スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newbie Series 2006 回顧録 その3 第二戦 Silverstone 

不定期連載、ネタが無いとき埋め埋め回顧録。
今回は第二戦 Silverstone。

このレースから、きっちり流れの分かるレポを書き始めました。
Newbie2006Series 第二戦Silverstone
最近のインチキレポとは違って読みやすい・・・

Newbieの皆様と仲良くなりたい!、という気持ちが溢れているのでしょうか、皆様と映ってるSSが中心のレポですね。
カワイイ乙女心♪

TREAD氏と1コーナーで絡む、追いかけっこする、というレースだったのですが、この展開が少しずつ形を変えつつも、後々まで続くとはこの時点では全く思ってませんでした。
まさか後にココのBlogでTREAD氏が、あんなに悪人扱いとかされるなんてw
ゴメンヨゴメンヨ。

レース結果は2位。Motor Runner氏が回線落ちした為。
まだこの二戦目Silverstoneでは、順位に関しての欲みたいなのは全くありませんでした。
そういう余裕が無いというか、迷惑かけちゃイカーン、とかが中心だった気がします。
レース慣れも全然してませんでしたし、今もシテマセン。


技術的に悩んだのは、
・高速(中速?)コーナーの曲がり方
でした。
レースレポ前のBlogエントリ(7月中旬辺り)にも書いているのですが、本当にどこから手を付けて良いか分からない状態。
他のレースシミュ等の経験があれば良かったのでしょうが、そういうバックボーンが全く無かったため、リプを見てもどのような操作をしているのか想像出来なかった、という感じ。

皆様からアドバイスを頂き、リプを食い入るように見て、何度も走り込んである程度は形に。今では結構好きになりました、高速コーナー。

もう一つSilverstoneで必要な技術、
・スピード乗ったストレート→ブレーキング→低速コーナー
ってのは今でも下手なまま。
ブレーキングの技術がどうにもこうにも慣れません。


あとこの頃悩んでいたのは「タイムは上がっているのだが」というエントリにも書いている、
「リプレイ見て、TheRacingLineひいて、その技術とラインをなぞっているだけでいいのか?」って事がありました。

高速コーナーの為にリプばっかり見ていたり、ストレートエンドでのブレーキの目安を、埋めたタイヤ跡に完全に頼っていたり、な感じでしたから、自分で「このままで将来応用が効くんだろうか」的な心配をしていた時期です。
この悩みは、現状も引きずっている感じです。

例えば、今Ryoma's Gunを練習している最中なのですが、自分でラインを作る・ブレーキポイントを判断する・スピードの限界を探る・セッティングを詰める、といった事がなかなか出来ません。
この辺りは、まだまだ今まで覚えた技術を応用出来る所まで行ってないな、と実感する点です。

ただ、少しずつではありますが、今まで覚えたコースに関しては考えながら走れるようになりつつあるかも。
数日前、Kyalamiを改めてTimeAttackしてみたのですが、各ポイント毎にいくつかの違った技術的アプローチが出来るようになった気がします。
最初は無意識に、今まで覚えた技術で走ってみて少しPB更新。
その段階で留まるのではなく、そこから各コーナーで数種類の曲がり方を考え・試す、などなどでTimeUpに繋げる、という事が少し出来るようになったかも。

ちょっとは成長してるわー、と感じた時間。


次回の回顧録は、Silverstoneレースレポと同時公開となった、このBlogについて。
の予定。は未定。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feelgoodgpl.blog58.fc2.com/tb.php/120-60ddf1b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。