スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭文字戦-2「Z」(Final) 

昨日は頭文字戦-2 Final、Zだけど「Donnybrooke」。
1コーナーが高速コーナーというだけでなんとなくテンションが上がるw

んが、予選からGPLがフリーズ・落ちる人多発。
オレ様も2回ほど。
幸いCtrl+Alt+Delで戻って来てましたが、他の人はPC再起動とかしてたりで大変そう。早く戻れてた分練習出来た感じで、予選は4位。

んでレース。
これも落ちる人が多発。
オレ様はLap1で3位に上がりまして、しばらくすると2位走行してたm2氏が落ちたため2位に。
「ふはははは、オレ様以外全員落ちてしまぇええええええ!」
と、初代頭文字戦のどっかのコースで半分の人が落ちて勝利したのを思い出し(2007/11/20のOran Park戦だった)つつ、念を送りながら走るものの、半分ほど過ぎたところで自分が落ちるw
珍しくクラッシュしてなかったのに残念!
結局出走14名中、半分ほどの方が落ちちゃった様子。
まぁアクシデントもレースの内♪


その後はエキシビジョン戦。
Donnybrooke戦で3位だったNullpo氏の一声にて「Monza Covワンメイク Pro-L戦」に!

当然ここぞとばかりに張り切るm2氏。
鯖担当RecoBre氏がMonzaではなく「Monaco」で鯖を立てたのを、確認もせずに一目散にJOINする始末w
どうやらProモードという事も確認せずに走っていたらしい・・・

レースは、序盤混戦で楽しいぃ~、中盤単独で寂しいぃ~。
ラスト3Lapぐらいに、同じようにヒマで寂しく思っていたneGco氏が待っててくれて遊んでもらう。とりあえずレズモで突っ込んだりして迷惑を掛けるw

いやぁ、ワンメイクも楽しい。


その次は「筑波」を。
2年近くもGPLやってて、こんなにメジャーなコースを走るのが初めて。
Polar氏作だから嘘でも「DLして持っています」とか言っとけば良かった。

しかしラッキーな事に、前の日にrFactorでReco氏とLEVIN氏と三人で筑波をガンガン走っていたw
んなもんでコースはバッチリ、GPLで初とはいえサクサクと。
しかしレースでは廻りまくる、迷惑を掛けまくり。
皆様すみませんでしたたた・・・



えー「頭文字戦-2」皆様お疲れ様でした。
個人的にはもうちょい休まずに参加したかったんですが(それでも16戦出てる)、祖母が入院したりなんやかんやありまして、前回よりも出席率が下がっちゃったのが残念。

なんとか前回よりはコース覚えたりするの慣れたかなぁ。
クラッシュ自爆するのは全然直らないけどw
Covに初めてじっくり乗ってみましたが、それにもまぁちょいとは慣れた感じ。
次回があれば、もっと速い車に乗ることにしよう!

とにかく主催Polar氏、お疲れ様&ありがとうございましたー。


次のシリーズ戦は何になるんだろう、楽しみだ。
その前にオフラインの個人的目標でも決めようっと。
キライなMonacoでも練習しよかな・・・

スポンサーサイト

FreeTrack 

こないだWebカメラ使って「ARToolKit」をいじってみたわけですが、実はもう一つやってみたい事がありまして。
それは、WebカメラとLEDの組み合わせにて、「タダでTrackIRと同機能を提供する」という「FreeTrack」というソフト。

去年RSJのフォーラムにて、このFreeTrackを紹介するスレッドを見てから、
「買えば25000円ぐらいするTrackIRがタダで出来るなんて!」
というあさましい根性に火が付きまして、やってみたい~、と思ってたのであります。

海外のツールなので英語読むのめんどくさい(というか開発はフランスなのかな)ので、なんとか勘で作ることにw
公式サイトには色々解説PDAとかLED回路の計算とかあるんですが、
「とりあえずLEDが光ってWebカメラに映せば動くっぽい」
という事を信じて作成(いい加減さ爆発)。


LEDの数(1、3、4個)と並べ方(帽子に装着タイプとヘッドフォンクリップ型)で、4種類のパターンがあるらしいんですが、今回は
「LED3個使用のヘッドフォンクリップ型」
にトライ。

FreeTrackソフト本体のSetupページ画像が分かりやすい感じかな、
Freetrack01.jpg
軽い説明が左に、そして右側にあるサイドから見た図&正面からの図(Model Dimensions)にある、赤い点の通りにLEDを配置して光らせてやればイケルっぽい。

んで早速作ってみました♪
Freetrack02.jpg
(Webカメラとヘッドフォンクリップ部分)
すげーしょぼいw
というかうさんくさい、こんなので動くのかどうなんだw

とにかく安さに惹かれて作成したためですね、Webカメラは置いておきまして、
 ・LED 1個:壊れて放置していたフロッピードライブから引きちぎる
 ・LED 2個:外付けSCSI HDDケースに付いてたのを抜いてきた
 ・電池ケース:電気屋さんのくじ引きでもらった「ハンディ扇風機」のモーターと羽根をはずしたダケ
と、材料費ゼロ!でお送りしておりますw

3つとも種類の違うLEDを「光ればいいんだ光れば!」と一応全部3Vで光ったため、適当に配線してプラ板(というかビデオテープのケースを切って作った)モノにビニールテープで貼り付けて完成!
上の図と同じ配置になってるからイケルハズw


この時点で、FreeTrackを立ち上げてテスト。
Freetrack03.jpg
に、認識したよママン!

