スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBノンチャンピオン戦 Mosportに向けて 

著作権とかそういうものがすっかり忘却の彼方になっておる当Blogでございますが、忘れてはならないのが今週末のNewbie NonChampionship 第2戦 Mosport。

ですが、このMosportというコースあんまり走った事が無く。
練習レースは確かこれまでに3回ほどだけ。
ローカルでの走り込みもベンチ切りのためちょっと頑張ったのと、先週の勤労感謝の日に全車種一気乗りとかして遊んだだけ。

てなわけで、基準というか目標というか課題というかが良く分かっていないため、とりあえず本戦と同じInt-Lの周回数27Lapを走ってみることに。
んで、そのTimeとかアレコレを自分なりの基準にして、本戦まで頑張る作戦。
そう、敵は自分!
そんなことでありまして、GPL側は味方に付けるため、ダメージはNoneでw

Driver: Dr FeelGood - Lotus

Practice laps
Lap 1: 1m23.214s
Lap 2: 1m26.847s [Off the track]
Lap 3: 1m22.289s
Lap 4: 1m22.145s
Lap 5: 1m21.620s
Lap 6: 1m21.882s
Lap 7: 1m21.725s
Lap 8: 1m21.898s
Lap 9: 1m21.896s
Lap 10: 1m22.404s
Lap 11: 1m25.597s [Off the track]
Lap 12: 1m22.369s
Lap 13: 1m21.780s
Lap 14: 1m30.719s [Off the track]
Lap 15: 1m22.596s
Lap 16: 1m22.037s
Lap 17: 1m21.765s
Lap 18: 1m22.474s
Lap 19: 1m22.643s
Lap 20: 1m21.597s
Lap 21: 1m45.308s [Off the track]
Lap 22: 1m30.472s [Off the track]
Lap 23: 1m21.355s
Lap 24: 1m22.142s
Lap 25: 1m21.824s

後で確認したところ燃料間違えて26Lap 41Literしか積んでいなかったため25Lapで終了!
(+アウトラップ1周分)
まだタイヤ温度とか、セッティングなどにアレコレ言える状態ではなく。
コースアウトも多いナリ。

とりあえずこれを一応の基準に、週末までにどうなるか頑張ってみます。

スポンサーサイト

TB Monza戦で何が起こったか知らない人には全く分からないマンガ 

・参考Blog「あいらくぁMおん2ぁ! TB回顧録 その4」

ぐぅ

FG子FG雄先生の作品が読めるのは周回遅れ日記だけ!


おかしい。


※寝坊ネタについては本人許諾済みなのですが、このマンガはフィクションであり、実在する人物とは一応関係ありません。

TeamBattle 2nd -Rd9- Zandvoort 

行ってきました、TB 2nd 第9戦 Zandvoort。
結果は、A鯖完走組最下位の11位ですよ、トホホ。
んでも一応完走だから!
とはいえ、無事完走出来たのが不思議なくらいコースオフしてます。


んではしょぼしょぼレースレポ。

○直前
Lot部屋でチーム分け。
息詰まる作戦会議の末、A鯖抜擢。
理由が「A鯖で走った事が無いのは、オレ様だけ。」とかだった事は内緒だよ!
あ、あと後ろでフタ役w

A鯖でも気楽に行くべ、とか思ってたんですがその後GPLIP部屋に戻って来たとき、
 22:53:44 | s.okada> 大一番じゃー
とか言ってるのを聞いて、
「あ、そうかRepとのポイント争いが熾烈なのだった!」
と再確認して急に緊張w

そして、鯖分けA部屋に。
おおぅ、蒼々たるメンツが・・・
I.Geishaboy氏が居たので、
「真のNBチャンピオンをここで決めるのだ!」
とか言おうと思ったんですが、雰囲気に飲まれてそんなこと言い出せずw
開き直ってマッタリ行くことに。


○予選
緊張気味+クリアラップ取れずで、なかなかTimeが出ない。
焦りつつ走っていると、急に回線落ち。
「い、イカン早く戻らねば」
とGPLIPに戻ってみると、どうやら鯖不調で皆様落ちた模様。
オレだけじゃなかった、とホッとしつつもJack氏の電源問題を心配する皆様。
とりあえずReco氏の鯖で再開することに。

2度目の予選は早めにクリアラップが取れて一安心。
んが、その後はコースの流れに乗れず。この辺りは今後の課題。
予選7位という結果。フタ役は諦める事に!


○本戦
さすがA鯖、綺麗なスタート。
オレ様も7位のまま流れに乗る。
前のBarchetta氏を抜けるとは思えないものの、とりあえず引き離されるようなペースでは無い。

と、安心しつつ走るもののLap4・Gerlachbocht立ち上がりで回る。
TB_Zand01.jpg
Pribludaにらみつつ、復帰タイミングを逃しまくりでブービーまで順位を下げる。
オーバーレブと失敗が怖くてスピンターン出来なかったチキン野郎のオレ様・・・

・Lap10~11、1コーナー
ブービーまで落ち、淡々と走る展開(TEAM Lotの皆様、役立たずのオレを許しておくれ)。
そのウチにLEVINCARS氏に追いつく。
遅れて来られて、2度目予選から走行・HONDAがA鯖4台となったことで確か予選Timeとか遠慮気味。
多分、ちょっと控えめに走っておられるのであろう、といった感じ。
ホームストレートでスリップにつき、仕掛けるものの腕不足!
TB_Zand02.jpg
あああオーバーラン~。
これは、オレ様を調子に乗らせて1コーナーで沈めようというLEVINCARS氏の陰謀だったに違いない!
きっとそうよ!無理矢理にでもそうよ!

てか、完全に終わったー、と思ったのですが、ダメージ少なく復帰。ヨカッタ。

・Lap12
最終コーナーで単独コースオフ。
TB_Zand03.jpg
うわあぁぁぁ終わったー、と思ったのですが、目立ったダメージ無く復帰。ヨカッタ。

・Lap20
Lap4と同じく、Gerlachbocht立ち上がりで回る。
丁度、Top3・Jill氏、s.okada氏、Ace氏に周回遅れにされる。
TB_Zand04.jpg
いってらっしゃいー。

・Lap22
本日の鬼門、Gerlachbochtでまたまた・・・
TB_Zand05.jpg
こ、壊れない! 今日のマシンは丈夫! ユニクロの縫製も真っ青!

・Lap23
えーもうあれですよ。
TB_Zand06.jpg
はいはい、壊れません壊れません。

・Lap39(1Lap周回遅れのため、ファイナルラップ)
最終コーナー。
TB_Zand07.jpg
ちきしょう、タイヤの一本ぐらい取れちまえ!
なんだこのLot!!

というわけで、丈夫なLotus、Car No.3と共に完走~。

コースオフしすぎですよね、オレ様。
やはり直前のロングランで疲れていたのか・・・
いや、お風呂入ってリラックスしてたしなw
単純に実力不足よね!
とにかく芸者氏にも余裕負けしてるので、調子ぶっこきNB王者も一週間で返上w


TEAM Lotの皆様の結果は、
A鯖s.okada氏、2位おめですー。
 援護射撃も何も出来なくてすみませんすみません。
B鯖issy氏、優勝おめですー。
 LapChart見ると、余裕で走ってる気が!
B鯖goudai氏、3位キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 流石でございます、安定して落ち着いたLapでステキー。おめでとうですー。

B鯖Motor Runner氏は・・・
TB_Zand08.jpg
な、なんだろう、この謎ジャンプ!
誰ですか、黒ひげMotorRunner危機一発!で当たり刺しちゃったのw
クリックするとオマケ別画像

MR氏は回線落ちですか?、とか聞いてもみんな
「リプをお楽しみに(・∀・)ニヤニヤ」
としか答えてくれなかった理由は分かったけどw
こんな形で連続表彰台記録とか途切れるとは残念ですが、ある意味うらやましいぜ!!


