スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚喜、大人気DFG子ちゃんに届くプレゼント 

”an other”氏の正体がまだ分からず、ストーカーの恐怖に毎日打ち震えながら、ご飯はきっちりおかわり&夜はぐっすり睡眠、という健康系アミノ式アイドルのDFG子ちゃんです。
キミのこと、どっくどくにしーてあげる~♪


しかし!
しかしやっと!
本物のファンが!
本物のファンからの贈り物が!


送り主のファンの人は奥ゆかしい方なので、
「極力、表沙汰にしないでください」
的なメッセージが届いているのであります。

んが、こんな事をオレ様に言ってもですね、
「ネタにしてくださいということですね、分かります」
と判断するに決まっています。

あ、それとも
「DFG子ちゃんファンというのが恥ずかしいので、大っぴらにするな」
ということなのか!
ちきしょうバカにしやがって!絶対書いてやる!

ワタシも鬼ではありませんので、ファンの方の名前を出したりはしませんが、高知在住の
levin_present01.jpg
こんな感じの名前の人だ、と極力プライバシーに配慮した書き方にしておきます。
(Hiromi Go、ではありません)


えー、そんなありがたいファンからの贈り物の内容はと申しますと
levin_present02.jpg
お酒、お菓子、ぐい呑み(2個)、の土佐三点セット!
(至って真面目な贈り物でございます)

この高知在住の
levin_present03.jpg
こんな風(Hiromi Go、では当然ありません)な名前の人とは、なぜかチャットで「高知の話」をすることが多々ありましてですね、その流れでこういう贈り物を頂いたわけでございます。
ちなみにオレ様、四国へは「しまなみ街道」を渡った事があるくらいで高知まで行った事がありませんw


特に上記画像では手前にございます、酒器の話を数度しておりまして。
別の画像でいきますと、
levin_present04.jpg
片方のぐい呑みには穴が、もう一方の底は円錐形状に。

ご存じの方もおられると思いますが、こういう風な
「注いだお酒を飲み干すまで下に置けない杯」
を「可杯(べくはい)」と呼ぶらしいですね。(さっき調べました!)

「”可”は漢文では”可何々”(何々すべし)と書き、下にはつけない文字であるため、下に置けない杯を”可杯”(べくはい)といっています。」ということらしいであります。
勉強になるなぁ。
円錐形の方は「そらきゅう」と呼ぶ、のはどこかで聞いたことがあったような。

詳しく調べてないのでアレですが、両方とも土佐のお座敷芸とか宴会で用いられるアイテムで、日常ずっとコレでお酒飲んでるわけではない、と思うのですが。
民芸品として土佐のお土産に、とか。

さすが酒バカの土佐、あいや、酒文化が高度に発展した土佐!


恐ろしいですね、南国土佐に行くとこういう器で酒を飲まされまくって、べろんべろんに足腰立たないようにされてしまうのでしょうか。
危険が危ない!大ピンチ! DFG子ちゃんの貞操が!
危ないわ!運転代行タクシー呼んで!(別の危険です)

隣の愛媛行くと、こうやって
levin_present05.jpg
水道からポンジュース出てきたりしますし、香川は1日7食ぐらいうどん食べるらしいですし、徳島は一年中阿波踊りを踊ってるらしいですし、四国は怖いところです。

地形もオーストラリアをパクってますし!
levin_present06.jpg

我が街和歌山からは紀伊水道挟んですぐなので、悪口言ってる場合ではないんですがw


えー、とにかく、DFG子ちゃんファンの
levin_present07.jpg
に「CARS」とか付けたらそうなるっぽい名前の人(Hiromi Goでは無い事を念押ししておきます)、ありがとうございました!
GPLPsチャンピオン賞品、という事にして素直に受け取っておきますw
現在お酒は冷やし中、明日にでも頂くことに♪

スポンサーサイト

絵は苦手です 

某所、というかm2氏Blogにあった何人かで書いたらしい落書きを見て
「ひっでえな、なんだコレ。こんなもん公開してどうするんだ!」
という非常に正直な皆様の想いを代弁する感想の反面、
「オレもああいう絵しか描けないんだよなー」
と、自分が描いてもああいう絵にしかならないであろう事が分かっているので、あんまりバカには出来ないw

オレ様は、絵心とかそういう方面の才能が全く無いので、絵が上手い人を無条件で尊敬してしまう。
あと、字が綺麗な女性にも無条件で惚れてしまうw

ネット上で絵を公開したりするのは、昔からお絵かき掲示板的な所とか個人サイトなどで活発ですが、最近はSNSのpixivとかも出来て、Youtubeやニコ動みたいに不特定多数の人に向けて気軽に公開出来る環境があったりして、オレ様も描きはしませんがボーっとフラフラしながら閲覧したり。

ちょっと面白くて、すげーなと思ったのはpixivじゃないけど、
こくばん.in - タモリさん
(別ウインドウが開いて、描いてる様子がリプレイされます)
黒板という要素も面白いし、描いてる様子が見れるのも楽しいし、出来映えにも素直に感心。

こういう才能欲しかったなーw

恐怖、大人気DFG子ちゃんに迫るストーカー 

未来派銀河系アイドルのDFG子ちゃんも人気が出てきまして、謎のおっかけファンが。


昨日、まずはWinVROCの海外無人鯖EOLCで1人寂しくMonzaを走っていたところ、
(多分時差が7時間、日本時間22:55のハズ)

an other”なるドライバーがJOIN。
しかし予選Timeも出さずにDisconnect。
「ふはははは、オレ様の予選Timeにビビって逃げおって!」などと調子こきつつ、1人で走っても寂しいだけなので、オレ様もレース走らずに落ちる。


その直後GPLIPに行きますと、誰も居なかったので、また1人で寂しくs.okada氏無人鯖でSilverstoneをコソコソ走行。
すると、また、
stalker02.jpg
ここにも”an other”氏が!

今度は走行、Timeは出していなかったものの、
stalker03.jpg
姿をはっきりと捉える(後ろのCov)。
コースオフして、丁度tamu氏がJOINしてきたタイミングで落ちる。

実はこの”an other”氏、GPLIPにはJOINしておらず、
「IP直打ちでs.okada無人鯖にconnectしてきた」
という奥ゆかしさ。
とはいえ、オレ様の行動を読んでVROCからs.okada氏無人鯖に追いかけてくるとはなかなかのDFG子ちゃんLove度。
アイドル冥利に尽きる、というものであります。


しかしながら「固定ファンが出来た!」などと素直に浮かれていてはイケマセン。
「本当にファンなのか?」という事を疑い、きっちり状況を判断して”an other”氏の正体をきっちり見極めなければイケマセン。
stalker04.jpg
こんなアホなプロファイリングは、絶対に避けねばいけません。


てなわけで、”an other”氏の正体は何なのか、と頭をフル回転させました。

推測その1:GPLの神様が一人で走ってるオレ様を可哀想に思って走らせたAI。
日夜練習に励むオレ様、その成果を見せるべく様々な無人鯖へJOIN。
しかし相手がおらず1人で走る日々。
それをGPLの神様が不憫に思ったのでありましょう、AIドライバーをオレ様にプレゼント。
ああ、お盆休みにきっちりお墓参りに行って良かった!(なんか違う)


推測その2:ハッカーがオレ様の行動を盗み見ている。
”an other”氏の国籍は「USA」。
USAと言えば、FBI、CIA、国防総省ペンタゴンetc.
こういうところにハッカーが忍び込み核ミサイルを飛ばそうとするとか、金庫をハッキングして開けたり情報ネットワークに進入しテロを起こす裏側でブルース・ウィリス的なモノが大活躍するとか、ATMをポケコンでハッキングしてお金引き出したあとにターミネーター的なモノに追いかけられて大変な思いをするとか、高度な喋るコンピュータ内蔵の車がノーズのライトをピカピカさせながらTV終わる5分前ぐらいにTurboBoostで空を飛んで悪人を捕まえるとか、俺はテンプルトンペック。通称フェイスマン。自慢のルックスに女はみんなイチコロさ。ハッタリかましてブラジャーからミサイルまで何でもそろえてみせるぜ、等々がUSAでは毎日のように起こっている事を、オレ様きっちり映画・TVを見て知っています。

そんなカッコウはコンピュータに卵を産む国からであれば
「オレ様がどういう行動を取っているかハッキングしてGPL鯖に入ってくる」
という事など日常茶飯事、三度の飯よりコンピュータが好き!