右の黒いスクリーン内に、3つの点があるのがお分かりになるでしょうか。
この点が、それぞれ発光してるLED。
キャリブレート(といってもセンター合わすだけ)してやって適当に動かすと、左側のガイコツっぽい顔が連動して動く形。
あんなしょぼいモノで動くとは・・・ 作っておいてなんだがびっくりだ・・・


とはいえ、ここで少しLEDの認識等で試行錯誤してます。
 ・カメラのセッティングとFreeTrackのセッティングで、きっちりLEDの発光だけを認識するようにしてやらないとダメ
 (今回の場合、部屋を少し暗めにしないとダメだった)
 ・本来はWebカメラの性能30fpsで認識して快適な動きになるんですが、自分の環境だとfpsが13ぐらいにしかならなかった
 (Webカメラとの相性だったりドライバの出来だったりするようです。Settingで詰めれるっぽいんですが、そこまでやってません。)

特にカメラのfps調整では試行錯誤。
ドライバで勝手に動き補正入れたりして、LEDが点滅してるように認識してカメラ性能以上のfpsが出てどーにもならんかったり(モーションブラーみたいに認識される)。
マジで使用するならカメラの選び方も大切そう。

とはいえ、オレ様は遊びなので低めのFPSで十分。
動けばいいのさ、動けば♪


とりあえず認識して使えそうなので、ヘッドフォンに装着。
サイドから
Freetrack04.jpg
ものっっっすごいカッコ悪いのはキニシナイ!
サイドから見てLEDが図の配置になってるのが分かって貰えればw

正面から
Freetrack05.jpg
(モデル:ハロ)
正面から見るとLEDが縦一直線気味に。
ほ、ほら、電池ケース部分とかが髪飾りっぽくてカワイイ!!

えーと、この時点では正直言いまして、
「こんなもんで使えるのかよ・・・」
と思っていますw


次は「GPLで使えるように」セッティング。

とはいえ、導入は簡単。
ソフト自体の細かい調整しだすとキリはないと思うんですが、一応FreeTrackサイトでGPL用の設定・調整ファイルが配布されてたりしたので、それを入れる(多分入れなくても動く)。
あとは、
 ・FreeTrack.exeを「TrackIR.exe」にリネーム
 ・GPL側に「GPLShift+」を導入
コレだけ。
GPLShift+の設定も不要、TrackIRは勝手に認識してくれてある程度の設定も元から入ってるっぽい。


んで立ち上げてみる。
Freetrack06.jpg
おおお、簡単に「TrackIRとして」認識している!
縮小画像だと分かりづらいかな、クリックするとデカイ画像開きますが、一応紫色の文字で
「Enabled NP TrackIR Unit Support」
と画面下に出ております。


コクピットで顔を動かしてみるテスト。(元の解像度1024x768)

Video: Freetrack Test 1
上に書いたように、WebカメラのFPSが13しか出てない(本来は30fps)ので、少々ぎこちないですが、ガッツリきっちり顔の動きに反応!
ここまで動くとは思わなかったw

あ、GPLとFreeTrackだけだときっちりGPL自体は36fps出るんですが、動画撮るためにFraps動かしたため、30fpsぐらいに落ちてます。それでもう少しぎこちなさが出てるかも。
(通常使用解像度1680x1050だと、Fraps使うと25~26fpsぐらいに落ちたため、1024x768でキャプ)

Monza一周してみるテスト。

Video: Freetrack Test 2
うーん、やはり1画面だと恩恵とかほぼないですねw
んでも雰囲気はなんとなく分かるかしら。

とはいえ、本物のTrackIR使ったことないからこれで正常動作なのかがわからないw



お試し程度に使ってみましたが、Webカメラをしっかり動作実績あるもの選んで、LED部分もきっちり作れば、普通に使えるモノになるのでは?、という個人的感想。
作る前までは「どーせきっちり動かないお遊び程度のモノなんだろ~?」とか思ってたのが良い意味で裏切られた感じ。
あのオレ様のいい加減な作りで動いたのが凄いw

三画面で使ってみたいなーコレ。

頭文字戦-2「Y」 

昨日の頭文字戦-2は「Y」ながら全トラックから選択ということで、あの「Monza10k」が!
良かったねm2氏、「サイコロで出た!」とか嘘を付かなくて済んで(涙
オレ様もネタムービーを作ったのが報われた感じがw


とにかく予選からm2氏が速い。
「Jill氏がもっと速いTime出してた覚えが」とm2氏は言っていたものの、GPLRank登録Timeで見るとWorldRecordの2:16.296。
調子に乗るから誰か抜いてあげてクダサイ。

オレ様は一秒以上離されての2位。
こないだまでMonzaガンガン走っていたというのに・・・
やはり微妙な違いで色々とまどってしまう、適応能力無しw


そしてレース。
スタートはm2氏よりマシ、ながら前に出る事は出来ず。
オープニングラップ毎度の事ながらレズモで地味にコケ気味、壁走りw
それでもなんとかめちゃめちゃ離される事はなく、m2氏を1秒ちょいぐらいの差で追いかける。
(m2氏もブレーキポイントとかの違いでMonzaに比べて微妙に乗れてない感じ)

そのまま追いかけて、Lap2のパラボリカ立ち上がりでm2氏がフラついたところで接近。
テールトゥノーズのバトルへ。
(Monza10kなのでこの後オーバルを過ぎてからLap3へ)