主催s.okada氏、鯖Jack氏(心配でございます)、代理鯖Reco氏&ZZZ氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様お疲れ様でしたー。

Zandvoort ロングラン 

とりあえずヘタレなオレ様は、疲れようが何しようが走っておかないとイカンので、Zandvoortロングランをたった今してきました。

疲れた、やめときゃ良かった!
このまま仮眠して、寝坊しちゃったらどうしよう!


Track: Zandvort Sat Nov 25 16:19:07 2006

Driver: Dr FeelGood - Lotus

Practice laps
Lap 1: 1m27.380s
Lap 2: 1m26.502s
Lap 3: 1m27.139s
Lap 4: 1m26.186s
Lap 5: 1m26.459s
Lap 6: 1m30.730s
Lap 7: 1m27.284s
Lap 8: 1m35.276s 1コーナーオーバーラン
Lap 9: 1m26.274s
Lap 10: 1m26.148s
Lap 11: 1m25.896s
Lap 12: 1m25.766s
Lap 13: 1m26.702s
Lap 14: 1m27.359s
Lap 15: 1m26.347s
Lap 16: 1m26.833s
Lap 17: 1m25.780s
Lap 18: 1m25.602s
Lap 19: 1m26.548s
Lap 20: 1m25.784s
Lap 21: 1m26.228s
Lap 22: 1m39.560s 最終コーナーでコースアウト
Lap 23: 1m27.792s
Lap 24: 1m26.225s
Lap 25: 1m25.530s
Lap 26: 1m26.696s
Lap 27: 1m26.570s
Lap 28: 1m25.981s
Lap 29: 1m26.015s
Lap 30: 1m26.422s
Lap 31: 1m26.492s
Lap 32: 1m26.594s
Lap 33: 1m25.662s
Lap 34: 1m26.485s
Lap 35: 1m25.929s
Lap 36: 1m41.331s なぜかHunzerug(ヘアピン後の丘登るコーナー)で左にアウト
Lap 37: 1m27.942s
Lap 38: 1m25.840s
Lap 39: 1m25.758s
Lap 40: 1m25.806s 確かここらあたりで燃圧落ち始め
Lap 41: 1m26.072s
Lap 42: 1m27.388s 1個目のS字辺り(Zijn Veld)でガス欠症状

No race laps

Generated with GPL Replay Analyser


なんかNB戦前にレースディスタンス走った時より遅くなってますがw
とりあえずマッタリモードよ(言い訳)。

燃料は67Liter 41Lap分。
アウトラップ含めると43Lap走れた計算に。あ、1周はガス欠症状だったから実質42Lapか。
ギリギリだと思ってたので意外。ペース遅いからかな。
このペースならタイヤも大丈夫。

1コーナーへのブレーキがかなり早め、各コーナーの入り丁寧、立ち上がりのパワーオン大人しめ、というチキン走法でござるのですが、レースだとまたまたもっとチキンになること間違いなし!

okada氏BlogのZandロングランで読んだ、
「目で3歩先を走り、脳内で1個先のコーナーを走ってる感じ。」
を実行しようと思ったんですが、なぜか

「目で3歩先を走り、脳内で直前にgoudai氏Blogで見た小西真奈美タンを思い出す感じ。」

となってましたw
ショートカットと「ぐびなま」のポスターが気になって!コニタンカワユス!
あと以前にJ_Ace氏のBlogで見た新垣結衣も思い出してたな、ガッキーカワユス!


と、超真剣にロングランしたので、今夜のTB Zandもほどほどに頑張りますです、ハイ。
とりあえず完走目指して、レース前にもう一個ぐらい課題を考えておきます。

アレコレ 

・年末GP '06 in Sachsenring 1967
恒例の年末GPが今年も!(公式サイト
といいつつGPL始めたの6月なので、恒例かどうかとか歴史的な事が全く分かってませんよ、オレ様!
聞くところに拠りますと、Newbie2006のお仲間Sin氏の公式戦デビューが去年の年末GPだったとか。
大変なレースからデビューしたんですねw

舞台となりますのはSachsenring。
まだ走り込んでは無いんですが、綺麗なコースでございます。
車高上げた時の足回り調整が全く分からないもんで(なんかフロントの接地感というかグリップ感がフワフワしちゃう)、どなたか、えーとアドオンスキーなissy氏辺りSetくださいw

んで、去年の公式サイトを見てますと、景品がにぎやかなんですね。
というわけで、オレ様も提供を。
と、s.okada氏にメールしたのですが、ご返事がどうもSpam扱いになったらしく!
すみませんすみませんすみません。
おかしいな、こないだまではイケタのに。調査しておきますです。


・TeamBattle Zandvoort
NBノンチャンピオンシップからあんま走ってません!
ので、マターリ頑張ります。

とはいえ、GPモードになると急にZandが凶悪に!
昨日、ロングランを数度試みたものの、全く完遂出来ず・・・
というかLap1で2回終わりましたw
1コーナーオーバーランするだけでハンドルが曲がるなんて(プンスカ


・NB Nonchampionship
ノンチャンピオンシップ第2戦は12/2(sat) Mosport
ノンチャンピオンシップ第3戦は12/16(sat)Mexico
と決定だそうです(Sin氏コメント欄でお知らせさんきぅ)。

主催Jill氏他関係者の方々ありがとうございます。
あと2戦頑張りまっする。

Newbie2006 NonChampionship 次戦。 

せ・・・先生!DFGの悪いところは改めさせます、どうか・・・・

と、海原Jill山先生より昨日深夜聞いたのですが、開催日時を確認し忘れましたw
とにかく「次戦・Mosport決定」だそうです。

Zandみたいに6人じゃちょっと寂しいぜ!
Newbieのみんな、開催日の告知は公式サイトをこまめにチェケラッチョ!!

※追記(11月23日)
 ノンチャンピオンシップ第2戦は、12/2(sat)Mosport
と決定だそうです。

Zandvoort調子ぶっこきマンガ 

そのりくつはおかしい。

FG子FG雄先生の次回作にご期待ください

Newbie Series 2006 ノンチャンピオンシップ Zandvoort 

出場して来ました、Newbie2006 ノンチャンピオンシップ Zandvoort。
奥さん、優勝ですよ優勝!
ふはは、お前ら次のNB戦までオレ様の事を「チャンピオン」と呼べ! 毎日5回呼べ、叫べ!

とはいえ、
・出場Newbieの方が少ない
・雰囲気はマッタリお気楽、練習レースの延長感
・芸者氏お休み(さてはオレ様に怖じ気づいたな説・忘れてた説・どっか行ってる説アリ)
・完全に棚ぼたな結果
などなど、さほどな勝利ムードは無し。

その上、多分無かったことにされるというか歴史の闇に葬り去られるのではないか、という危惧が。
ノンチャンピオンシップですし、NB公式サイトにとか結果もリプも載りませんよねコレw
「DFGさん、涙の初勝利!」とか記事などあるわけないですよね。
というわけで、一人ではしゃぐぜ、オレおめー!!