怖い、怖いです。
このままでは、オレ様のHDDに入っている「DSCxxxx.jpg」ってなデジカメ画像、オレ様がアレをナニされてコレしている画像とか、オレ様が(ピー)を(ピー)して(ピー)が(ピー)になっている画像とかをですね、勝手に圧縮ZipファイルにされてP2Pネットワークに流されてなんとかバーガーなどと名前を付けられて有名になってしまうのでは!
(それはハッキングじゃなくてウィルスです)


推測その3:熱狂的追っかけファンがハッキングしてきている。
上ではUSAとか風呂敷を広げすぎました。
やはり、ハイテンションビリビリ来てるよパワフルワールド全開中、ツライぜイカスぜ究極のアイドルDFG子ちゃんの、国内ファンがハッキング・ストーキングしている、と考えた方が自然でありましょう。

追っかけファンを舐めてはイケマセン。
ヤツらはお目当てのアイドルコンサートに行きまくるために、電車各駅無賃乗車マニュアル的なモノを独自の情報ネットワークで流しまくるようなNo Fear、No Future、Never Mind the Bollocksなヤツらであります。
きっとネット知識もマニュアル化されていて、オレ様のPCをハッキングすることなど朝飯前、三度のパンが無ければケーキを食べればいいのよ!

怖い、怖いです。
このままでは、オレ様のHDDに入っている「DSCxxxx.jpg」ってなデジカメ画(略


推測その4:誰かのイタズラ
WinVROCの鯖でオレ様が走ってるのを見かけた
 →どれ、別名でJOINしてみよう
 →よし、次はどこで走るだろう、GPLIPかな?
 →ほんじゃ痕跡を出来るだけ残さないようにs.okada無人鯖にIP直打ちでJOINしよう
 →お、たまたまナイスなタイミングで走っていやがった、うはははは

などという、ヒマな事をする人が居るでありましょうか。
特に
「オレ様の行動パターンが分からないのに良いタイミングでIP直打ちJOIN」
というのが難しい。

と、思っていたんですが
「s.okada鯖は無人鯖データサイトでGPL.tvを立ち上げて公開している」
んですねコレ。このおかげで
 ・GPLIPにJOINせずともオレ様が走ってるかどうか分かる
 ・その上、GPL.tv立ち上げた時点でIPが分かる

という一石二鳥、一挙両得、三方一両損大岡裁きな方法が!

最初は状況から「この人かな・・・」とか推理してたんですが、VROCで見かけるのは偶然だったとしても、あとはGPL.tvが分かっていれば誰でも簡単に上記行動が取れる事に気付きまして、対象が広範囲に渡り絞り込めず、誰の仕業か分からなくなりました!w
やはり、10~30代、もしくは40~80代の犯行かもしれん・・・
ちきしょう、犯人は誰だ!



たまたま偶然に同名の別人が入ってきた説、anちゃんっていうカワイイ女の子が本気でオレ様に惚れてる説、なども無理矢理、あいや冷静な分析な上で浮上してきたんですが、めんどくさいのでヤメました。
知ってる人の仕業だと面白くないので、USAハッカー説ぐらいにしといた方が夢がひろがりんぐ、って気がするのでそういう事にして、そのウチ発見したいと思いますw

忙しい 

ラジオで阪神広島戦、TVで五輪女子サッカー、PCで女子ソフトボールを見て忙しいです。

うおおおおソフトHR来たきたー!!!
ぎゃードイツに点取られたぁあああ!
阪神は広島に一点差に迫られたぁ!
ソフト雨中断来た・・・


誰か助けてください。



やべー、女子ソフト見て泣いてしまったーw

パンが二つで 

GPLPsも終わって、次何やっていいか分からん状態に陥りまして。
んで迷走しまして、GPLEA謹製で一部では有名、現在s.okada氏無人鯖ローテにも組み込まれている「Pants Ring」

を何故かアタック。

結果、
Pants_WR.jpg
BRM部門でWorld Recordをゲット!
何故か全然嬉しくありません!
逆にカッコワルイ気すらw

まともに走るのはアホらしいコース、しかもBRMということで、これはヒッソリと誰にも更新されずにながーく保持出来るのでは!


上手く(?)クラッシュすると、こういうTimeも出るんですけど、
Pants_WR02.jpg
流石に登録するのは、はばかられますw

GPLPsを振り返る 

えー、毎回シリーズ戦終わると、自分の覚え書きとして色々書いてるので今回も。
覚え書きの割に、書き終わってからすぐ忘れてるような気がしないでもないようなw


○車種Eagle、Timeとか
GPLPsはEagleで参加。
Blog読み返すとかなり早めに、GPLPs開始3週間前ぐらいかな、4月入ってすぐ「Eagleに乗る予定」とか書いております。

ちょうどGPLPs開始前に「頭文字戦2」が終了しまして、これはCovに乗って参加しておりました。他にもCov乗ってた人は多かったかな。
んで最終日(3/30)のチャットで、
 1:37:45 | Akaty> でもみんなもっと車種速いの乗ってもいいんじゃないかと
 1:37:56 | Akaty> ときどき思ってた
というAkaty氏の発言がありまして、んで
「なるほどそうか、ヨシ、次のシリーズ戦は速い車に乗ろう!」
と決めてたのでございます。
GPLPsにBRM乗ってきたAkaty氏見て「あ、アレ?」と思ったのは内緒w

ずーっとLotusばっかり乗ってて、一応BL2で全車種経験はしてましたが、
「本気で慣れてるのはLotだけだ、Eagleは速いらしいがきっちり乗れるんかな?」
という思いはありますた。SpaはEagleで走ってたケド。

まぁその心配も杞憂に終わりまして、

KyalamiとMonza以外のGPLPsで開催されたデフォコースのPBはEagleになった、という目に見える成果が。
Kyalamiは開幕戦だからちょっと慣れてなかったんだろうか、MonzaはまぁLotusで山ほど走ってるから仕方ない、ってな感じかな。
「やっぱりEagleは速い!」と実感しました。


いや、決してEagleだけのおかげでは無くてですね「オレ様の腕も上がってきた」のではないでしょうか! イカン、謙虚にならねば・・・

腕はともかく、シリーズ通じて振り返ると「SetUpが今までと変わってきた」というのはあるかもしれません。
・デフがGRE使用の70/40/3から60/60/2ぐらいにシリーズ前から少しずつ変わってたんですが、GPLPs中には、パワー側30/xx/1や45/xx/1に、コースト側xx/60/1やxx/85/1に
・ブレーキバランスを53%固定でずっとやってたのが、51%or50%になった
と、二つほど大きな変化が。
自分でも良く分かってませんが、それに伴い走りは多分微妙に変わってるハズw

あとは、
・SetUpの数値と自分の感覚が少しずつ直結してきた
的な感じが。こういう動き欲しいからこういじる、とかが少し出来るようになってきたかなー、ってな所。まだまだ色々分かってないところありますが、それは見なかった事に。

とにかく「Eagleに乗って、今までのLotusでのPBを数多く塗り替える事が出来た」という目に見える成果があって、それだけでもGPLPsはオレ様にとって良いシリーズだった、と言える気がします。



○レース内容とか成績とかとか
軽い感想等と共に振り返ってみる

・第1戦 Kyalami
 Heat1:オープニングLap接触リタイア
 Heat2:全体2位(偶数鯖1位)
リタイアもHeat2の成績も含めて「まぁこんな感じでシリーズ進むんかな」という印象。
Heat2は予選2・3・5位がリタイアしたので偶数鯖で勝った、って事でしたし。
一応「Eagleだし、周りの車種を見ると毎戦ポールは狙えるかもしれん、いや出来るだけ狙って行こう」とは思う。
予選良くてレースでやらかす、という2chGP 5thと同じようになるだろうな、という予想w

・第2戦 Jarama
 Heat1、Heat2共に勝利
公式戦で勝てて嬉しい、しかも予選PP・決勝・FL全てGetしての完全優勝。
まぁ「鯖分け運が良かった」という事もあり、Top走行してた人がコケた、上での勝利。
「アドオンコースは練習すれば成績が付いてきそうだ」と思う。

・第3戦 Monaco
 Heat1:オープニングLap接触リタイア(1サーバー開催)
 Heat2:全体1位(2サーバー開催)
Heat1は「やってもたー」、Heat2は「やったー♪」と両極端だったレース。
Heat1は大反省せねばイカンのですが、Heat2はもう大満足。
苦手なMonacoできっちり走れて勝てた、と思い出に残るレース。
この辺りで少し自信が出てきたかも。