まぁm2氏にはMonzaで結構遊んで貰ってるので、2人で走る場合の大体の感じは。
こっちの力量に合わせて遊んで貰う感じなので、ちょいと安全というかヌルめ気味で、
「コーナーへ入る際は早めにIN側OUT側に分かれて、コーナーもそのままのラインキープ」
というオカマ防止しつつ長く遊びましょう、という暗黙のルールw
(当然、上手い人と走るときはm2氏も走り方変えてると思います)
大体後ろに居るオレ様が、コーナー立ち上がりを上手くやって如何にスリップ付いて次のコーナーへ向かうか、を練習させて貰ってる感じでしょか。

もうちょいオレ様が上手くなれば、ブレーキングで後ろに付きつつプレッシャー掛けたり掛けられたりとか、ターンインできっちり位置関係把握した上でIN締めに行ったりとか、高度になってくるんでしょうが、まだまだダメw


んなわけでいつも通りの感じでLap2のオーバル部分、Lap3の本コース部分、と必死で追いかけ。

んが、パラボリカで失敗。m2氏をサンドトラップへ向かわせてしまう。
(Car No.8:m2氏、No.15:オレ様)

monza10k_01.jpg
IN側オレ様、OUT側m2氏、と分かれてのブレーキング。

monza10k_02.jpg
しかしオレ様ちょいとオーバースピード目、というか落ち着けばミドル気味で十分抜けれるスピード。
しかし慌てて切り込んで、内側の縁石にインフロントタイヤ乗り上げてアウト側へ飛び気味に。

monza10k_03.jpg
アウト側ラインをキープしてたm2氏の前へ躍り出る感じに。

monza10k_04.jpg
一生懸命回避しようとしてくれるm2氏。
芝を踏んだか軽い接触だったのか、スピン(申し訳ございません申し訳ございません)。

monza10k_05.jpg
オレ様一応コースオフせず立ち上がりかけたものの「m2氏ごめんなさい!」という強い悔恨の念から単独スピン。皆様をお見送り。
(避けて頂く際にneGco氏にもご迷惑を)

m2氏すみません申し訳ございません許してクダサイお願いします。
ある種ここに賭けていたハズ、のm2氏の邪魔をしてしまいました!
完全にオレ様の力量不足からのミス!
もっと上手くなっていつか恩返しを・・・


これで5位まで落ち。あとはもう淡々と走行しつつ、気が付いたらご迷惑をお掛けしたm2氏の1個前の3位でフィニッシュ!
ああ、なんてオレは悪いヤツなんだ!

すみません、もうちょい修行しまして、楽しいバトルを展開出来るように・・・
そのためには、練習でもっと当てないとイカンな・・・ 覚悟してね♪

ARToolKit 

昨日ふらふらお買い物に行った際、メルコ、あいやこう呼ぶと歳食ってるのがバレる、えーとBuffaloのやっすいWebカメラを購入(2000円ほど)。

別に自分のきたねぇ顔を晒そうとかそういう目的ではなくて、
「ARToolKitを試してみたかった」
ってな理由。

ARToolKitとはなんぞや?、ってなのはオレ様全く理解していないので、説明出来ませんw
ニコニコ動画とかでチラっと見たりしてる人は多いと思うんですが、どなたか理解してる方、解説してくださいw
こちらのサイト
「ARToolKitを使った仮想現実感プログラミング」(工学ナビ内コンテンツ)
で簡単な解説、手っ取り早い使い方、知りたい人へのリンク等ありますので興味のある方はどうぞ。


とにかくオレ様、ニコ動でこのARToolKit使った動画見て
「すげぇええええええ近未来だぁああああああ」
とか驚いてしまいましてw
もうあれですよ、こういうのが進化しまくるとですね、筒井康隆の「20000トンの精液」(タイトルはアレですが面白いSF)の世界がですね、あーなってこーなってバーチャルであんな事やこんな事が!!(ご想像にオマカセ)


最初に見たのは、確かZZZ氏辺りに教えて貰った初音ミク題材動画(というか初音ミク関連多すぎ)なんですが、オレ様Vocaloid使って歌わせてる割にはキャラ萌えはしてないので、別の題材のが好き。オレ様が萌えるキャラは、ひこにゃんだけです。
とはいえ、ミクを外すわけにはイカン気がするので、


他はこの辺りとか


これとか

どうなってるのか良く分かりませんw


んで「どうなってるのか良くわからん!」だと悔しいので、自分でちょっとだけやってみる♪、ということでWebカメラ買ったわけでございます。

とりあえず
「正方形のマーカーをカメラで撮影すれば、そこ(カメラを通じてPCの画面内に映ったマーカー)にリアルタイムで3Dオブジェクトがオーバーレイ表示される」(らしい)

サンプルプログラムで表示させるだけなら簡単に出来たんですが、綺麗な3Dモデルを表示させたり動かしたりするには、モデリングツールとかプログラミングの知識が確実に必要。
残念ながら両方とも持ち合わせていないので、動かない図形とか文字とかしか表示させられませんでしたw

Video: ARToolKit Test
なんとか使ってみて少しだけ雰囲気が分かっただけ、ってな感じでしょか。

GPLのマシンとか表示させてみたいんだけどな、オレ様の技術ゼロ状態では無理!