後世に語り継ぐためにも、自分でレポを書いておかねばイカン。
んでは人呼んで、
「Geishaboy氏を怖じ気づかせ、MR氏を倒した男、その名もDr.FeelGood」
さんの、今ならオレみんなに焼肉とかおごっちゃうね、的な調子コイたレースレポをどうぞ。

○予選
Newbieの参加者の方々は計6名。出走すれば一応入賞状態。
オレ様も当日レースディスタンスランとか走って疲れ気味。
マッタリと三位。
戦略も何もなく「とりあえず1コーナーを綺麗に」だけ。

○本戦
・スタート~Lap2
MR氏がスタートをミス(2速入れちゃったらしい)その余波か1コーナーもミス。
TOMS氏もオーバーラン。
nb_zand01.jpg
ウフフ、ラッキー♪ Topになってしまう。

とりあえず、タイヤ冷えてるのと燃料重めで飛ばすと丘の向こうに消えていっちゃうわよ、と自分に言い聞かせ、2周ほど自分のペースで後ろ気にせずに前だけ向いて走る。

と言いながら2周目の1コーナーでちょいとオーバーラン、危ないぜ。

・Lap3
Pribludaで後方の人、差を確認。
オレ様、TREAD氏、goudai氏の模様。
「おお、Lotus1-2-3ではないか」とちょいと大人の表計算使いの方なら誰でも思いつく&世界で何万回と言われたであろうネタを思い浮かべる。

というか、Top独走とかしたこと無いため、全く関係無い事をどんどん思い浮かべてしまうw

・Lap6
本日のレースファステストがこのLap6(1m25.509s)。
「よーし、ここから頑張っちゃうゾー」
と心に誓う。

・Lap7
PribludaでLap6のTimeを確認して頑張ると誓ったのもつかの間、
nb_zand02.jpg
Sector1のGerlachbochtでオーバーラン。
「よーし、ここからは大人しくしちゃうゾー」
と方針を10秒程度で変更。
実際この後、優勝したとは誰一人思わないようなチキンラップを刻み続ける。

・Lap9辺り~
後方順位を見ると、goudai氏、issy氏、MR氏のTEAM Lotな方々が。
「goudai氏、issy氏お願い!MR氏を抑えて!」
と禁断のテレパシーを送り続ける。ちょっと何も、何も、変わらない、ふっりをして♪

・Lap13辺り~
テレパシーの甲斐もなく、後方でMR氏が2位に上がる。
「ち、ちきしょう頼りないジジビーめらが!」
と暴言を吐きまくりながら走る(嘘ですいやちょっと言ってたかも!すみません)。

確かこの頃に、ピットボードで確認した後方MR氏との差は14秒。
事前に確認していた25秒台のLapを刻めば、めっさ余裕で逃げ切れるハズの差。

しかし、今日の(も)オレ様はチキン走行!
「Top」という位置が惜しい!コースオフだけは避けないとイカン!
そ、そうだわ、タイヤも最後の勝負のために温存しないと!
と、自分自身に言い訳をカマし、「ペースアップ」という選択肢を脳内から追いやり、完全に追いつかれるの覚悟で26~27秒のLapを刻む。
(完全にこの辺り練習不足ガガガ。走り込んでおけば良かった。)

ついでに、コースオフしてる方を抜く際に、
「オレとMR氏の間に入って邪魔してください、お願いします」
とテレパシーどころか、かなり真剣に念を送りつつ走るw

・Lap23辺り~
MR氏から完全に射程距離に捕らえられる。

この辺りから、ふぬけたドタマフル回転、
「どうすれば逃げ切れるか」
を考えながら走行。

ここはZandvoort、抜きどころはホームストレート以外無し。
LapTimeに2秒差ぐらいあろうが抑えられるのは、練習レースでm2氏に追いかけられたのを8周近く耐えた経験が。
とりあえず、ファイナルラップの1コーナーをTopで立ち上がれば勝てるハズ、とその方策を必死で考える。
んが、バトル経験が少ないのが災い、選択肢が無い、皆無w

悩みつつ、Lap25辺りでは、
nb_zand03.jpg
issy氏と三つ巴、Lot三台走行。
ホームストレートではMR氏にスリップストリームのタイミングを計られているような始末。

・Lap26
少ないバトルの選択肢から選んだのは、
「普段と違う変な事しよう!」
と、書くと奇妙な人と思われるかもしれませんというか思われますよね。

変な事というかMonzaで学んだテクの一つ、
「IN側抑えてコーナーに入れ」
を実行しよう、と思い立つ。
ホームストレート右側走って、そのまま1コーナーのINへ、と計画を。
普通にスリップから出られたらどうしようもありませんが、「普段とちょっと違う」事をすることでなんかタイミングとか狂えば!、とセコイ事を考えつつホームストレート突入。

んが、ホームストレートに出たオレ様に襲いかかる驚愕の事実!
「ど、どこまで右に寄って良いのか分からない・・・」
ピットとコースの位置関係的な事を全く把握していない事に気付く。

結果、MR氏の前でフラフラ動いたあげく、完全にダーティーにコースのど真ん中を走行する状況。
nb_zand04.jpg
完全にオレ様ヒドイブロック状態。

この後、MR氏は右方向へスリップから出て抜きに。
しかし、何かあったのか減速。

オレ様1コーナーアウト側の左、MR氏ちょいミドル気味のIN側からFinal1コーナー進入。んで立ち上がり。
nb_zand05.jpg
よっしゃ勝ったぁぁああああ!

あとはもう「コースアウトしませんようにコースアウトしませんように」と唱えつつFinalLapを回る。
nb_zand06.jpg
フィニーッシュ、やったよ父ちゃん!
実はこの寸前、左芝にタイヤ取られてまた怪しい動きをしています、すみません。
「手上げせねば!」と慌てたんです、慣れてないからもう・・・かっこ悪い・・・

もうラスト数周だけで気力消耗。
フィニッシュライン超えた時点でもうネジコン放り投げてしまったw


とはいえ、どう考えてもFinalLapに入るホームストレートを普通に走ってれば完全に負けてますね。
MR氏、色々変な動きしてすみませんでした。
ここは一つオレ様に花を持たせる、という事でひとつ!
良い経験させて頂きました、MR氏ありがとう。


勝因は、
・遅いLapTimeではあったが大きなミスはLap7のオーバーランのみ
・ラッキーにも、周回遅れの方・クラッシュしてる方にほとんどひっかからなかった
・MR氏がオープニングで12位まで落ちた
・芸者氏居なかった
・コースがZandだった
・変な事した
おおぅ・・・ 他人に言えない勝ち方では無いか・・・

反省点は、当然Lap26ホームストレートでの出来事。
きっちりコースを把握しておくべき、しかも抜きどころが一つのそのポイントを確認しておくべきだった、という点が。
逆に言うと、抜きどころをきっちり確認していない、ということはコチラが抜くシチュエーションもある種放棄している、って事ですよね、イカンイカン。
その後の1コーナーのオレの動きも良いのかなアレ。


とりあえずまったりムードだったZandvoort。
次戦の舞台はどこなんでしょうか、というか次戦あるんでしょうかw

みんなでせーのっ、「DFGさん、優勝おめでとー」
次のターゲットは芸者だ、震えて待ってろ!!

