スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8 Consumer Preview x86 

MASTERキートン復活、連載開始だそうですね!
と、どーでも良いことを書きつつこんにちわ。

okada氏が「Windows 8 Consumer Preview」入れてたので、真似していれてみました。
同様にVMWare Player上でのインストールなのですが、okada氏が64bit版に対して、オレ様は32bit(x86版)で。
Windows7のRCの際は仮想PCじゃなくてきっちりHDDにインストールしてテストした記憶があるんですが、もうめんどくさくて!

インストールは割と簡単にサクサク。

(デスクトップサイズは1366x768)
GPLIPウィンドウの裏に誰か隠れてますが、不人気キャラなので大丈夫です。

まぁもう
「Windows8上でGPLは動くのか!」
という事だけが気になるお年頃でありますが、このように
WS09467.jpg
WindowsXP上のVMWarePlayer上のWindows8ConsumerPreview上でGPLが動いています。
(GPL環境はXPからまるごとコピー、画面は640x480設定)

正直、Win8上で動くので安心というよりは
「VMWare上で古いDirectDraw系のゲームが動いて驚いた」
というところでありましてw
いつから動くようになったんだろう、Win8のエミュレートが良いのかVMWareが良いのかなんなのか分かりません!

ラスタライザをOpenGLにすると上手く動かなかった(フォントが表示されなかった)ので、DirextX7に切り替えたのですが、画面を良く見て頂くとリプレイ画面の左と上に1ドットずつのノイズ筋(GPL動画作る時に悩まされるヤツ)がきっちり入っています。
がっつりエミュレートされてる証拠なようなそんなとこはイランと言いたいような・・・

てなわけで、Windows8上でもGPLが安心して遊べそう。
GPLは永遠に不滅やで!!
えーどなたかヒマな方、仮想PC上じゃなくてきっちりHDDにインストールして動作とかコントローラの具合をレビューしていただけると皆様喜ぶ気がします!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。