・第4戦 Spa-Francorchamps
 Heat1:全体1位(奇数鯖1位)
 Heat2:全体3位(奇数鯖1位)
Eagleだと絶対的に有利なSpa。きっちり練習して「絶対負けられん」と臨む。
Heat2は予選ノータイムに終わり、レースは他車のクラッシュで上位へ。
なんにせよ、Eagleの優位性を生かした結果だったので満足。

・第5戦 Zandvoort
 Heat1:全体5位(奇数鯖3位)
 Heat2:全体4位(奇数鯖2位)
レポにも書きましたが、実力がはっきりと出たレースでございました。
車種差が少なめのコースでレースペースがはっきりと上位陣に負けている、という結果。
レース平均Lapは1秒近く遅かったのかな、Timeもあまり伸びなかった感じで今後の課題。

・第6戦 Rouen-Les-Essarts
 Heat1:全体3位(奇数鯖2位)
 Heat2:全体1位(奇数鯖1位)
ここは得意コースになるのかも、少なくとも大好きなコースなのは間違いなし。
Heat1はヘアピンでミスしての順位。
この辺りから、
「きっちり走ればある程度勝てるLvになって来てるな」と実感。
ただし、バトルとかは無理w

・第7戦 Brands Hatch 1967
 Heat1:リタイア(ファイナルラップでGPLフリーズ)
 Heat2:リタイア(Lap2でブロー)
ある程度勝てるLv、とか調子に乗ってるとロクでもない結果にw
リタイアが無くとも、上位Barchetta氏、s.okada氏、m2氏、RecoBre氏には全然かなわなかったですね、Zandvoortと同じ。
アドオンJaramaで良かった分、ツケが回って来たかなw

・第8戦 Nurburgring
 リタイア(ファイナルラップでブロー)
ポイント2倍のこのレースでのファイナルラップブローは悲しかった・・・
Brands67から続いてツキの無い期間だったのかなw
流石にNur、やはり実力差を見せつけられた感も。
ここでポイントランキング2位に落ちて「ここからは負けねぇ!」とはっきりとランキングを意識しだしたのは間違いないです。

・第9戦 Monza
 Heat1:優勝(1サーバー開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖2位)
流石にEagleは絶対的に有利。とはいえ、当時の練習レポを読むと結構弱気だな、上手く行ってなかったのかな、もう忘れているw
Heat1はs.okada氏のブローに拠ってなんとか勝利。
Heat2は同じEagleのLEVINCARS氏に敗北。
4時から男。はMonza速いんだなw
速いのは分かってるとはいえ、あんまり練習してなかったであろうLEVIN氏に負けたってのと、オープニングLap終わっての差でそのままラストまで行ってしまったのが悔しかったな。
もっと修行せねば。

・第10戦 St.Jovite
 Heat1:全体2位(偶数鯖2位)
 Heat2:全体3位(偶数鯖1位)
結果はおいといて「前日から同じところで同じようなミスをした」というのが反省点。
ここはBarchetta氏に全然かなわなかったんだよな、RecoBre氏には追いかけまわされるしw

・第11戦 Watkins Glen
 Heat1:1位(1鯖開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖1位)
結果はともかくとしまして、ここWatkins Glenでは
「練習が濃密なモノになってきた」
感がありましたです。
走り慣れているコースでタイヤ温度等を考えながらどれだけのレースペースを作れるか、ポイントランキングでライバルのBarchetta氏にどう勝つか、等々色々考えながら練習してる感じ。
「とにかく自分が速く走るんや~」から「周りの人の速さ等を考えつつ、1Lapトータルだけでなく、負けないようにどこを速く走るか」とかそういう感じで(大げさ)。
s.okada氏の無人鯖に拠るところも大きかったですね、事前練習から周りをチェックしつつレースシミュレーションしつつ考えて練習、とかってのは凄く楽しいというか目標あって励みに。

・第12戦 Mexico
 Heat1:2位(1サーバー開催)
 Heat2:全体7位(奇数鯖3位)
まぁもう長いレポをこないだ書いたのでw
とにかく楽しかったです、この最終戦は色々と!


振り返って見てみると、
「細かいミス、順位を落とすようなミス、が以前に比べて格段に減っている」
ってところが好結果に繋がったのかな?、という個人的印象。
Pro-sでレース距離が短かった、というのがその大きな要因だから偉そうには言えないかなw

とはいえ23戦レースして、
 ・ブローリタイア2回
 ・単独ミスでのクラッシュリタイア無し
 ・順位を落とす事に繋がるミスはRouenとSt.Joviteだけ(のハズ)
 ・回線落ち無しw(GPLフリーズは1回)
ってのは、本当に以前と比べたらもう上出来過ぎる!
まぁレース距離長くなるにつれて、格段にやらかす率は跳ね上がる、ことは容易に予想出来ますがw だってネジコンだと手が離せなくて疲れちゃう♪(言い訳)

あとは、
 ・オープニングLapをもうちょい速く走る
 ・バトル出来るようにする
ってな感じになればなぁ。
両方とも「他車に近づいて走るのが苦手」ってところから来てるなコレ。
ブレーキングが下手だったりするのが大きいのかなー、正直自信持ってブレーキ踏めてるのはTimeAttack時に覚えたポイントでしかないし。
「他車に合わせて踏む」ってのがブレーキもアクセルも両方出来てないんですよね。
やはり練習で当てまくって覚えるしか・・・

大きな反省点は、
「死角に他車が居ることが分かっていながら動いてクラッシュを誘発した」
ってのがMonacoとMexicoであった事ですね。
これはもう大きな反省材料。なかなかGPLは難しいぜ!(と誤魔化す)



えー以上、個人的覚え書き・良かった事・課題・反省点などなどを。
とにかく皆様ありがとうございました。

ついでにBlogタイトルを元に戻そう 

お盆休みで昼間っから高校野球・オリンピック見まくりです。
いやースポーツは良いでございますね。
智弁和歌山も柔道上野も水泳松田もえーと他誰だっけ何だっけまぁ色々!
阪神もなんとか連敗止めたしw

この後22:00から男子フェンシング フルーレ個人決勝がNHK BS1であるらしいので、この日本人の快挙を見るために野球なんかほっといてどうにかして見れるところを探し中です!
ええ、ウチBS映らないんですw

GPLPs 最終戦(Round22/23)- Mexico City - その2 

昨日に引き続きまして、本日はHeat2レポ。


○ポイントランキング
Heat1終了時のポイントは、
 Dr.FeelGood:139pt
 Barchetta氏:130pt

となっており「9ポイント差」という状況。
GPLPsは「1~8位までにそれぞれ、10,8,6,5,4,3,2,1pt。」というポイントシステム。

最終レースのHeat2でBarchetta氏がチャンピオンになるためには、
 ・全体1位で10ポイントを得る事が第一条件
 ・その上でオレ様DFGさんがノーポイントで終わらないといけない

  (8位1ポイントだと同点になりますが、勝利数でDFGが上に)
という厳しいシチュエーション。
って合ってますよね、コレ?w

ここで逆転すれば
「GPLPsチャンピオンへの道 ~Barchettaが駆け抜けた青春4ヶ月~」
的な1時間ドキュメンタリーが出来てしまうくらいの状況でございます。
自転車で走った後に汗を拭いながらインタビューを受けているBarchetta氏の爽やか映像、とかが浮かんでしまいますね。
ライバルなオレ様は、のんきにTVで阪神を応援したり、コンビニで新製品をチェックしてるような映像ばかり使われてしまうのではないでしょうか。

えーと、つまりオレ様が「圧倒的有利」ということであります!


Heat2開始前、上記の状況を確認中に、
 23:50:38 | FBevo> フラグキタコレ
 23:50:38 | neGco> よーし解った
 23:50:41 | polar> パトラーッシュ!!
 23:50:43 | Nullpo> ここはBarさんを応援せずにいられないw
と気になる発言が数々散見、ログを何度見直してみても「DFGさん頑張れ」という声援が一つも無かったのがどうにもアレな感じ!
やはり最後に頼れるモノは自分自身しかないw



○Heat2 鯖分け
人数が増えたため、Heat2からは2サーバー開催に。
Heat1でのTop4は、奇数鯖にRecoBre氏とオレ様、偶数鯖にs.okada氏とBarchetta氏。
オレ様とBarchetta氏は別れる事に。

これでBarchetta氏は、
「まず偶数鯖でHeat1優勝のs.okada氏と闘い、そして奇数鯖RecoBre氏とのTime争いに勝たないといけない」
という、s.okada氏との直接バトル、見えないRecoBre氏との間接バトルを強いられる事に。
かなりのプレッシャーに違いない。

対してオレ様は、
「上記バトルに加わる気は無し、ヘラヘラとHeat1と同じペースで完走すればポイント取れちゃうんじゃね? ウフフフ、チャンピオンはすぐそこよ!」
と、気分的にはもうBarchetta氏と雲泥の差。
いや、一応「勝ちたいよぅ」という気持ちは持っておりましたですよ!