主催Jill氏、鯖Jack氏、GPLIP Naguchi氏、参加のNewbie、ジジビーの皆様ありがとうございました。

Newbie Series 2006 総集編Movie 

さてさて来ました、Delico監督による「Newbie Series 2006 総集編Movie」
NB Zandレポも書きたかったけど、やっぱりコレが先よね!

先ほどから1時間半ぐらいローテして見てますよ!
やはり、自分の出たシリーズ戦のMovie、となるとこんなに思い入れがあるのね。
というわけで感謝を込めて、オレ様レビュー。


ナローなオレ様が、DL前に仕入れた情報によりますと、
「12分の長尺ムービー」
おおすげぇ。
「半分オレのしゃべりだけどね(by Delico)」
え、DelicoトークLiveメインのおまけNB総集編、扱いなのか!
と不安を感じつつ、というか事前に「DFGさんの走り地味だから~」と念を押されていたため、映っているのか登場するのかが超不安w

DLも無事に済み、早速鑑賞・・・
「おお、結構映っている! というかNBのみんな映ってる!(当たり前)」
各コースでの自分のカーナンバーをメモって、きっちり自分の出演シーンチェック!

映像とかカメラの技術面はオレには分からんけどカッコイイ!
音楽とシーン切り替えのマッチングとか素敵だわ!


12分のMovie、前・中・後半と三本分ぐらいのボリュームありますね。
(+エンドロール)
そして中身が濃いぜ。

前半はコースを追ってのスタートシーンメイン。
当然、映っていますよ!
1コーナーのクラッシュも多かったのでその分もオレ映るw

中盤はクラッシュシーン満載。
オレ様の地味な単独クラッシュシーンをいくつか入れてもらった模様!
それにしてもLimeRockのホームストレートクラッシュはやっぱ凄いな。

後半はバトル中心。
地味でバトルをしていないオレ様はなかなか登場しない。
「い、イカン、バトルシーンからはやっぱり抹消?!」
と不安に思っていた所、10分ジャスト過ぎからGlenにてTREAD氏を追いかける勇姿が。
よ、良かったこんなシーンがあったのかw


Newbie皆様の感想は聞いてませんが、多分コレ
「あ、オレ(個々人自分の事ね)いっぱい映ってる!」
ってみんな思うんじゃないかな。
少なくとも、オレ様はいっぱい映ってるよ! って自分贔屓でやっぱり見てしまう。

NBのMovieについては、いつかの深夜s.okada氏、Rooibos氏、issy氏、goudai氏とNB2004ムービーの話になって、
「今でもたまに見る」「最終戦Movieとか泣ける」
という感じの話を聞いてましたが、オレ様にとってこのNewbie2006総集編も同じような宝物になるのは間違いないであります。

Delico監督、貴重な時間を割いての総集編Movie作成、ありがとうございました。



※えーと一ヶ月ほど前に聞いた範囲で、ネタ的見せ場としては
「Nick氏のSilverStoneスタートグリッドでボフっ」
らしいですよ。
Movieには都合三回使用されている模様w
あとNur2コーナーでTop2を追うカメラで映ってるタイヤがNick氏だな。
いいないっぱい映っててw

Zandvoort Race Distance Run 

一つ前のエントリUP後、
「あんまりマッタリしてるのもアレだな・・・」
と一念発起して、Int-L 27Lap行ってきました。
TeamBattle Zandに向けてもちょっとデータが欲しかったし。
オレ様真面目!

Driver: Dr FeelGood - Lotus

Practice laps
Lap 1: 1m26.872s
Lap 2: 1m26.817s
Lap 3: 1m26.408s
Lap 4: 1m33.346s
Lap 5: 1m26.129s
Lap 6: 1m25.492s
Lap 7: 1m25.621s
Lap 8: 1m25.713s
Lap 9: 1m24.709s
Lap 10: 1m24.705s
Lap 11: 1m25.674s
Lap 12: 1m25.917s
Lap 13: 1m25.434s
Lap 14: 1m24.789s
Lap 15: 1m25.104s
Lap 16: 1m25.592s
Lap 17: 1m25.697s
Lap 18: 1m25.453s
Lap 19: 1m26.245s 最終コーナーでそろそろ左リアがアツアツ状態
Lap 20: 1m25.876s
Lap 21: 1m25.467s
Lap 22: 1m25.615s
Lap 23: 1m26.565s
Lap 24: 1m25.275s
Lap 25: 1m25.411s
Lap 26: 1m25.433s
Lap 27: 1m27.200s 2つめの中速S字付近でガス欠症状

No race laps

Generated with GPL Replay Analyser

致命的コースオフはLap4だけ、という思いもしてなかった好結果。
タイヤを少し労りつつ25秒台で回れるかも、な感じに。

燃料は27Lap分。
アウトラップ計測されていないので、28Lap目の途中でガス欠ですね。
ちょうど良い感じ。

タイヤはこのペースなら大丈夫そう。
左フロントがイクかな、と思ってたんですが、左リアがダメになる感じ。
最終コーナーの立ち上がりで無理してるので、そこでブレイクするかも。
速い人は、どのくらいのペースでタイヤ持たせるんだろう、凄い興味が。

具体的ペース配分として、Sector1と4は普通に、Sector2と3はタイヤとコースオフを考えて無理をしないで、という感じです。
1分24秒台が出ているLapは、Sector1が上手く走れた&最終コーナー立ち上がりが上手く行った時。
Sector1のGerlachbochtっていうんですか、小さい丘登りつつ左・下りつつ右のコーナー。
あそこの処理が上手く行けば好タイム出てる模様。
タイヤに負担もさほどなさそうだし、練習しとけば良かった・・・(時既に遅し)


とりあえずレースもこのペースを目指して。
どうせいつもの事ながら、毎Lap1秒落ちぐらいになる予定!
あとどーせコースオフ山盛りw

Newbie 2006 ノンチャンピオンシップ Extra Round1 Zandvoort直前 

えーレースディスタンスランもせず、TrainingモードではダメージNoneでずっと走ってたという事に気付きちょっと焦っているオレ様でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最終戦Monzaの張り切り具合から一転、Zandはマッタリお楽しみモードで。
アレですよ、Newbieの初心に帰ってですね、
「今日のレースは上手く走れるかしらドキドキ(チョーフアン」
と、始めた頃のトキメキを思い出す作戦ですよ!