んでもなんつーか、近未来の技術にちょっと手を触れてみた、ってな感じで満足。
あー3Dでひこにゃん表示してぇw

頭文字戦-2「W」 

昨日「W」の部は、Willow Springs - Grand Prix of California。
カリフォルニア=薄着のねーちゃんが多い、というアホな認識を持っているオレ様ですが、どうやらWillow Springsというコースは砂漠地帯にあるらしい。コース脇に水着のねーちゃん乱立、の夢破れる。
コースのグラフィックもどちらかというと殺風景な感じだった・・・

レースはProモードの18Lap。
フィニッシュ直後に回線落ちして、リプレイが撮れていないため細かい事を確認出来ない。なのでうろ覚えでテキトーに!


予選。
ランオフエリアが広くコーナーも自由度が高いというかてきとーなラインを取っても走れちゃう感じだったので、ProモードとはいえShift+Rが要るようなクラッシュは少なめ。
なのでコース自体を覚えるのにはさほど苦労せず。

んが、コーナーの自由度の高さとか背景が殺風景だったりするもんで、ブレーキポイントを詰めるのに苦労する、というか微妙につかみ所が無い感じで進む。
こういうコースのライン・ブレーキポイント等をスーっと取れるようになりたいな。

あと、ギア比で一人アタフタしながら迷う。
4速まででイケルか、5速まで使うか・・・、とか迷っていたものの、今考えると基本の「まずトップエンドを合わせる」というのをすっかり忘れて、コーナー毎に2速やー3速やーなどと合わせていったのがイカンかった。
全くの初心者風味であるw

一応予選は2位。


んでレース。
2位グリッドが1コーナーに向けてIN側だったため、1コーナー立ち上がったところでTopに。
「ふはははは、前回Valeみたいに逃げ切ったるんじゃあ!」と張り切るも、2Lap目のどこかでコースオフ、TOMS氏に抜かれる。2位へDown。

後方3位にはRecoBre氏。
「昼間にF1予選をCSで見たようなブルジョワ階級に、貧乏人のオレ様が負けてたまるかあ!」と頑張るものの、どっかでオレ様コースオフかスピンかなんかして抜かれる(いやホントにリプ無いもんで思い出せん)。
3位にDown。

2回もコースオフするとテンションも下がるので、次はワーワー言うヒマもなくふつーにコースオフしてる所をAkaty氏に抜かれる。
4位にDown。

あとはカッコよく前車を抜いてポジションUP!
などという事もなく、コケているのを抜くのみ。

Akaty氏がコケたのを抜いて3位へ。
コケる前にホームストレートでスリップから抜くチャンスがあった覚えがあるのだけれど、スリップから出るタイミングを間違えて抜けず終いに終わったのは内緒。超かっこ悪い。

しばらく前方Reco氏(4~6秒ぐらいの差)を淡々と追いかけて、全く追いつかないので泣きそうになりながら走り、どっかでコケていた横を嬉々として手上げしつつ抜く。

んで2位になってそのままフィニッシュー。


うーむ、やはりリプ撮ってないといい加減さに拍車の掛かったレポしか書けん・・・

頭文字戦-2「V」 

昨日の頭文字戦は「V」、Vale Road Course。
こんな形のコース。
Vale Road Course

これを見て、予選開始直前にAkaty氏が
 22:04:40 | Akaty> デイトナの上級コースみたいなレイアウトですよね
と言ってたのが気になって「そんなに似てたかなぁ」とSEGA SATURNのDaytona USAの説明書を引っ張り出して見てみますと・・・

daytona_vale.jpg

に、似ている・・・ というか、完全にパクリちっく!

Track付属のRead Me読みますと、
「A fantasy track with some inspiration from tracks I have driven in other games.」
と書かれていたので、Daytona USAにインスパイアされたのは間違いないのかな。

走ってみるとハイスピードサーキットに仕上がっていて、かなり楽しく面白い。
GPL TrackDatabaseのVoteを「Fun」でソートしてみるとかなり上位(563tracks中19位)。
まぁ投票がアテになるとは言えないけれど、かなりの人が楽しさを認めているのは間違いなさそう。
こういう、元ネタにきっちりアレンジが加えられて面白く仕上げられているコースを「パクリちっく!」とかいうのは失礼ですねw


んで予選。
1Lapが2分40秒ちょいと長い事、コントロールラインとピットが離れている(1979のロングビーチみたい)だったりと、走り始めはちょいと混乱。
そのうち、コース前半がちょっとテクニカル、後半がハイスピードめ、と大まかな違いとか、各所メリハリあるので結構頭に入り出す。

あと、オレ様が苦手な「長いストレートエンドで思いっきり減速して低速コーナー」とかがほぼ無くて、ストレート→中速コーナーを挟んで→低速コーナー、という感じだったので、さほどブレーキポイントとかに気を使う必要が無くて良かったw

てなわけで、長いながらもポイントポイントは頭に入る感じで、楽しみつつ走って予選は2位。


そしてレース(9Lap)。
スタートしてしばらくのS字というかシケインというかそんな所で、いきなり軽くガードレールに当てつつフラフラ走るw
ガードレールがなかったら、いつも通りの「コースオフ→最下位」になっていたに違いないw

その直後、TopのTOMS氏がスピン、上手くかわせてそのままTopに(棚ぼた)
何台かは抜けてきたものの、後続はかなりの混乱状態に(ラッキー)
Topになってヒーコラ良いながら走るものの、後方の車は単独クラッシュで差が開く感じ(ふはははは)
Topに立っても、クラッシュして足曲げてペースダウンで追いつかれる、ってのをこないだの首都高で経験してるので、かなり丁寧に(ナイスな学習能力)
んでもやっぱ調子こいて走ってLap5で単独スピン、泣きそうに(ハートが弱い)
丁寧に走ってたらLap6過ぎたくらいで後方との差が30秒ぐらい開く(小さな事からコツコツと)
この差なら「一発ミスしても大丈夫!」とお気楽に良い感じに前向きに調子に乗ってペースもちょいと上がる(素晴らしい相乗効果)

んでもってそのままフィニーッシュ(祝勝利!)