○Heat2 予選
1LapしかAttack出来ない形になって、というかFBevo氏のアタックを邪魔したような感じになったかもしれん、1m46.115sで予選2位に。

1位はCF氏、奇数偶数合わせてのポールTimeをHondaでゲット。
不利なHondaとはいえ、Monzaのスタート等やはり実力の片鱗を明らかに見せつけられる。
3位にRecoBre氏。スタートは不利っぽいのでキニシナイようにするw

「とにかく完走~」とか考えてどこか気が抜けてたのかも。
Heat1のようにスタートをしっかりシミュレーション、とかそういうのが無かった。
細かい事だが、それがオープニングLap1コーナーに繋がったのかもしれない。



○Heat2 決勝
スタートは上々、というか特上。
スタートに定評のあるCF氏(しつこい)の前へ、
GPLPs_Mex03.jpg
その他neGco氏、Evo氏のスタートダッシュ馬鹿っぱや、な方々に脅かされる事無く先頭へ。
NB2006 Monza戦前にEvo氏からスタートを習った事が今ここで開花!(いつの話やw)
その頃は、ドーナツターンの練習ばっかしてた事は内緒です。

そして1コーナー。
「IN側のCF氏のわずかに前か?どうかな? えーい行ってまぇ~」
と、後方・側方確認不十分のまま、2コーナーへ。

あっ

浮いた!

GPLPs_Mex05.jpg
回った!

GPLPs_Mex06.jpg
また浮いた!!

やってしもた! 最後になってやってもうた!
状況的には、Monaco戦でAkaty氏と接触してその後一部の話題をかっさらった、というかまだそれでAkaty氏が凹んでいる気配があるw、あの接触、
「死角の確認が不十分なまま、そのままラインに突っ込んで接触」
というパターンと全く同じオレ様の行動が原因!
成長してねぇ・・・
ちょっとラグアタック気味かな・・・、と自分で自分を慰める。


不幸中の幸いで、後続のラインを完全にふさぐ形にはならず、なんとか抜けていただく。
しかし当然
GPLPs_Mex07.jpg
オレ様は最下位へ、そして燃えるCF氏がそのままリタイアに、すみません、申し訳ございません・・・

レース中のチャットでは、通常の「SRY」でなく
 (CF#17) sry...
と、ピリオド3つプラスされていたところに、CF氏からのごめんなさい感がビンビンに伝わってきていたので、ワタクシめもここで3点リーダーを2回使用しまして、
「申し訳ございません・・・・・・」
ダメだ、余計に伝わらん!


とにかくここで、
「あわわわ、どうしようどうしよう」
と軽くパニック。
何に対してどうするか、も良くわからないまま、どうしようw

とにかくマシンが動くか確認、
「こいつ・・・ 動くぞ・・・」(アムロの声で)
ヨシ、動いた!

真っ直ぐ走るのだろうか、
GPLPs_Mex_problem.jpg
結構ダメージあったっぽいけど、なんとか走れるっぽいぜ!

悪夢のような破壊ダーなLEVINCARS氏とオカマしちゃったBL2 Mexicoでは、その接触から最高速が伸びなくなったのもあって、
「トップスピードきっちり出るのかな・・・」
と心配になったりしたんですが、ストレートを走ってる雰囲気ではなんとか大丈夫そう。

とりあえずオープニングLapでマシンを確認し終え、少し落ち着きを取り戻しつつ、
「Blogにあんな”何かを倒してる画像”なんか貼ったから倒されちゃった!」
などと、見事なフラグを確認したりなんかしてリラックス気味に。
まぁもう
「とりあえずポイントゲット目指して走るしかない」
という状況ですから色々吹っ切れますよね、とにかく前へ~!


GPLPsシリーズを通じて、
「勝ってるわりに、バトル画像、他車を抜いてる画像、などが全くないんじゃね?」
とお気づきになっていた皆様、お待たせいたしました。
遂に最終戦にて、他車をパスしている画像を大量にGet!
決して「ネットで適当に拾ってきた画像」とかではありません!

GPLPs_Mex08.jpg
tamu氏をパス(コースオフしているのを抜いてる、とかはキニシナイ)。

GPLPs_Mex09.jpg
Nullpo氏をパス。

GPLPs_Mex10.jpg
Polar氏をパス。

GPLPs_Mex11.jpg
mujina2031氏をパス。

ここまで4台も!
といいますか事前に、DFGさんフランダースの犬でお涙ちょうだい作戦、をBlogで敢行していたおかげでありましょうか、皆様がかなり早めに引き気味で助かりました。
ふはははは、見事に作戦成功!(馬鹿丸出し)


そして5台目は、えーと中ボス扱い、ぐらいで良いのでしょうかw
なかなかそう簡単には抜かせてくれないFBevo氏と遭遇。
おかしいな、フランダースの犬を知らなかったのかな・・・(違)
「恋空」辺りを題材にすれば良かったかな!
あんなアホなケータイスイーツ小説じゃ、逆に怒って余計に抜かせてくれないなw

とにかくアタック、1発目のホームストレートエンドでは見事に失敗!
「あ、ちきしょう、ダメだた~」
と、各所で楽しく走ってました。もう後が無いし!
なんとか2回目のホームストレートで、
GPLPs_Mex12.jpg
Evo氏をパス、Eagleパワーバンザイ♪


これで奇数鯖内3位へ。
TopはRecoBre氏、2位はneGco氏が走行中。
この2台には追いつきそうには無い差。

追いついたとしても、冒頭にも書いたチャットログで、
 23:50:38 | neGco> よーし解った
などと気合いを入れてオレ様への妨害活動に勤しむ気満々のneGco氏は抜かせてくれないに違いないw
終わってからログ見ると、やっぱりきっちり
 0:23:43 | neGco> 任務を遂行した
などと言っている。ちきしょう、ネジコン仲間なのに!

なので、
「RecoBre氏、Barchetta氏に負けないペースで走り抜いてぇ~」
と応援。

そのまま3位で
GPLPs_Mex13.jpg
フィニーッシュ。



○結果発表まで
余裕でポイントゲットしてチャンピオンよ~、な展望が、接触にて一気に暗転。
冒頭に書いた通り、
 ・全体1位で10ポイントを得る事が第一条件
 ・その上でオレ様DFGさんがノーポイントで終わらないといけない
というのが、Barchetta氏優勝の条件。
オレ様がクラッシュしつつ、それを阻止出来ているのかどうか!


まずは、
「Barchetta氏が偶数鯖で優勝したのかどうか」
が気になる。
しかし、
 0:24:49 | Barchetta> okadaさんに完全に譲ってもらっちゃった。ありがとう
 0:24:55 | Nullpo> !
 0:24:59 | Dr.FeelGood> なにぃ!
 0:25:01 | FBevo> !!!
 0:25:03 | Nullpo> こ、これは・・・
 0:25:06 | CF> !
 0:25:10 | s.okada> いえいえ、1コーナーイン側はあれ以上行くと無理だったので^^;
あ、ちきしょう優勝したっぽい! s.okada使えねぇ!(ド暴言)
まず第一段階は諦めようw


次に、
「Barchetta氏のペースがRecoBre氏より速かったのか」
が気になる。
成績発表までは、向こう偶数鯖のTimeは分からないので、こちら奇数鯖RecoBre氏のTimeを見て推し量る。

45秒台は連発している、しかし45秒台後半だ、一発ミスもしてるっぽい。
十分見事なペースなのに「これはBar氏と比べるとマズイ」と思ったオレ様、
 0:27:48 | Dr.FeelGood> Reco氏もなんかコレ微妙なペースで走ってるな・・・
と、今から思うとかなりというか超失礼な発言を!(すみませんすみません)
続けて、
 0:28:08 | Barchetta> おれも遅いよ…
 0:28:21 | s.okada> 直線でBarさんに追いつけん なぜだ・・・^^;
 0:28:22 | Nullpo> ますますwktk
 0:28:54 | RecoBre> ガードレールのお世話に・・・・なっちゃったし
Bar氏は自分で遅いと言ってるが、Heat1優勝のs.okada氏が「追いつけない」と言っている、Reco氏はガードレールに当ててペースあがらなかったのか、これはマズイ!
と、ますます不安に!