燃費は、まぁShift+R使う事になるので見なかった事に!
大体表示通りで行けそう(1Lap 1.6Literぐらいでしょうか)。

タイヤは、現状持って7周ぐらい。
開き直って「滑るの楽しい~」とか言って走ると思います。
そしてフラフラ→すぐ破綻、でコースオフ連発の予定。

ラップタイムは26秒台で走れると良いな、とは思うんですがコースオフするのであんまり・・・I am mantan.状態で走行もしてませんしw


あとは「ノンチャンピオンシップ」ということで、どうなんでしょうか参加ジジビー方も、
「ふはは、もうNewbieのポイント争いは関係ないぜ、ガンガン煽っちゃうゾー♪」
ってな感じなのでしょうか。
Zandですし、抜きづらいですし、オレ様遅くてフラフラしますし遠慮せずにどんどん煽って!
楽しみつつ耐える練習をしたい、と思いますです、ハイ。

とにかくオープニングラップの1コーナーだけは綺麗に抜けるよう心がけていきます。
とはいえ難しいっすよね、ブレーキポイント。

皆様よろしくお願いしまする。



※おまけ TB「裏」通信、告訴状況
・ZZZ氏から「もうお嫁にいけない・・・」と悲痛なクレーム一件。
 頑張って、いつかいい人見つかるはずよ!
・DelicoいやDeli娘氏から「悩殺袋とじってなんだよww」とクレーム一件。
 多分、巻頭グラビアじゃなかった事に怒っているんですよね、そうですよね!

TB「裏」通信 編集後記 

okada氏Blogの記事「マンタンマンの謎」の最後で、
「私も作ってみたい!という奇特な方がいましたら~」
という文を見て、”奇特な方=オレ様”としか思えなかったFeelGoodさん。
NB戦Zandvoort練習ほったらかしで、早速作成に。

絶妙のバランス感覚で見出しが配置される正規版TB通信に対抗、というかご迷惑を掛けない・ネタ被ったりしないためには、やはり反則系で行くしかあるまい。

まずは、
・タイトル(TeamBattle通信)をパクる方向
・既存雑誌をパクる方向
からのアプローチを試みる。

TeamBattleの頭文字が「TB」。
それと組み合わせやすい雑誌を考えながら過ごすオレ様。
結構すぐに思いつく。

「テラぺっぴん(TeraBeppin)」

来た!イメージがガンガン沸いてくるぜ・・・
誰かが既にチャットでネタにしてようが気にしねぇ。
表紙はSnow Solitudeのサンタねーちゃんでおっけーよね。
丁度12月号とかサンタコスプレのねーちゃんとか絶対載ってたし!
見出しも天然温泉のように沸いてくるぜ!
ゲイボーイ、いやGeishaboy氏すまんがネタになってくれ、泣いてくれ!

と、一人盛り上がるオレ様。
しかし、ふと立ち止まって考えると、やはりコレはマズイ。
「デラぺっぴん」という元ネタの雑誌を皆様が知っているであろうか。
日本GPLプレイヤーは超真面目な方ばかり。英知出版の名エロ雑誌の名前などご存じあるわけが。
しかも既に廃刊、年齢層をも選ぶ。
更に、こんな品性お下劣なパロディがTB通信と並んで掲載出来るわけがない。
それにオレ様だってそんなエッチな雑誌読んだことないし♪

というわけで、第一案は泣く泣く諦める事に。


様々な案が出てくるモノの、なかなか形に成らず。
そのウチ、TBという文字から「Taboo」という単語を思いつく。
ああ、タブー系は良いな、絶対ネタ被りそうにないし。
暴露雑誌・週刊誌系のちょいアレな見出しも使えるし。

てな感じで方向性が決まるとスラスラと出来上がる。
正規版TB通信のバランス感覚から逸脱する方向で、ちょっぴりブラック風味。

出来上がったのがTeamBattle 2nd 公式サイト、TB通信バックナンバー内の「TeamBattle裏通信」。

見出し内容に不満・抗議がある方は、姉妹BlogLEVINCARS 周回遅れ日記が窓口、と勝手に決めたのでそちらへどうぞ!!

水曜走行会とかとか 

水曜恒例の走行会&ダービーでありますが、主催ねじこ氏のご都合で無期延期に。
GPLのプレイ自体、少し離れられるとか。
しまった、小耳に挟んでいたネジコン加工(アナログボタン周りパテ埋め?)について詳しく聞いておくんだった・・・
復活の日を心待ちに。

というわけで走行会自体はありませんでしたが、Zandを2回。
コースオフしまくり、まともに3周回れた試しがない、という始末。
多分、10日前ぐらいが一番調子良かったw
芸者氏、やっぱMR氏普通に速くなってたよ!

とりあえずZandについては、課題や目標がまだ見えてこない状況。
某所への応募作品なんか作ってないで、Zand走り込むべきだった!

NB Zandvoortに向けて 

今週末土曜は、Newbie Series 2006 Non championship 第1戦 Zandvoort。
NB戦継続開催に踏み切って頂いた関係各位に感謝。

走り慣れたMonzaと違って、今までのNB戦と同様に走り慣れてないコースに挑む、という形なので練習しないとイカンのですが、どうも気合いが乗ってこない、なぜかしら。
本シリーズ終わった、という事から来る燃え尽き症候群なのかも! 全然燃焼してないのに!
実際、張り切りすぎたMonzaの反動とショックを引きずってるのは否めないかも。
倦怠期かしら、このままだと熟年離婚よ。

とにかくZandのInt-S 14周でさえ「長いなー」と感じている始末。
予選とか走るのすらメンドクサイ、と思ってしまう状況。
レースを走ってると楽しいんだけど、そこまでのモチベーションが上がらないぜ。
いかんですよ、こんな状態だと継続開催決めてくれた方々に失礼すぎますよ。

とりあえず、オフラインでちょっと走り込んで目標と課題を見つけないと。
タイヤ温度が課題になる、と分かっていても具体的にどんなLvなのかまだ分からないし。
Timeとか攻略とか前向きな目標がまだハッキリしてないし。

中途半端な状態で挑むのはもったいないので、ちょっと頑張って走り込んでみまする。

Team Battle 2nd -Rd8- Ryoma's Gun 

出場してまいりました、Team Battle 2nd -Rd8- Ryoma's Gun。

Ryoma's Gun世界初公式戦!
New course "Ryoma's Gun" Coming! From the far east!
そこに集まるドライバー、夜行性の生き物がおよそ26匹。

B鯖出走、無事完走で4位でございましたー。
レース内容は非常に地味極まりないものでございましたがキニシナイ。


○予選
もうマッタリと燃料満タン積んでアタック。
Geishaboy氏とMR氏がNewbie戦さながらの火花を飛ばしておりますが、我関せず。
B鯖のメンバーを見回しまして、事前にコソコソ仕入れたFeelGoodさん情報と照らし合わせますに、、Jill氏発熱・頭痛、芸者氏腰痛。その他の方々も練習不足状態が多めっぽい。
「ふはは、健康状況良好でそこそこ練習しとるのはオレ様だけか!」
と良く分からない自信を発動。だってTimeとか全く自信がありませんもの。

予選は4番手(2m43.196s)。3位MR氏とは2秒以上の差がw

レース燃料を25Lap分か27Lap分積むかで迷う。
アタシの走り方とLot車重の兼ね合いだと思うんですが、25Lap分だと右バンクで底を擦る危険性が最初の1周目だけ、という感じ。
27Lap分積むと最初の2、3周はちょっと危険。
走り方工夫すれば良いことですし、他車種にて車重・燃料重めで底擦りの危険を抱えつつ走る方からすると「最初の数周だぁ?贅沢な悩みだな」ってところでしょうが、ヘタレなので許して。
底擦り、あボトミングって方がカコイイ、の恐怖を少しでも避けるために25Lap分の燃料で。