レース終了後も、面白いコースだったのでもう一回走る事に。
いやー楽しいコースだった。
元ネタのDaytona USAも走りたくなってきたな、確かジェフリー像とかが建ってた覚えがw
んでも、サターン出すのめんどくさいからやめようw

頭文字戦-2「U」 

mujina2031氏が、kazuki氏の「ちとリス他」(ちとリスタートの誤字)に何故あんなにハマっていたのかが謎、の昨日の頭文字戦w

えーと、「U」ですがTrack数が少ないということでサイコロコロコロの結果、Dijon-Prenois 1973。Dijon Short、と言った方が通りが良いんでしょうか。

「リア・ディジョン!」というナイスダジャレを思いついたのですが、パリス・ヒルトンを筆頭に外人女性スキスキーなZZZ氏に拠ると「リアは旬を過ぎて劣化している」という事なので、このダジャレは封印する事にします。


さて予選。
Shortは初めてでしたが、普通(?)のDijonはGPLとGTLで何度か走っていたためコースはすっと頭に入る。
1Lapも短い(1分8秒程度)ので、周回数を稼ぐ事も出来て色々試せる感じ。
予選結果は2位。んでもみんな僅差。


んでレース。Int-L 22Lap。
スタートは普通、しかし1コーナーへ向けてイン側だったため、1コーナー立ち上がりでTopに。
そのまま、オレ様としては珍しい事に、
「コケずに6Lapもの間Topに立っていた。」
珍しいw

しかしながら、7Lapに入るホームストレートで、TOMS氏にスリップからスコーンと抜かれる。
その後、すぐコケるw
TOMS氏もコケてたので、オレ様の順位は2位のまま変わらず、Akaty氏が先行してTopに。

Akaty氏を追いかけるものの、徐々に離される形。
そして、後ろからはPolar氏に詰められる。

数周は頑張ったものの、Lap13の1コーナーでブレーキ失敗してコースオフ。
Polar氏も同時にコースオフしていたものの、復帰で遅れてオレ様3位へ。

今度はPolar氏を追いかけるものの、徐々に離される形。
そして後ろからは、むじなーマスクではなくmujina2031氏に詰められる。
さっきとパターンがほぼ同じ。

似たようなペースで走っていたのですが、底力の違いというか、左フロントタイヤをもう熱々にしてフラフラな感じ、そして「縁石に乗せたら回っちゃうかも!」とチキンな走りに徐々に徐々に陥ってペースが上がらないオレ様。
この辺りの根性のなさが弱点っすね!

終盤残り3周のLap20、オレ様乱れた所をmujina氏に抜かれる。
んがmujina氏も乱れ気味、オレ様また前へ。
その際のmujina氏、どこかでショートカットしたらしくペナ。

リプ見ると、ワタシに突っ込むのを避けてコーナーのインに逃げてくれたようにも見えるのですが、そうだったら申し訳ない、というかオレは悪いことしてません!
多分、首都高で突っ込んだのが頭をよぎったにチガイナイ!
あのまま突っ込む→ショートカットペナも貰う→ペナ無視でDQ、ぐらいやっていただけたらDQⅡ動画が出来たのにw


そんなこんなしてた直後、背後にTOMS氏が。
残り2周だったのと、7Lap目にスリップでさっくり抜かれた事もあり「同じパターンではイカン」と頭脳派なオレ様はホームストレートをIN側キープしてあがくw
ストレートエンドではちょいと前にいかれてましたが、IN側だったのでなんとか粘る。
んが、その後しばらくしてコースオフした際に抜かれる。
無駄な努力であったw

これで4位になってファイナルラップへ。
このまま終わりかー、と思ってたら1コーナーで前のTOMS氏がコースオフして3位に。
ラッキ~、と思うものの、まともなバトルして一台も抜いてないw
うーん、いつも通りだw

んでもって3位でフィニッシュ。結構疲れた・・・


うーむ、やはり画像が無いとレポが分かりづらい・・・

頭文字戦-2「S」 

頭文字戦「S」の部は皆様ご存じ、GPLアドオンコース日本人製作第一号(この認識で合ってますよね?)な、「首都高」。
追記:日本人製作第一号では無いです、私の勝手な思いこみでした。
正確には「現在RSJにある”トラック作製マニュアル”を見て作製された第一号」でしょうか。
shutaro氏ご指摘ありがとうございます & 作者の皆様方失礼をば致しました。


個人的には、フラワーカンパニーズというバンドの「深夜高速」(Youtube)という泣けるド名曲を思い出して、んでこの曲・歌詞が大好きでたまらないのですが、こういうバンドがメジャーからインディーズ落ちしている現在の日本のミュージックシーンを憂ううんぬんかんぬん、ってのはこのBlogの守備範囲外だから止めようw


んでもって首都高。レースは8Lap。
とにかく、今回のレポはきっちり書かないと、ポイントが貰えないw
(理由は後述)

1Lap 4分ぐらい、なのでオレ様は予選で覚えきれませんw
とにかく壁にガンガン当たりながら、というかTimeUpよりも
「壁に当てるのが徐々に上手くなる」
という情けないながらも確かな成長wを感じつつ、予選は2位。


