネー奴が練習不足じゃ こーなるわナ~)でございました。

しかし、こないだ(NB Monzaの一週間後くらい)実車の草レースに出たんだけど、
予選では数年ぶりに出た(PBより7秒落ち)ワーストタイムブービーグリッド、
決勝では15台抜きPB更新という不思議な結果でした。
マシンには何も問題なかったし、他人には言わんかったけど 確信した。
『GPLってすごい』

以上 TREADの“実車に及ぼす『GPL症候群』レポ”でした。

優勝おめ

こんばんは

オーバーテイクがホームストレートしかないってのは、的確な読み
でしたね。最終ラップ前のホームストレートでは、スピードを乗せ
てイン側に出ようとしたところで、FGさんが減速したので慌てて
アクセル離して、ピットのほうに避けたのでした。

ん?あのタイミングでブレーキちょこっと踏んだのか?えげつない
といえばそうだが、歴戦の猛者でもなかなかできるものではない
はず、それともラグったのかな?と思ってたんですが、リプで見た
らあそこで5速に入れてたんですね。あそこまで4速引っ張ると
は思ってなかったw

絶対「奥さん優勝ですよ」みたいに書くだろうなーと思ってたら、
案の定そうだったのでワロタw Zand嫌いだったんですが楽しめたんで
参加してよかったです、じゃまたー。

>TREAD氏
練習不足というかGPL不足というか!
Zand後のMonza、ブリッジ過ぎアスカリ入り口で回ってるの見て、
「あーGPL走れてないんだー」
と確信。

お仕事忙しいのは何より、しかもGPL練習不足でも高いモチベーションでレースに参加するところは非常に見習わないとダメよね!

草レースの15台抜き、ってのはアレでしょ。
GPL効果よりGPLMovie効果で、車載カメラとか載っけてて、
「よーし、後のMovieで主役になっちゃうぞ~」
とか張り切って頑張ったと思われw
んで今頃、15台抜きシーンを編集しているのでありましょう!


>MR氏
なるほど、シフトのタイミングだったノカー。
良かった変な事してて!
フラフラしてたせいもあって、完全に加速遅れてますね、俺w
それが功を奏すなんて、ラッキー♪

勝利の女神って奴がどこかにいるとしたら・・・
そいつを感動させるだけの何かがあの日のオレ様にあったってことですよね!(by イニD)

普通に走って追いつくにはまだまだ掛かりそうなんで、また遊んでやってくださいまし。

いい忘れとった。
DFG氏のZandレースレポの中、「Lotus1-2-3」ネタにて不覚にもコーヒー噴出してしもたw

クリーニング代 弁償してくれw 

遅くなったけど、優勝オメ!!
いやぁスゴイなぁ、これは地力での勝利ですな。サスガです。
オメ!!


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/132-0d3e86cb