タイヤ温度を上手くコントロール出来ない&滑り出したらどうしようもない、ってなLvなのでなるべくタイヤに優しく走ろう、と心がける。
序盤は2分45秒前後目標、ロングランをしていないのでその後はどうなるか成り行きで。
完走出来ますように、と祈る。


○レース
・Lap1
スタートでMR氏が素敵に加速していくのが見える。
1コーナーでの大きな混乱は無し、A鯖リプを見ても綺麗な感じ。
TB運営委員会配布の改良グリッドが効き目バッチリ、な感じでしょうか。

体調不良組の一人、腰痛 the Geishaboy氏が2コーナー左バンクでイクのが見える。
くっ、ライバルが消える、残念だぜ・・・・・・ やっぱラッキー♪
後で聞くとオケツにも爆弾を抱えているとかいないとか。お大事にね。

この左バンク、オレ様と他の方々のラインが明らかに違う(練習レースからずっと)。
そのオレ様ライン&ちょっと加速遅れた為、後続のDelico氏&Evo氏をちょい詰まらせる。
すみませんすみませんLotusパワーに頼ってるんです、勉強してきます。

この時点で私の前後の順位、1位Jill氏・2位MR氏・3位オレ様・4位Delico氏・5位FBEvo氏、のままLap1終了となります。

「注意一秒GPモード」過ぎのブレーキング・低速セクションで思いっきりDelico氏に詰められるのを確認。
「こりゃ早々にやられるな」と覚悟を決める。

Delico氏本人に言っても「ああ、適当ww」と言われると思いますが、車間・マージンを取った上でミラーに映るように半車幅ずらす、んで抜きどころ見つけたらスパっと、というタイプの方なので、後ろに付かれてもオレ様は「ちょっと変な動きしちゃっても大丈夫じゃー」と安心しつつ走るw
単純に「お前の走りがまだ信用されてないのよ」とは言わないで。


・Lap2
「注意一秒~」エンド右コーナーの次の左で地味にオーバーラン。
さくっと抜きどころを見つけられて抜かれる。
地味

FeelGoodさん情報によりますと、
「今週TBか、また走りこめねー」
と、Delico氏が一週間ほど前に言っておられましたので、それだけを頼りに「練習不足に違いない、ミスってくれ~」と願いつつ走る。I Like 他人任せ。
しかし遂に最後まで何も起こらず!
というか普通に引き離されるのみ!

この順位入れ替わりで1位Jill氏・2位MR氏・3位Delico氏・4位オレ様・5位FBEvo氏に。
これで大勢が決定。
それぞれ無理せずペースキープでラストまで、という雰囲気だったのでしょうか。
リプアナのGraphical race reportでもLap2からフィニッシュまで5本のラインがまーっすぐ伸びております。


あとは地味に。寂しいのでLap Chartでも。

Lap 3: 2m45.416s
Lap 4: 2m45.296s
Lap 5: 2m44.969s
Lap 6: 2m44.678s
Lap 7: 2m46.073s
Lap 8: 2m44.623s
Lap 9: 2m45.133s
Lap 10: 2m44.777s
Lap 11: 2m44.696s
Lap 12: 2m44.891s
Lap 13: 2m43.135s 頑張った
Lap 14: 2m45.800s 頑張った分遅くして帳尻
Lap 15: 2m46.417s 遅かった
Lap 16: 2m43.762s 遅かった分速くして帳尻
Lap 17: 2m44.859s
Lap 18: 2m44.514s
Lap 19: 2m43.934s
Lap 20: 3m06.157s [Off the track]
2コーナー左バンクでずるずるずるー。
ズザー
A鯖s.okada氏も似たような周回数(Lap21)で似たような状況にw
この日のここのワラはTEAM Lotに優しかったみたいダワ。

この時のコース復帰で、mujina氏にご迷惑を掛けそうになる(てか減速してもらう羽目に)。
順位的にEvo氏との差ばかりを気にしていたため、不用意にコース上に出てしまいました。
反省しております、申し訳ございません。

Lap 21: 2m45.396s
Lap 22: 2m43.010s
Lap 23: 2m44.638s
Lap 24: 2m41.276s ←確変w
Lap 25: 2m45.131s

んでLap2終了時の順位4位のままフィニッシュー。


コースオフしたLap20あたりから疲れ&集中力が切れ気味だったのでしょうか、丁度1コーナーへ切り込むタイミングとピットボードの出るタイミングが重なっていて、残り周回を確認しづらい・し忘れるという状況に。
気づいたら残り1周でラッキー、とか思ってしまいました。

TEAM Lotは、A鯖1-2(issy氏・okada氏)、B鯖2位(MR氏)でMonzaに続き大量得点ゲッツ。goudai氏リタイア残念ッス、今回は一人で厄災を背負っていただいた形に!


Ryoma's Gun作製Polar氏、原案LEVINCARS氏、
GPLIP Naguchi氏、鯖提供 Jack氏、主催s.okada氏、
参加のGPLerの皆様、ありがとうございました&お疲れさまでしたー。

TB Ryoma's Gun 直前 

とりあえず、予定がクリアになったため、出場出来るナリ、わーい。
遅いですけどTEAM Lotの皆様よろしくお願いします。

issy氏のロングランとか速い速すぎる。
オレ様は45秒台前後をウロウロしつつ完走を・・・

現在GPLIPでRooibos氏が鯖を立ててくれていますが、入れませんw

Newbie Series 2006 回顧録 その4 Blogについて 

NB戦の回顧録で「Blogについて」ってのもアレな気がするのですが、内容がNB戦主体だったのでやはり書いておかねば。

書きためていたモノを第2戦Silverstoneのレースレポと同時に一気にUP・公開。
Blogを始めた動機などは、過去エントリ「一週間まとめ。」にちょこちょこと書いています。
「Newbie2006参加者側からも情報を発信しておきたかった」
とかカッチョイイ事を書いていますね、オレ様w

参加側から主催・関係者宛にレースレポなりなんなりを書いておく、という気持ちがもちろん大きかったのですが、同時に
「Newbie 2006参加者ともお知り合いに・仲良くなりたいわ♪」
ってのも大きな動機だった気がします。

今のオレ様の図々しさからは考えられないのですが、第2戦辺りの時期ですとまだまだNewbie・ジジビー方共に、さほど関係が深くなってたわけではなく。
特にこの時期には、あんまり他のNewbie参加者と顔を合わせる機会も少なく「どこで練習してるのかなぁ」とか思ってたりしてました。

別に、レース参加者同士仲良くなる必要があるとは思いませんが、
「相手がどんな人なのか・顔が見える相手とレースをしたい」
ってのは、あった気がします。(考え方は人それぞれだとは思います)
特に自分の場合初心者でしたから、目標にする人・ライバルにする人などが欲しかったのかな。
今でもNewbie 2006組はそんなに顔を合わせるワケではないんですがw
それでも以前よりは、相手がどんな人なのか分かる感じに。

当時は確か、
・ROT氏は毎日居るけど、やはり中学生なので時間帯が早め
・Sin氏はプレ戦辺りまで良く見たけど、バッタリ来なくなって第1・2戦欠場
・tamu氏はこの時期「朝型練習法だ~」とか言ってあんま見なかった気もするw
・Geishaboy氏、MotorRunner氏はたまに見る、程度
・TREAD氏も時間合わない感じでほとんど見ず(Glen前は良く見た気も)
・yamame氏とNick氏は全く見ない
・Yuni氏は第1戦からしばらく見なくなった
etc.
って今も状況はほとんど変わらないかw