最後は、
「オレ様が8位までに入ってポイントをゲットしているのか」
これも向こう偶数鯖の結果が分からない状況では推測するしかない。
確実に負けているのは言うまでもなく、奇数鯖のRecoBre氏とneGco氏。
偶数鯖ではBarchetta氏とs.okada氏は絶対上だろう、あとは誰だえーとTOMS氏・Hirame氏・主催shutaro氏辺りか?
これで7人だぞ、他居たっけ!
あ、Heat2からAkaty氏が来てたっけBRMだけどどうなんだ、Mori氏は昨日rFactor PCCでは上位だったらしいぞどうなんだ、kyeyo氏は出張帰りだけどどうなんだ、他etc.etc.
などと、1人でGPLIPに居るメンバーの名前を見つつ焦りつつ妄想しつつ悶絶!

正直「結構ギリギリな状況の気がする・・・」と本気で思ってました。



○結果
 Heat1:2位(1サーバー開催)
 Heat2:全体7位(奇数鯖3位)

となりまして、Heat2でなんとかポイントゲット(2pt)の末、
 Dr.FeelGood:141pt
 Barchetta氏:138pt

と3point差、
「Dr.FeelGoodさん、GPLPsシリーズチャンピオン決定!」
わーパチパチ♪

結局、Barchetta氏のHeat2順位はRecoBre氏に次ぐ2位、となってまして、オレ様ノーポイントでもなんとか大丈夫だった模様。
しかしRecoBre氏とBarchetta氏の差が0.269sec、とギリギリ。どちらも流石でございます。



GPLPsシリーズ、皆様お疲れ様でした。
シリーズ個人的総括はまた改めて書く予定ですが、
「とにかくチャンピオンというのは素直に嬉しい・気持ちいい」
でございます。
しかしながら、Eagleで有利だった、レース距離が短くやらかし癖があるオレ様には有利(やらかす前にゴールが来ている)などなど、かなり条件にも恵まれておりました。

のでですね、
「チャンピオンだからといって調子に乗らず」
「いつまでも、あの周回遅れ連発だったルーキー時代を忘れず」

にですね、謙虚にこれからも地道に頑張って行こうと思う次第であります。


改めて、
主催shutaro氏、サーバー担当RecoBre氏・FBevo氏・kazuki氏、無人鯖運営s.okada氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、Blog読んでくれてた皆様、お疲れ様&ありがとうございました~♪

GPLPs 最終戦(Round22/23)- Mexico City - その1(Heat1まで) 

4月末から始まったシリーズ戦GPLPsも遂に最終戦、舞台はMexico。
Barchetta氏との「1972年生まれ最速決定戦」にも決着の時が!


○直前までの状況
このシリーズ中は、Blogでレース前の練習状況やTimeの状況とかを結構細かく書いてたんですが、今回Mexico戦前はもうそんなこと書いてられないぐらい練習が上手くいかない・Timeが全く伸びない状況。
前日にGPLIPで練習レースを走っても、もう全く歯が立たない。
「最終戦負けないぞー」という感じは全くなく、半ば諦め気味、ヘラヘラしながらBar氏とかReco氏の走りを見つめるのみw

んが、当日起きてから
「やっぱある程度のLvに持って行かないと、戦えるLvにして参加しないと面白くない、つーかチャンピオン争いだし失礼な気もするし恥ずかしい気もする」
と殊勝にも心を入れ替えて練習。
高校野球で智弁和歌山戦があったので見たかったけれど、「とーちゃん、オレの代わりにしっかり見てきてくれ!」と、朝から甲子園に出かけていった親父に託すw

1コーナーも走り方は変だけど安定方向へ、他のコーナーも立ち上がり踏めるSettingを詰めて行ったらなんとか軽く覚醒気味に。
一発Timeでは1m44.766。
「うおお、昨日よりも1秒速くなったぜ!」と喜びつつも、まぐれなのは言うまでもなく、実力的には予選で大体45秒台前半が狙えるかも~、ぐらいのLv。
レースペースは良くわからん、タイヤはどこまで持つのだろう、といった不安を抱えつつ本番へ。


○直前
参加者19名で1鯖に(18名だった気がするけどHirame氏が予選開始後に来られたのかな)。
ポイントランキング争いでは、Topオレ様と2位Barchetta氏の差が7point。
1鯖開催なら相手Barchetta氏の状況が良く分かる、のでレース内容自体は置いておいても、戦略を練ったりするにおいては確実に有利。
「もう誰も来るんじゃねぇ~」と直前まで強く願うw


○Heat1 予選
「とにかく前へ行きたい」てな思いでアタック。
結構緊張してましたね、最初のアウトラップは武者震いってヤツかしら、足が震えてたw

1発目に1m45.446が出るものの、ずっとそのTimeを抜けず。
途中経過ではs.okada氏、RecoBre氏に続く3位、一応Barchetta氏の前。
んが昨日深夜、

 2:45:42 | RecoBre> Barさんあと0.3くらい上乗せてきそう
 2:45:51 | Dr.FeelGood> めちゃめちゃ速いやん・・・
 2:45:58 | Dr.FeelGood> 45.4ぐらいちゃいましたっけ
 2:46:11 | RecoBre> 45フラットとか来たりして
 2:46:21 | Dr.FeelGood> 諦めようw

と、RecoBre氏に脅かされていたので「45秒4ではイカン、もっと出さねば!」と、ここでは諦める事無くアタック。
最後のアタックLapで、

RecoBre氏と同Timeながら2位(ラッキー)、フロントローをゲット。
最前列スタートという事で、かなり気分的に楽になる。

Mexicoはデフォグリッドでも2x2並びでコース幅が広く、後方からのスタートダッシュも効く、そして1コーナーまでが長い。
ポールs.okada氏はLotでスタートダッシュを決めるに違いない、オレ様のEagleもダッシュはLotに負けるとしても車速は伸びる、RecoBre氏はRepで車速的に不利だ前日も「絶対にスタート抜かれる、ストレート短くしろ」とか愚痴っていた、予選4位Barchetta氏が上がってくるに違いない、などなど必死でシミュレーション。
とにかく最低限「s.okada氏の後ろ、Barchetta氏の前で2位のまま1コーナーへ突っ込む」で、失敗してBar氏に前に行かれるわけにはイカン。


○Heat1 決勝
スタートは上々、予想通りs.okada氏のダッシュが良かったので積極的に2位キープを心がけ(チキン野郎)、s.okada氏のミラーに積極的に映り込む感じでミドルのラインを取ると、自然とミラーでBarchetta氏も確認出来、真後ろには誰も居ない、という安心ポジション。
てな感じで、1コーナーまで長いのもありますが、結構落ち着いて回りを観察。
GPLPsのデフォグリッドで鍛えられたからでしょうか、上手くなったなオレ(いえ、たまたまです)。

ターンイン時もアクセルちょい抜いて前に合わせる準備してからブレーキング、と余裕持ってトロトロ走っておりますと、一気に後方からBarchetta氏が接近!
オレ様もちょっとだけ反応して心持ちインに寄せたような寄せないような回避行動を取ったんですが、Barchetta氏は大きく外へ回避されまして壁へ・・・
GPLPs_Mex00.jpg
Topのs.okada氏、2位オレ様、そして壁へ行ってしまったBarchetta氏。

ついでに言うと3位はCF氏Honda、ではなくて予選8位からのJumpUpでneGco氏。
RecoBre氏Blogにもありましたが、オレ様もしばらくして落ち着くまでずっとCF氏だと思っていました!