そしてレース。
スタートが決まり、後方のクラッシュなどもあってTopに立つ。
Lap2にもTopで突入。

後方2位は、mujina2031氏。約9~10秒のギャップ。
3、4位の詳しい状況は分からないのだけれど、20秒程度のギャップでTOMS氏とAkaty氏が入れ替わってる感じだったかと。

Race laps
Lap 0: 45.603s
Lap 1: 4m01.451s [Off the track]
Lap 2: 3m55.150s [Off the track]
Lap 3: 3m54.679s [Off the track]
Lap 4: 3m53.269s
Lap 5: 3m53.076s [Off the track]

という感じで、壁に当てつつも淡々と走る。
後方の状況は、上記に書いた感じでほぼ変わらず。


Lap6の最終コーナーで単独クラッシュ、ひっくり返る。
shutoko01.jpg
一気に後方2位のmujina2031氏との差がつまるものの、
shutoko02.jpg
mujina氏も付き合って同じところでひっくり返っていたw


ほっとしたのもつかの間、Lap7の途中で、壁に当てすぎて足回りを曲げてしまう。
左コーナーが曲がりづらい状況。
右コーナーが多いコースとはいえ、確実にペースダウン。後方との差が徐々に詰まる。

そして遂にファイナルラップのLap8で捕まる。
shutoko03.jpg
(Akaty氏、TOMS氏、オレ様、mujina2031氏の順)
4台が僅差に!白熱の展開!

そしてそのまま最終コーナーへ!
なぜかこの4台が全員クラッシュw

前でAkaty氏が回ったのを見て、「うひゃ~」と思ったオレ様が白煙上げつつブレーキを踏んだのを見て、後ろのmujina氏も焦ったのか、
shutoko04.jpg
オレ様にオカマ!! キャー!
この後、勢いで前のAkaty氏に突っ込んで空を飛ぶ!


んで、オレ様ですね、Polar氏Blogにもあるんですが、この後が問題でしてですね・・・

走り慣れてないコース、という事もあったんですが、オレ様テンパったというかクラッシュで脳震盪起こしたというか空飛んで目が回ったというか、「あーもうちょっとでゴールじゃ~」とか考えつつ、方向を確認せずというか魔が差したというか、なぜかゴールと逆の方へ!!

当然、ゴールへ向かう他車、今回はPolar氏と接触寸前に!!
shutoko05.jpg
すみませんすみません許してクダサイ許してクダサイ。

んでもって、逆走したため当然の如く「DQ」で終了・・・


んでも主催者Polar様は優しいですね!
 23:27:08 | しろくまくん(polar)> んまー追突でのことだから3位かな。
おお、ポイント貰えるんですか! 流石師匠!

 23:33:33 | しろくまくん(polar)> 最終LAPのゴールシーンの動画作成で3位としますか。
あ、アレ・・・ タダでポイントくれるんじゃなかったんですか!

最後には、
 23:34:24 | しろくまくん(polar)> 大変だから言葉だけで可。
となりまして、今回一生懸命レポ書きましたw
これでポイントゲットだ!ふはははは!

とはいえ、迷惑掛けてすみませんでした・・・




んでもやっぱ「動画作れ」とある意味ネタ振りされてしまったので、作りましたw
CCMを使わず、デフォのカメラの映像だけ、という超いい加減さですが、まぁこんなもんで!

MSNというかWindows Liveで「Sky Drive」ってオンラインストレージサービス(1回のUPファイル50MBまで、全体容量は5G)が始まったらしいので、ここに動画をUP。
  initial_shutoko.zip
DLテストがてら落としてみて頂ければ(フォルダっぽい画像クリックかちょい左上の「ダウンロード」クリック。サインインしてなくても落とせるハズ、一応確認済み)。
でもDL重いかもしれん・・・ いざとなったらまたNullpo氏の所借りようw

久々にキャプ動画撮ったんですけど、AAが効いていないというか荒い・・・
ワイド液晶に640x480を表示する為に、VGA(GeForce)側でアスペクト比固定拡大表示設定して、それをFrapsで撮ったのがダメなのかなぁ。
ちょっと試行錯誤してみまっす。
今回は荒い動画で我慢してね♪

図書館いてきた 

こないだの土曜か日曜のチャットで、Sin氏が
「新ハイスピード・ドライビング買おうかなぁ」
とか言ってました。
学生時代にダートラや林道走りつつPD(プレイドライブ)とかスピマイ買ってた時、代わりにこの本買ってりゃ速くなったろうに!(ド失礼)
ケチなオレ様は「図書館で探して借りてくれば?」とセコいアドバイスをしたのですが、大田区の図書館にはあったのでしょうか。さりげなく個人情報を織り交ぜるヒドイBlogです。

超有名本でもある「新ハイスピード・ドライビング」。
オレ様もNB2006の頃ですかね、図書館で借りて読みました。内容は難しくて良く分からん・・・、といった始末w
著者のポール・フレール氏死去のニュースがつい先日。んでSin氏が購入を考えてる話とか聞いてますと、また読みたくなりまして「今度こそ理解してやる!」ってな勢いで借りてきました
hon01.jpg
有名な本ですし、GPLerの中でもEvo氏とかが推薦本に挙げてたような覚えがあるので説明は要らないかもしれませんが、
hon02.jpg
えー、ポール・フレール先生が「溝走り」を解説した本です!
流石にイニDなんかよりずっと説得力が!
いや、本当に真面目な本ですw