んで、Blog公開してからは、Newbieの皆様からのコメント貰ったりして少しずつ、「あ、この人はこんな人なのかな」とかが分かるようになって来たり、ほとんどVROCやGPLIPで会わなくてもなんとなく知り合いの感じになったり、等々Blog書いて良かったナー、って思いはあります。

ちょっと残念というか自分の事以外で勝手に意見を書くのもどうかとは思うんですが。
「Geishaboy氏かMotorRunner氏のTop2レースレポ」
ってのは読みたかったなー、ってのはあります。
オレのショボショボなレース内容のレポより、絶対そっちの方が面白いハズだしw


と、上記のようにNB関連の目的で始めたBlogではあったのですが、嬉しい誤算としまして、
「意外にも、Newbie以外の方も見てくれるようになり、人脈が広がった(大袈裟)」
というのがあります。
閲覧してくれる方が増えていった経緯としまして、

s.okada氏のGPL Linkに登録して貰った
 ↓
NB第3戦終了後、s.okada氏のBlogにて
「FeelGoodさんのレポがおもろいので皆さん見ましょうw」
って書いて頂いた
 ↓
ワンナイお盆スペシャルSpaレポ後のJack氏の日記で紹介して頂いた

てな感じで、見に来てくれる人が増えたように自分では感じております。
非常にありがたいことでございます。

ほとんどチャットした事無い方からも「Blog見てますよー」と話掛けて頂く事がが多々あり、またBlogにコメント頂いたり、アドバイス頂いたりなどなど、とても感謝しておりますです。
宇宙征服までもう少しなので、皆様応援宜しくお願い致します。


それからNewbie・ジジビー関わらず、もう調子こいてBlogのネタにした方申し訳ございませんでした。
今のところ、苦情めいた苦情は来ておりませんが、謝る準備はいつでもございますので!

「TeamBattle通信」勝手に連動企画、とかやったりして申し訳ございません、といいますか、Team Battle通信 第5号「Dr.FeelGood氏が答える100の質問 回答編」の時点では、まだs.okada氏とまともに会話交わしてない状態でした、ヒドイもんだなぁオレ。

あ、そういえば第3戦Watkin's Glenレポで文章パクったUluru氏とは未だにまともに会話したことがありませんw
会話出来る日を楽しみに!
と書きためておるウチに、今週の水曜日走行会終わりで遂に会話を!
やったー♪

ともかく、稚拙な文章のオレ様のBlogに足を運んで頂いている方々に感謝感激雨あられ、という事で。


関係ないっすけどちょっとは関係あるけど、今まで自分で書いたエントリで一番のお気に入りは、「ハンコンレポの巻
こんなインチキ記事がお気に入りなんてオレ様らしいぜ!

次回はBlog公開後のレースとなる第3戦Watkin's Glen回顧録でございます。

評価:非常に良い出品者です。 

オレ様のナイスでクールなPCは、AGPのGeForce6600GT+nForce3マザー+Socket939 Athlon64 X2 3800+。
いやん、PCに興味無い人には何を書いてるのか分からないわ。
性能的には特に困ってないんですが、やはりこの先AGPだとビデオカードの選択肢が無くなる一方。
知り合いが「PCI-EのnForce4マザー安く譲ってあげるよ」と声を掛けてくれたので、AGP→PCI-Eへ移行することに。

となりますと、PCI-Eのビデオカードを購入しないといけません。
ちょうどGeForce8シリーズが発表・発売されようかというタイミングだったりするので、性能的・価格的にも現行製品の購入にちょっと戸惑ったりな時期。
といいますか、オレ様はケチなので「なんとか安くあげよう!」というのが事実ですよそうですよどうせ貧乏ですよ!

てなわけで、「PCから煙が出ました」でおなじみ(かどうかは分からない)Nullpo氏に、
「PCI-Eのビデオカード余ってませんか、テヘ♪」
と声を掛けてみる。
んが、7800GT 1万円とGTR2のオマケGTL(CD3枚組)2万円、の併せて3万円という、スーパーファミコン発売時はスーパーマリオとアクトレイザーorパイロットウイングスorドラッケンとかだったぜ、な抱き合わせ&超ボッタクリ悪徳商法を持ちかけてきたので、却下。
(来年7800GTだけ売ってくださいw)

そこへ来たのが救世主、我らが兄貴「加齢臭に過剰に反応」でおなじみ(これはおなじみかも)、「目標体重はPolar氏Blog」でおなじみ(これは全然おなじみではない)なHirame氏。
「ウチは余ってるよ~」とのお言葉。
聞いてみると、現状使用しているAGP6600GTとまんま同じなPCI-E6600GTとのこと。

これは譲ってもらうしか!、と速攻で決意しつつもアレですよ、あんまり飛びついては相手に弱みを見せますよ、法外な値段を付けられるかもしれませんよ!、というわけで
「別ルートでも声を掛けてるので、ご返事少し待ってください~」
と答えておく、ウハハ、オレ策士!
(いや、本当に別の人にも声を掛けてたんです、信じて!)

と紆余曲折がありつつも数日後、改めて「PCI-E6600GTお願いします」とお伺いを。
結婚記念日は忘れてもオレ様との約束は忘れないチョー優しいHirame氏、すぐに「あいよー」とご返答頂く。

その後、発送メールも頂いたのですが、ネタだらけで何が届くか良く分からない状況w
「ウニかイクラかカニかジンギスカンか!今日の夕飯の準備は要らないわ!」
状態でワクテカしながら待っていたのですが、普通に届きました6600GTだけ!(当たり前)
6600GT.jpg
いや普通じゃないな、箱が7900GTだから気持ち速いかもプラシーボ。

Hirame氏ありがとうございますありがとうございます×1024。
発送メール「お支払い方法:足を向けて寝ない」の通り、そちらには足を向けて寝ません!
いや待てよそうすると北枕になって縁起が悪いなヨシ、そちらには足を向けて寝ません!と言いつつ縁起を担いで北海道に足を向けて寝ます!

早速マザーボード入れ替え、PCI-E6600GT装着。
おお・・・さすがマザーもビデオカードもほぼ同スペック・・・体感全く変わらないぜ・・・
これなら入れ替えなくても良か(ry
いや違うHirame氏ありがとう!無事動きました!OS再インストールだから軽くなったし!

てなわけで昨日の走行会にはインスト作業のため参加出来ず。
GPLも動かしてないので不具合でない事を祈りつつ。


AGPの6600GTが余りましたので、ご希望の方ございましたら、
「Riva128+RivaTNT+GeForce2GTS+GeForce4MX460+Radeon9000Pro+6600GT」
のAGPカード6枚セットに、今なら「PCI Voodoo2 8MB」が付いて、なんとお値段5万円!
(送料別)
貧乏性なのでパーツが捨てられないw

Ryoma's Gunアレコレ 

昨日はワンナイRyoma's Gunが開催されるかどうなのか、とワクテカして夜7時半ぐらいからGPLIPをウロウロしていた数人の内の一人と化してましたオレ様。
女子バレーなんか見ちゃったりしてマッタリ。

Jack氏お忙しい為ワンナイ開催は無し、というかオレ様も来週・再来週の週末は予定がどうなるかワカラン状況でTB Ryoma's GunとNB Zandが危ういわ。


一昨日深夜のチャットで、Ryoma's Gunコース原案LEVINCARS氏に
「DFGさん的に龍馬というコースはどう思いますか?」
と質問を受ける。
い、イカンここでヘッポコな返事をするとオレ様のセンスその他諸々が疑われてしまう。
間違っても「プログラムカバーの龍馬がソフトバンクの松中に似とりますな」なんて某m2氏のお得意ネタで返すワケにはいかないのだ!絶対!