Lap2のホームストレート、s.okada氏が1コーナーへのターンイン時でこの差
GPLPs_Mex01.jpg
2秒程度も差を付けられる。
GPLPsでも何度かあったんですが、オープニングラップで前に大きな差を付けられる、というのは今後の改善点。
昔のNewbie2006とかで散見された「オープニングラップで必ずやらかして最下位に落ちる」というのよりは、随分マシになったんですがw

ただ、この時点ではBarchatta氏が、Pribludaに映ってこない順位差で、
「Barchatta氏はどこなのだ、もしかしてリタイアとかしてるのか」
というのが気になっていた状況。
「もしかして、このまま行けば労せずしてランキングトップで終了? やったネ☆」
などとプチ浮かれ気味。
んが、次の周からきっちりBarchatta氏4位表示に。
そしてすぐに3位表示へ、ちきしょう・・・(ヒドイオレ様)

とはいえ、Barchatta氏の差は確かピットボードだと11~12秒程度だったのかな。
確実に安全圏、1ミス程度での入れ替わりは無い、ブロー・クラッシュしない限り安心、とかなり余裕の展開。


前方にずーっとTop走行中のs.okada氏が見えるので、
「なんとかして追いつきたい・・・」
という気持ちで走行。

s.okada氏Blogには、
 >もし、接近しても、まず仕掛けて来ることはほぼあり得ない、
 >おそらく、走りやすい差を保ってると思われる。
と、好意的解釈でしたが、いや待てよこれは深読みするとオレ様の事を
「追いかけてもこないチキン野郎」
と言っているのではないか、いやきっとそうに違いない!
ちきしょう、バカにしやがって!! お前のかーちゃんでーべーそー!

えーと
「オレ様が勝利してBar氏がこのまま3位だと、シリーズチャンピオンがオレ様に決まる」
という状況だったので、正直追いついて抜きたい。その上
「勝ってチャンピオンを決めるなどと言うのは、非常にカッコイイに違いない」
というキモチ。

こうなると、是非追いつかないと!
んが、
「当日になんとか一発タイム上げた状況で、レースペースが良く分からん」
というタイヤ温度などに不安を持った状況、そして
「速く走るとタイヤとかガードレールに当たってクラッシュしちゃう><」
てなわけで、やっぱりオレ様、
「前方を追えないチキン野郎」
結局こういう事に、トホホ・・・


一応レース中ずっと、
「okada氏、コケろ~回れ~ぶっ壊れろ~」
という念と
「okada氏、コケてからオレの後ろへ行って、Bar氏の前ではコケるな~壊れるな~」
と、色々ヤヤコシイというか、「人」と書いて都合の良い事しか考えない生き物と読む、的な思考で走行。

しかし何事も起こらず、
GPLPs_Mex02.jpg
そのまま2位でフィニ~ッシュ♪

Barchatta氏もそのまま3位でフィニッシュ。
これでポイントは2つ開いて、9point差に。

長くなってきたのでHeat2レポは次回に。
引っ張って視聴率UP!(違います)

Mexico直前 

さぁ、もうやるべき事はやりました!
嘘です! あと一週間時間があれば!(未練がましい)
あと三時間ほどで始まるのですが、これから最後のあがきにw


前回は、縁起を担いで「カツ画像」を大量に貼ったところ、Heat1でm2氏が不幸な事故でコケて勝利が転がり込んでくる、という絶大なる効果を発揮致しました。
今回最終戦はもう
「Barchetta氏を倒す!」
というのが第一目標であるのですが、ちょっと難しそうなので、また画像パワーに!

てなわけで「何かを倒している・何かをやっつけている」関連の画像を貼って縁起担ぎ&良いイメージを持って本番へ!


vs_bar02.jpg
vs_bar03.jpg
vs_bar04.jpg
vs_bar05.jpg
vs_bar06.jpg
vs_bar07.jpg
vs_bar08.jpg
vs_bar09.jpg
vs_bar10.jpg
vs_bar11.jpg
vs_bar12.jpg


こんな画像探してるヒマあれば走れ、というツッコミは無しで!

GPLPs最終戦Mexico前日 

もう最終戦前日なのか!
というわけで、日本GPLerの皆様にとっては北京五輪よりも256倍注目イベントのGPLPs最終戦Mexicoがもう明日。

前日なのでとりあえずレース距離10Lapを走行。
ダメージはRealistic、スタート位置はなぜかフロントローに変更w
何度か失敗(脇のタイヤが憎い)ののち、やっと成功。

46秒台中盤~前半にまとまってるし、なかなか良いペース。

んがしかし、上位陣が速すぎるw
s.okada氏無人鯖データを見る限りでは、45秒台にバンバン入れている。
コレ、1Lapにつき0.5~1秒差を付けられる感じなのでは・・・
差としては、まさにZandvoort戦と似たような状況だ。
タイヤ温度にも問題あるし、1コーナーでやっちゃうからノーミス完走も微妙だしなぁ。


なんとか明日までに覚醒しねーかなー(甘過ぎ)
とりあえず、お風呂入ってからGPLIP行って最終確認を。
んで、明日ちょっとあがいてみるw

DFGさんに清き一票を 

昨日自分で書いた記事を見ると、あまりにも悲観的、後ろ向き、テンションが低い。
おととい走ったRecoBre氏が余りにも速かったり、GPLRank見るとCF氏Hondaがこれまた速かったりだので、「むーやっぱかなわねー!」と思いすぎたのでありましょうか。
これではイケマセン。
こんな調子では、運もツキも勝利の女神も自ら手放しているようなモノです。

失意泰然、実に良い言葉です。
逆境にあっても焦らず落胆せずやるべき事をやる。
前向きに諦めずに自分のやるべき練習をやらねば!


しかしながら、自分で出来る事と言えばたかがしれております。
ここは一発、皆様のお力をお借りして。
皆様を味方に付けて。
皆様に、
「GPLPsチャンピオンは、Barchetta氏よりもDr.FeelGoodこそがふさわしい」
と思わせる方向性で!

洋の東西を問わず、赤穂浪士からナチスドイツそして最近の米大統領候補指名戦その他諸々、大衆・民衆をコントロール、味方に付けた方が勝ちでございます。
高度な情報戦、巧みな印象操作が必要になることは言うまでもありません。

それを見事成功させ、チャンピオン争いなどどうでもいいと思っている方々もしっかり巻き込み、そして最終戦Mexico当日にGPLIP全体が、
「DFGさん頑張って!応援しているわ!!」
という雰囲気になるように持って行けば、ライバルBarchetta氏に多大なるプレッシャー、そして勝利が転がりこんで来るに違いありません。
これが世に言うピープルズパワーであります。

と、いうわけで、オレ様本人もアチラBarchetta氏も忘れているような事を持ち出して、皆様の同情を買う、という作戦を。



まずは、2006年に行われました「Team Battle 2nd」から。
コレは奇しくも同じコース・最終戦のMexico(Bサーバー)。
この画像をご覧下さい。
TB_Final_Mexico.jpg
飛ぶLotus! 原因となっているHonda!
当然Lotがワタクシオレ様DFGさん、黄色いメットのHondaがBarchetta氏です!
このあと、ワタクシLotusはひっくり返ってリタイア。
Barchetta氏Hondaはそのままフィニッシュいたします。

しかも、しかもですよ、これはファイナルラップの出来事!
2位走行中、あと半分でそのまま2位フィニッシュ出来たオレ様がここでリタイア!
Barchetta氏が2位に!

泣ける! これは泣ける!
善良な市民の皆様でありますれば、この画像を見ただけで
「ああなんて可哀想なDFGさん! 同じ最終戦・Mexicoというシチュエーションで、今度こそBarchetta氏の前でフィニッシュして欲しいわ(涙」
と思わずにはいられないハズです!


続きましては、2007年Polar氏主催で行われた「頭文字戦(1回目)」。
ポイントランキングをご覧下さい。
initial_ranking001.jpg
大きいので少し見づらいですかね、カットして抜粋を(注:捏造とかじゃありません)。
Intial_ranking_01.jpg
ああっ、2ポイント差でBarchetta氏がチャンピオンに!
Dr.FeelGoodさん惜しいっ、惜しすぎる!!

これを見た常識人揃いで慈悲深い日本GPlerの皆様はですね、
「ああ残念! 中計で10point差を追い上げたのに!」
「ああ可哀想! Lot VS Covで圧倒的有利なのに負けるなんて!」
「ポイントの問題じゃないわ! 最後Barchetta氏が休めば良かったのに!」
などなど、ワタクシめへの同情を感じずにはいられないハズです。


上記二つのレースは、両方とも12月。
当然DFGさんは失意のどん底のまま、年末~お正月を迎えたわけであります。
ああ、寂しい。ああ、みじめ。
「今回のGPLPsは、こんな悲しい思いをしたDFGさんに是非チャンプを!」
という意見・意識・感情が、皆様の中へさざ波のように広がって当然です。


あとはえーと、なんかありましたっけかね。
うーむ、なんかないかな。
一応、
「F1観戦でBarchetta氏がワインを飲んでいるのに、DFGさんはファンタグレープだなんて」
「向こうはBikeと呼ぶにふさわしいクールな自転車だが、こっちは後輪の空気が良く抜けるママチャリだ」
などという、可哀想さを煽るシチュエーションもあるのですが、何か違うような気がするので却下です。


最後にダメ押しです。
大衆の支持を得るには、多少の個人情報を晒すことも厭いません。
ある日のオレ様の画像です。
nero.jpg
(左:Dr.FeelGoodさん 右:パトラッシュ)
ああっ寝ちゃダメ、オレ様!
これを見れば泣かずにはいられない!
溢れる涙を禁じ得ない! こみ上げる熱い思いを抑えきれない!
フランダースの犬を知ってる人限定、なのは気にしない!