真面目すぎてですね、オレ様みたいなモンには難しすぎるのでございましてですね、どっちかといいますと、
「読むだけでGPLが2秒速くなる本」とか
「1日15分GPLをプレイするだけで一ヶ月15万のおこづかいが入る秘密」とか
「淫辱のGPL -濡れたレーシングスーツ」
とかこういう本があればですね、もう必死で読むのですが。

とにかく今回はじっくり読んで、何か少しでも理解orヒントを得たいと思いまっす。



今回だけでなく、オレ様は図書館を良く利用しておりまして。
地理的に「図書館まで自転車で3分」という近さもあるんですが、
「数年前から、ネット上で図書館の蔵書検索が出来るようになった」
というのが大きいです。
事前に借りたい本・興味ある本調べておいて図書館行ってサッと借りてくる、というのがもう便利。地理的に近いという以上にこっちで身近になった感すら。

事前に調べずに図書館でウロウロしながら探すのも好きなんですけどね。
ウロウロしてると、
「70歳ぐらいのおばあちゃんが”電子デバイス入門”ってな本を読んでいる」
ってな光景に出くわしますし。何するつもりやねん、おばあちゃん・・・


んで、GPLをプレイするようになってからは、当時のF1の事が載ってる本を良く借りたり。
今回で借りるの3回目なんですが、
hon03.jpg
レーシングオンに連載してたのをまとめたヤツらしい「F1全史」。
1950年からのF1史を1冊当たり5年ごとにまとめた本なんですが、一冊4500円とかするのでセコイオレ様にはとても買えないw
こういう高い本は図書館で遠慮無く借りる事にしております。税金払ってるし!
写真いっぱい載ってて読んでると楽しい本であります。

あとはちょっと古めの本とか。
中村良夫氏の著書が好きなので、今回は2冊ほど(これらも再読)。
hon04.jpg
中村氏の本は、流石に当時のホンダF1チーム監督だけあってエピソード等興味深く面白いんですが、それ以外にもご自身が描かれた味のあるイラストが入ってて好き。
'66年のワトキンスグレンで「ケン・ティレルおじさんによるガレージ失火」イラストとか面白いw
hon05.jpg
ガレージから火が出て、各車を外に出すためにみんなで運んだらしいんですが、ホンダ・マトラ・H16シリンダーのBRMは重くて運べなかった、とか。
各車何人で運べたか、ってなのがイラストになってますが、一年違いとは言えGPLの車重と似たような感じですかねw

1967のMonzaイラストも良い味が。
hon06.jpg
本の中身を写真で撮ってBlogに載せて良いのだろうか。きっとダメに違いない。


あと今回は、
hon07.jpg
ってな本も借りてきたので、Hirame氏がどんなスピーカー作ったのかとか調べたいと思いますw

頭文字戦-2「P」 

昨日の頭文字戦は「Parco del Valentino Torino 1955 - Circuito del Valentino」。

ほぼ似た名前でVer.1があったり、PなのにTrack名が「Turin55」だったり、その上Replayだと「Valentino」で保存されたり、などなど名前に落ち着きが無いコースw
市街地コースで、コース脇は歩道だったり藁束だったりとエスケープゾーン無し。
こういうコースをオレ様が速く走れるわけがない、というかクラッシュ必至w
ただ、各コーナーはちょいと広めで走りやすかったかもしれない。

コース自体は凄く作り込まれてる印象。
リプレイ見て再確認したけど、各所のテクスチャがきっちり作られてて素敵。
プラス、個人的印象だと「木・植え込みの使い分けがバツグン」。色・高さ・種類の配置を丁寧に丁寧に考えて作り込んでるナー、と感心。
なもんで、コースの雰囲気に入り込む事が出来て、走ってて凄く楽しい。

個人的にはかなり気に入ったコース。レースでどうか、とかは別としてw


予選は10分ほど遅れてJOIN。
んが、まだAkaty氏しかTimeを出していない状況。
難易度高めで皆様苦労してる様子。
その後も、Timeを伸ばすという感じよりも「ノーミスで行ってTime出す」という感じになってたのかしら、皆様Timeを徐々に出すというよりも一発当てる感が漂っていたw
リプアナのLap Chart見ても[Off the track]の連発。
まぁコースの難易度自体以外にも「色々ラインとかブレーキポイント探りたくなる」ようなちょいとクセがある、というか誘うコースwだったので、仕方ないのかも。
オレ様も一発当てたようなTimeで予選2位。


レースは、PPのAkaty氏がスタート出遅れ。
PPの位置からはスターターが見えないらしいw
「ラッキ~♪」ってなもんで、オレ様Topで爆走。

んがいつも通り、
torino55_01.jpg
オープニングLap半分も行かないウチに、単独で藁束に乗り上げ、皆様お見送りw

頑張って追い上げー、とか張り切ってたらLap3で、
torino55_02.jpg
kazuki氏にオカマ、思いっきり吹っ飛ばす。
オレ様が100%、というか状況的に500%ぐらいオレ様が悪い。
すみませんすみません許してクダサイ許してクダサイ。
とりあえず、kazuki氏を放置して逃げる。ああオレ様はなんてダメなヤツなんだ。

その後はもう単独走行。
kazuki氏を放置した罰でしょうか、ファイナルラップへ入る~とほぼ同時にブロー。
torino55_03.jpg
実は燃料が切れかけてて丁度良かった!、ってのは内緒だよ♪