少し考えた後、
「初心者的にはアタックし甲斐があるというか、色々楽しい」
という返事を。

上記の返事でご満足頂けたどうかは分からないのですが、その後
 2:29:56 | LEVINCARS> DFGHさんありがとう^^
と、名前1個増量で呼んで貰えたので、きっと喜んで頂けてたに違いないw

当然コース自体のアタックしがい・攻めがいがある(メリハリの利いたセクション・様々なバンクコーナーなどなど)ってのが主体なのですが、その他要素も。
その後チャットで少し補足的に言ったのですが、
・新コースお披露目に立ち会うの初めて
・そこでTimeを叩き出す皆さんの底力を見た
・TB通信で作成経過のExcelファイル見た
などなどな周囲の状況を楽しんでいたり、
・皆様のラインの違いをリプで見る
・Timeを出すのに私と同じように悩んでる人を見る
などなど、実力の違い・Timeの差は遙かにありますが、Newbieなオレ様と同様に一から苦労してる感じを共有出来たりってなのを楽しんでおります。

公開から2ヶ月近く経って改めて言うのもなんですが、Polar氏・LEVINCARS氏ありがとうございます。


さて、Ryoma's Gunでの目標といいますかアレコレ。

一応「勝手なベンチマークTime」として、Geishaboy HONDAベンチというのがあるのでございますが、困ったことにほっといたらどんどんTimeが速くなるベンチマークでございます。
こないだ42.7とかだったけど、今何秒なんだろ。

あとレースでの好敵手(ライバルと書いて”友”と呼ぶ)も勝手に決めておりまして、TB Ryoma's Gun Covチーム監督Nullpo氏を目標に!
この間2周に渡って追っかけたのですが追いつきませんデシタ。

具体的には、まず2分40秒切りでしょうか。
昨日、goudai氏から(色々お手数をお掛けしました)issy氏のSettingファイルとリプレイを頂きまして、それを今日から参考に。
お二方さんきぅー。

issy氏リプレイとオレ様のPBリプレイを比較しますと、弱い所が一目瞭然。
SECTOR TIMES
Lap       Sector 1 Sector 2 Sector 3 Sector 4  Laptime
. issy      32.028s  37.547s  36.950s  50.798s  2m37.323s
D. FeelGood  32.515s  38.434s  37.888s  53.102s  2m41.939s
Generated with GPL Replay Analyser
(頂いたリプレイより速いタイムが昨日のレースで有ったのでそれ使用)

Sector4 オレ遅!
もう様々な原因はあるのですが、一番はやはり低速コーナー・セクション。
とにかくオレ様その辺りが下手っぴ。
・立ち上がりにスピード乗せるラインへの持って行き方(クリッピングポイントの取り方)
・立ち上がりのトラクションの掛け方が下手
・むやみやたらと突っ込む
などなどでヘアピンや低速セクションが遅いのでございます。いや全部遅いけど。
NurburgringのSector1低速セクションでも実感してましたし、Zandvoortの前半も悩み中。

自分で言うのも情けないんですが、低速コーナー系のラインを自分で作る能力・技術が超ヘボい。全くラインが見えてきません!

とりあえずリプ見て色々パクる予定ではあるのですが(セコイ)、やっぱり自分でライン作れるようになりたいのー、と思う今日この頃。


TB参加どうなるか分かりませんが、ちょっと頑張ってみまする。

Newbie Series 2006 回顧録 その3 第二戦 Silverstone 

不定期連載、ネタが無いとき埋め埋め回顧録。
今回は第二戦 Silverstone。

このレースから、きっちり流れの分かるレポを書き始めました。
Newbie2006Series 第二戦Silverstone
最近のインチキレポとは違って読みやすい・・・

Newbieの皆様と仲良くなりたい!、という気持ちが溢れているのでしょうか、皆様と映ってるSSが中心のレポですね。
カワイイ乙女心♪

TREAD氏と1コーナーで絡む、追いかけっこする、というレースだったのですが、この展開が少しずつ形を変えつつも、後々まで続くとはこの時点では全く思ってませんでした。
まさか後にココのBlogでTREAD氏が、あんなに悪人扱いとかされるなんてw
ゴメンヨゴメンヨ。

レース結果は2位。Motor Runner氏が回線落ちした為。
まだこの二戦目Silverstoneでは、順位に関しての欲みたいなのは全くありませんでした。
そういう余裕が無いというか、迷惑かけちゃイカーン、とかが中心だった気がします。
レース慣れも全然してませんでしたし、今もシテマセン。


技術的に悩んだのは、
・高速(中速?)コーナーの曲がり方
でした。
レースレポ前のBlogエントリ(7月中旬辺り)にも書いているのですが、本当にどこから手を付けて良いか分からない状態。
他のレースシミュ等の経験があれば良かったのでしょうが、そういうバックボーンが全く無かったため、リプを見てもどのような操作をしているのか想像出来なかった、という感じ。

皆様からアドバイスを頂き、リプを食い入るように見て、何度も走り込んである程度は形に。今では結構好きになりました、高速コーナー。

もう一つSilverstoneで必要な技術、
・スピード乗ったストレート→ブレーキング→低速コーナー
ってのは今でも下手なまま。
ブレーキングの技術がどうにもこうにも慣れません。


あとこの頃悩んでいたのは「タイムは上がっているのだが」というエントリにも書いている、
「リプレイ見て、TheRacingLineひいて、その技術とラインをなぞっているだけでいいのか?」って事がありました。

高速コーナーの為にリプばっかり見ていたり、ストレートエンドでのブレーキの目安を、埋めたタイヤ跡に完全に頼っていたり、な感じでしたから、自分で「このままで将来応用が効くんだろうか」的な心配をしていた時期です。
この悩みは、現状も引きずっている感じです。

例えば、今Ryoma's Gunを練習している最中なのですが、自分でラインを作る・ブレーキポイントを判断する・スピードの限界を探る・セッティングを詰める、といった事がなかなか出来ません。
この辺りは、まだまだ今まで覚えた技術を応用出来る所まで行ってないな、と実感する点です。

ただ、少しずつではありますが、今まで覚えたコースに関しては考えながら走れるようになりつつあるかも。
数日前、Kyalamiを改めてTimeAttackしてみたのですが、各ポイント毎にいくつかの違った技術的アプローチが出来るようになった気がします。
最初は無意識に、今まで覚えた技術で走ってみて少しPB更新。
その段階で留まるのではなく、そこから各コーナーで数種類の曲がり方を考え・試す、などなどでTimeUpに繋げる、という事が少し出来るようになったかも。

ちょっとは成長してるわー、と感じた時間。


次回の回顧録は、Silverstoneレースレポと同時公開となった、このBlogについて。
の予定。は未定。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。