どうでしょうか、120%の同情アピール、皆様の中には感情移入しすぎて涙でディスプレイが見えません、な人も多いのではないでしょうか。
その涙を拭った先に見えませんか?
「GPLPsチャンピオンとして君臨しているDr.FeelGoodさん」の姿が!

さぁ、今週末は、みんなでDr.FeelGoodさんを応援しよう♪





こんなくだらないの書いてないでMexicoの練習すれば良かった・・・

最終戦 Mexicoに向けて 

さて今週末は、GPLPs最終戦Mexico。
「デフォコースで走った事あるしなんとかなるだろ」と考えてましたが甘かったっす。
はっきりと苦手感が出ている状況。

Kyalami・Monza・Watkins Glenは走り慣れたコース、Monaco・Nurは事前練習していた、等々でなんとかなってましたが、Mexicoはそういうのが全く無く。
GPLPsここまでのデフォコースでいうとZandvoortでの状況に近いのかな、上位とは明確な差があって、レースでも全くかなわずに終わる雰囲気。


このMexicoのPB(Lotusですが)は、2006年末のTB2前に出したもの。
それから2chGP 5th、B League2、と走り込んだ時期があったのに更新出来ていない。
レース前にTimeAttack気味に走り込むタイプのオレ様としては、これは珍しい。
やはりどうにもMexicoが体に馴染んでない、明らかに苦手だ、という感じ。

1コーナーから始まって、細かいコーナーの連続するコース。
こうなると細かい技術の差が少しずつ露呈して、最終的には大きな差。
数周走って問題点を見つけ出しサッと修正出来るタイプではなく、なんとなく数多く走ってその内マシになる、というタイプなので今週末までに間に合うかどうか。
現状での差(1Lap0.5~1秒差)を埋めるのは、多分ちょっと無理w


かなり悲観的ですが、Barchetta氏との7ポイント差はあっさり逆転されるでしょうw
ポイント有利なのに最終戦何の抵抗も出来ず無様に負けてさよーならー、ではちょっと悲しいので、なんとかジタバタしたいと思います。

GPLPs 第11節(Round20/21)- Watkins Glen - 

さて行ってまいりました、GPLPs Round20/21 Watkins Glen。

本レースを含めて残りは2戦。
こうなると気になって来るのがポイントランキング(とりあえずオレ様トップ)。
レース自体に勝ちたい、という気持ちはもちろんあるのだが、
「ランキング2位のBarchetta氏に負けてはならない」
という気持ちが非常に強く。

レース開始前では3ポイント差(オレ様113point Barchetta氏110point)。
とにかく上の順位でフィニッシュ、が目標。
下だとしても、2レース共1個下ならポイント逆転されても最悪1ポイント差で済む。
とにかくリタイアだけはマズイ。

というような感じでレースへ臨む。



○事前練習とかとか
事前練習もいつもと少し違うアプローチ。
レースまで1週間・コースは走り慣れている・リタイアは出来ない・タイヤの温度が気になる、等々の理由から、普段の「一発のTimeだけは負けね~」などという自己満足TimeAttack風味の練習は控えめ。
とにかくレース距離を走って、ラップタイムの確認で費やす。

Watkins Glenでの、走り方・LapTime・タイヤ温度上昇、それぞれの兼ね合いを自分なりにはかなり掴んだ感じ。
が、突き詰めるところまでは流石に行かなかったナリ。
「このペースならギリギリタイヤが持つ」という限界の見極めとか、「この走りなら全くタイヤ負担の心配がない」というような走り方とか、そういう所までは無理ですた。

まぁヘボいオレ様なので仕方ないんですが、色々考えたり迷ったりで、練習からめいいっぱい色々GPLPsを満喫している気がするw


○直前
当日開始直前の練習鯖・接続確認鯖では予選用燃料で走る。
TimeAttack的な練習をしてなかったので、攻めた時の自分の走りが良く分かってなかったんだけど(情けない)、3秒台がかなり出る、というかPBを連発風味(3秒7とか)。
「ふはははは、オレはえぇええええええ」と、調子に乗る。

しかも、マークすべきライバルBarchetta氏が
「今日は生ビール4杯いってしまいますた」
との発言が。
キタ!オレに風が吹いている!
とはいえ、オレ様もMonzaで飲酒後リラックスして走った経験があるので、酩酊・泥酔・二日酔い、ぐらいになって貰わない事には信用出来んw


Heat1開始直前で参加者は19名。

オレ様、/idでは偶数。
事前練習で3秒台~4秒台前半を叩き出していた方々は軒並み奇数。
正直「2鯖開催なら偶数でぶっちぎれる」という甘い、超失礼な考えも頭をよぎる。

んが、1鯖なら「ポイントランキングで気になるBarchetta氏の動向が確認出来る」という事が大きい。GPLPsのイベントスケジュールだと、Heat1で2鯖開催の場合全体結果が分からずHeat2へ行く形。
これは細かいが非常に個人的に・ポイント競ってる状況的にはイヤなのだ。

1鯖2鯖どっちに転んでもオレ様的にはオールオッケー、という嬉しい状況。
正直な気持ちとしては、
「Heat1を1鯖で行ってくれ、そしてHeat2誰か来て2鯖開催にしてくれ!」
と密かに願いまくっていたw

kazuki氏鯖の準備まで一旦出来ていたのだが、結局1鯖開催で。
短い距離のWatkins Glen。1鯖フルグリッドだと予選からリスキーに違いないのだが、そっちを選択する方がやっぱ面白い、という気持ちが強く働いたのだろうかw


○Heat1 予選
予選は失敗!
直前確認鯖での調子が嘘のように消え去るw
車が多く気になったり色々あったけど、10Lapほどアタック出来たし言い訳にならんw
完全に自分のせい・・・

なんとかフロントローげっつ。
ポールm2氏、3番手Barchetta氏、その後にs.okada氏、CF氏が続く。
スタート練習は最前列どっちでもやってたので、どんとこい!、ってな感じ♪


○Heat1 決勝
スタートは悪くない感じ、が2コーナーへの進入をIN付きすぎて

軽くブレーキ、これでポールm2氏が前に。
実質ここでm2氏との勝負が決定してしまう。
MonzaのVS LEVINCARS氏ともそうだったが、オープニングLapの弱さをなんとかせねば。


Lap2のLoopへ向かうストレート
GPLPs_Watglen02.jpg
Topがm2氏、オレ様、Barchetta氏、s.okada氏、CF氏、と続く。
このまま上位は膠着状態。
差も少し変わる程度、しかしスリップへ付く程でもなく均衡。

中盤Lap9の同ストレート
GPLPs_Watglen03.jpg
全く変わらず、それぞれ少し差がつく程度。


といった感じでファイナルラップまで。
心境的には、
「前のm2氏を追いたいが、後ろのBarchetta氏が気になる」
という状況がずっと続く。
ちょっと無理して追いたい、んでもそうなるとタイヤ温度&ブロー&ミスが気になる、それやっちゃうとBarchetta氏に詰められる、と色々逡巡。
実際のペースでは、全くm2氏を追えず、後半Barchetta氏に詰められているのですが!


まぁこのままなんとかBarchetta氏の前でフィニッシュ出来ればおっけー、と思いつつのファイナルラップ。
なんと、Topのm2氏とLoopでクラッシュしていたNullpo氏が接触。
GPLPs_Watglen04.jpg
その横を労せずパス。

うぉっファイナルラップでこれか!、と驚くと同時に、
「これはイカン、m2先生の優勝がクラッシュで消えるとは。レース終わってからGPLIPに血の雨が! 血で血を洗う争いが! バイオレンス! 恐怖!ネギを持って三三七拍子のリズムで姑を殴る鬼嫁! などなどな状況に!」
などと、かなり両者にダメージのあるクラッシュを茶化して良いのでしょうか。


とりあえず、m2&Nullpo両氏は、

 0:56:39 | m2> 何もおごってもらわなくて良いけど
 0:56:47 | m2> これからは面白いと思ったらすぐその場で wを!
 0:56:55 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

と、ここから始まりまして、

 4:32:05 | Nullpo> 殿、素晴らしいPCをお買いになってうらやましく
 4:32:23 | m2殿> うむ、そちも大分判ってきたようじゃ

と、途中から完全に「殿様と家来ミニコント」状態に入っていきまして、

 6:03:08 | m2> びっくりくりくりくりすてる
 6:03:28 | kazuki> 反応ないですね
 6:04:00 | m2> w
 6:04:06 | m2> 自分でこれからはwつけようかな
 6:04:13 | m2> それはさみしいw
 6:04:16 | kazuki> w
 6:04:18 | m2> 変だ・・・
 6:06:00 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 6:06:04 | m2> おそっ!