Shift+Rして燃料補給をし(いや違う)、そのままマッタリファイナルラップ回って3位で終了~。


うーむ、やはり気に入ったコースだと、きっちり画像撮ってレポでも書くか!、という気分になる。
レポの中身は適当だけどw

Monzaもんつぁ 

この間からちょこちょこ書いてる、というか具体的な事はサッパリ書かずGPLRankのSSだけ貼って「ふはははは、m2氏ね!」とかだけですが、ここ数週間オフラインでMonzaばっかり走ってタイムアタックしております。(今のところFer・Eag・Lot)
丁度m2氏のTimeが良い感じの目標になっておりまして、課題的な感じで楽しくチャレンジ中。

そんな流れがありまして、こないだの日曜深夜、m2氏とMonza談義(いつもの通りm2氏が延々と蕩々と長々と自分の事を喋る談義、真面目な走りのヒントが隠れてたりするので聞き逃せないので疲れる)をしていました際、
「次はRepで27秒台を狙ってみてはどうか」
との提案が。

Repの27秒台は、m2氏もまだ出して無い状況。
今までのようなm2氏の持ちTimeでは無く
「自分でまだ出してないTimeを、目標としてオレ様に与える」
という事はですね、やはりm2氏が心のどこかで「負け」を認めた、という事に他ならないでしょう!


月火水、そして今日木曜日、とかなり苦労しましたがなんとか出ました。
monza_rep.jpg

ふはははは、m2! Monzaの事ならオレに聞け!

頭文字戦-2「O」 

昨日は頭文字戦-2、Oulton Park MC。
アンジュレーションが結構あって、最終コーナー手前とかRollarCoasterのスタート地点ぐらい傾斜あるんじゃねーか(いや多分そんなにはない)と思わせるような作り。
各コーナーもちょいとクセがあって面白い。
メリハリが効いてる分、覚えやすい感じかしら。

ギアだの足回りだのに悩みつつ、予選は4位。
レースはいつも通り、Lap1でやらかしましたw
outlon_ana.jpg
(オレ様赤色)
うーん、どうにもやらかすクセが直らないw
まぁ、Lap1でコケなくても、どっかでコケてる、というかコケまくったので結果は同じ!
てなわけで、結果は7位フィニーッシュ。

こういうコースにすぐ順応出来るようになればなー、まだ修行が足りん。

頭文字戦-2「N」は出てないけれど 

昨日は頭文字戦欠席。
21時過ぎからスーパーへ2割引・3割引・半額のおつとめ品を買いに行ってそれから夕食、というスケジュールでは出るのを放棄していたも同然w

ゴハン食べてお腹いっぱい&酔っぱらいで仮眠、その後午前3時頃にGPLIPへ。
大人の生活リズムとは思えない。
なんか22時前からコメント欄に「仮眠」と書き残し6時半頃起きてきたという、どこが仮眠やねん9時間も寝てるやんけm2氏よりはマシかもしれない。

久々にLEVINCARS氏が居た。
喋るタイミングがなく、芋洗坂係長談義とか出来なかったのは残念w
長い千葉出張を終えて、また岡山県倉敷に行くそうな。大変でござる。

GPLIPへJOINと同時にMixiにアクセスしてウロウロしてたら、足あとを見られたらしくFBEvo氏がGPLIPへ。「いたw」と言われたw
今日は妹さんの結婚式らしい。Mixi日記のボウリングの時(1月6日)後ろ姿の写真を見ているので、他人とは思えない(いや、思いっきり他人です)。
業者に5万払うのがイヤで(人聞きが悪い)Evo氏が写真係だったらしいのですが、酒とか歓喜の涙とか諸々を乗り越えての撮影は大丈夫だったのだろうか。
800枚撮ったらしいので、多分大丈夫なのだろうw


んで頭文字戦「N」のNicotom Racewayは不参加だったのだけれど、
「3:04:47 | s.okada> 今日の頭文字戦のコースなかなかおもしろかったよ」
「3:10:57 | kazuki> ほんと走るのが楽しいコースw」
と、頭文字戦本番では2人ともLap1リタイアしてるので、信憑性が薄い気がしないでもない発言を真に受けて、kazuki氏鯖にて走る事に。
中盤からあとの、バンク→ジャンプ→最終コーナーの流れは確かに気持ちがいい。

んでもコースとしての完成度は・・・
s.okada氏Blogでも書かれてるんですが、もうShift-Rがw
ちょっとs.okada氏Blogの画像を勝手に拝借しますが(申し訳ございません)
nicotom_okada.jpg
(赤Cov:オレ様 紺cov:Nullpo氏 後ろ姿BRM:s.okada氏)
ガードレールの外を走って戻れないs.okada氏が居る、手上げしつつ全開で壁走りをキメているルール無用なオレ様、の時点でカオスなんですが、実はこの後がヒドイw

そのまま全開壁走りを続けるオレ様、見えない何かに引っかかってクラッシュ。
nicotom01.jpg

超ナイスなタイミングで、Nullpo氏の目の前に飛び出す。
nicotom02.jpg

復帰のためShift-Rを押す度に、コース右側の木に叩きつけられて燃えるNullpo氏w
nicotom03.jpg
(この辺りで、マジでチャットで「ちょwwwwwwwww」と言っていたNullpo氏)

3人がコース外でぐだぐだに!
nicotom04.jpg


なんだこれ! ダメコースじゃん!
やっぱLap1でリタイアした連中の言うことなど聞くんじゃなかった!!


えーこの後はグダグダーとチャットして、きちんとゴーオンジャー録画して寝ましたw

とどめを刺す。 



もうm2氏涙目に違いない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。