など、早朝まで飽きることなく続きまして、

 0:53:44 | m2> ぶらっと・ピットにはいっちゃだめだね
 0:54:20 | Nullpo> ハッ!
 0:54:22 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 0:54:30 | m2> おそい!数が多すぎて不自然!
 0:54:36 | m2> 目を離すなというとろうが!

次の日も、F1地上波最中にまだ続いております。
とにかく、血を見るバトル・茶碗の飛び交う喧嘩にならず、流石に大人の対応、というかまるっきり子供の対応な気がしないでもありません。



レースに戻しますと、クラッシュを見てちょっと減速しちゃったり&Barchetta氏のラストアタックなどがありまして
GPLPs_Watglen05.jpg
最終コーナーではこんななってましたが、
GPLPs_Watglen06.jpg
トップでフィニッシュ。

アクシデントがなければm2氏に追いついてなかった状況は悔しいですが、Barchetta氏より前でフィニッシュ出来て満足。
とはいえ、あと数LapあったらコレBarchetta氏に抜かれてるな・・・
色々ラッキーだったHeat1でした。


○Heat2 予選(偶数鯖)
Heat1のメンバーにRecoBre氏が加わり20名。
というわけで2鯖開催に。

これでもうBarchetta氏の状況とかレース中には分からない。
ので作戦は、
「とにかくポール取って、あとは逃げてやらかさないようにレースペースキープ」
だけ。

んが、予選またもや失敗w
ポールRecoBre氏に次ぐ2番手。
「やっちまった・・・」と正直思うものの、
 23:59:31 | Re子鯖> 今日5周しか練習してねーよw
という言葉を信じてレースへ!


○Heat2 決勝
スタートは何とか決まった感じ。
2コーナーでTopへ。
GPLPs_Watglen07.jpg
St.JoviteのHeat1でも書きましたが、皆様スタート直後が上手くなってる気が。
綺麗に並んでおりますです。

Lap2のLoop前ストレートで
GPLPs_Watglen08.jpg
後方RecoBre氏とはこの差に。
結構あるように見えますが、Reco氏相手だと一気に詰められる可能性のある差。
後はなんとかしてでも逃げるだけ。

前日の練習レースではRecoBre氏に追いかけまくられた、というか毎度の事ながら各コーナーで詰められまくってかなり不安。
特に1コーナーへの進入がひどかったかもしれん。
「タイヤに負担を掛けてはいけない」との意識が強すぎて、ターンインからそーっとゆっくりラインに乗せる感じで余計に遅かったのかな。

のでちょっと1コーナー(&その後2・3コーナー)を頑張る感じで。
ここで頑張っておけば、あとはストレート~Loop~バックストレートでEagleパワーで逃げられる。毎度の事ながら完全にEagle頼み。

これが功を奏したのか、RecoBre氏に詰められる事無く周回。
というか、RecoBre氏が帰宅直後で、全く事前練習出来てなかったおかげなのですがw

あとは見えない奇数鯖メンバーとのタイム争い。
最終コーナーが少し決まらない感じがあったんだけど、ペース的には練習通り・狙い通りだったかな。大きなミス・クラッシュ・ブローしなかったので上出来。
そのままフィニ~ッシュ♪
GPLPs_Watglen09.jpg
あとは奇数鯖結果待ち。



○結果
 Heat1:1位(1鯖開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖1位)

という結果に~。

Heat2の全体順位は、1位m2氏、2位ワタクシ、3位Barchetta氏、というものに。
Heat1のm2氏クラッシュ前と同じ順位でございますね。
勝てなかったという悔しさよりも「Bar氏の前でフィニッシュ出来て良かった・・・」という気持ちが大きいかな。
2Heatともm2氏にかなわなかった、という事はオレ様にまだまだ足りないモノがある、ということでございましょう。
Heat1では、その足りないモノを縁起かついだカツ画像で補ったのかもしれないw


全世界注目のポイントランキングは、
 131point:Dr.FeelGood
 124point:Barchetta氏

と、7ポイント差。
少しオレ様が有利に!

とはいえ、オレ様リタイア、Barchetta氏2位以上、で逆転される差。
うーむ、絶対にリタイアだけは出来ん・・・
Mexicoは1コーナーと縁石代わりのタイヤがイヤなんだよな・・・

まぁ何が起こるかわからないレースでございます。
ここまでのGPLPsでも、
 ・オープニングLapクラッシュリタイアを、KyalamiとMonacoで。
 ・ファイナルラップ回線落ちを、Brands Hatch 1967で。
 ・ファイナルラップブローを、Nurburgringで。
と色々経験してきております。
最終戦Mexicoで、何が起きても泣かない!
けど何も起きないで欲しい!

とにかく最終戦ですし、出来るだけ練習して、確実に完走出来るLv、そして戦えるLvに。
そうすれば、あとは「破壊ダー」が出ない事を祈るのみw



主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

Watkins Glen 当日 

本日から高校野球夏の甲子園大会が始まりまして、初日第2試合に登場しました和歌山智弁も無事勝利。
オレ様もその勢いにあやかりまして、今日のWatkins Glen戦を頑張りたい、のであります。


えー残り2戦ということで、ランキング等の行方も気になったりするんですが、そういう事を考えずに目の前の一戦一戦を大切に闘いたい、と思うわけなんであります(優等生的発言)。
いや、普通に勝ちまくりたいんですがw(本音)
オレ以外みんなボフっちまえ!(もっと本音)
オレ様以外寝過ごしてしまえ!(暴言)
おまえのかーちゃんでーべーそー!(妄言)

レースに向けての分析などはs.okada氏がしているので、オレ様は書く事ありません。
付け加えるとしたら、まぁ「オレ様はボフる」とか「Barchetta氏も密かにTimeを上げているわよ」ぐらいでしょうか!

というわけで、何も書くことがないので、レースに向けてここで自分向けに縁起でもかつぎたいと思います。
独自に収集した、カツ画像の数々。
敵に勝つ!

1216208588358.jpg
1216210953153.jpg
1216210014427.jpg
1216211155099.jpg
1216214489324.jpg
1216214746983.jpg
1217270349274.jpg
1217270850964.jpg
1217525287187.jpg
1217525325998.jpg

えー別に深い意味はありません、縁起かついでるだけです。
カツ画像貼るだけで勝つのなら、誰も苦労はしませんね!
んでも、少なくとも、アラビヤン焼きそばよりは美味そうなハズw

さぁ頑張るぞ~

Watkins Glen 前日 

GPLIPへ行く前に、前回書いたとおりスタートとループの練習をローカルで。
非常に真面目なDFGさん、レースを前にして練習に余念がありません。


まずはスタート練習から。
やはり練習すると成果が出ますね、

ほら、このとおりTimeでもスタート向上が一目瞭然。
心の目で見るとはっきり差が分かるはずです。

そしてがっつり実戦投入。
20080801start2.jpg
ああっ、スタート直後に芝に!
みんな待ってぇえええええええええええ!


スタートは何故かたまたま上手く行きませんでしたが、ループへIN側から進入の練習もきっちりやっております。
20080801loop.jpg
幾重にも重なるブレーキングでのグルーブ跡。
インからミドルまで、様々にラインを変えて試している事がお分かりになるでしょう。
ロックさせまくりではないのか?、などと無粋な事を言ってはいけません。

ここまでやればバッチリです。
さっそく実戦投入。
20080801loop2.jpg
ああっ、s.okada氏を!
すみませんすみません! 実は少しだけこうなるかもしれない、とは思ってました!


というわけで、練習にやり残した事はない、もうお前に教える事は何もない・・・、とは間違っても言えませんが、一応もう土曜日本番なので、諦めてレッツゴーです。
なるべくやらかさないようにします・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。