スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TheRacingLine 

速い人のラインがコースに埋め込めてそれをなぞればあら不思議タイムがUPするわよ奥さん、というステキツールが「TheRacingLine」。
LimeRockで導入すべく頑張ってたのですが、エラーが出て諦めてました。

英語なんでめんどくせー、と思って読んでなかったサイトのReadmeに
「SafeModeで試してシルブプレ」
と書いてあったので(嘘です作者さんはイギリス人です)やってみると、無事導入出来ました。
覚え書き程度に書いておきます。

スポンサーサイト

VROCでLimeRock 

プレ第一戦の結果は忘れて(前向き)、第二戦LimeRockに向けてVROCでマルチしてもらいました。

心優しいJill氏がペースメークつーか仙道それでも仙道ならなんとかしてくれる、ではなく先導してくれたのに2周着いていくことが一回も出来ずクルクル回るハメに・・・
1分切るどころか1分5秒とか掛かっちゃってるよぅ(ベストは58秒ちょい)。

SP戦で予選は一人ずつのタイムアタックでみんなに恥を晒すことになるわよ、奥さんどうしましょ。

Newbie2006プレ第一戦キャラミ 

プレキャラミ開幕です(ワーパチパチ)。

結果はまぁホレ、一周目スタートからいきなり吹っ飛んだためアレですし(neGco氏スミマセン)、マルチレースの経験が少ないですから順位とかホレ関係無いしー、当てちゃっても当たっちゃっても仕方ないヨネー。

というわけで完走組ブービーの14位ですw
やっべぇなぁ、やっぱちょっと時期が早かったかな・・・

とはいえ反省を生かし本戦までにはなんとかまともに!

Newbie2006参加登録 

Monzaで30秒なんか切れネーヨ~、とうなる日々。
となると別の目標に向けて逃避したくなるのは人間として当然ですよね、ね?

というわけで「Newbie 2006 Series」に参加登録。
今年デビューそれに準ずるGPLプレイヤーが戦う全7戦シリーズらしい。
GPLIPに初めてお邪魔したときも教えて貰ったしVROCでも出場を勧められてたので気になっていたのですが「まだまともに走れないしいいや~」と思ってたのであります。

が、Monzaの日々に飽きた俺のポジティブ思考は
「大体2~3週間隔か、よしこのシリーズを利用してコースを覚える事にしよう」
となったのであります。超前向き~、Monzaから逃げたとか言わないで。

参加登録したからには頑張るナリよ、キテレツ。

祝、初周回遅れ無し 

やったよ、初めてマルチで周回遅れにならなかったよ!
Monzaでたった6周レースだったけどウレシイよ!

なんつーか次元が低いけどうれしいから良いじゃないか。
誰か赤飯でも炊いてくれ。ご祝儀なんかも受け付けちゃうぞー。

2ch VROCコミュニティ 

マルチの主戦場(といってもまだ5回しかやってない)であるVROC 2ch部屋ですが、みんな暖かい。
質問すれば豊富な知識でアドバイス貰えるし、恐ろしいほどの速さで関係URLを貼ってくれたりなんかしてもう感謝感激。

歴史あるゲームでレースシムというジャンル上、年齢層が高めってのもあるのでしょうが私には非常に居心地が良い場所。
他のMMOなど低年齢層が主流なネットゲームコミュニティではなかなか味わいづらい落ち着いた感覚です。
直接改めてお礼言うのも恥ずかしいので、いつか見て頂いた時に伝わればと言うことで「ありがとう」。

将来これからGPL始める人ってあんま居ないだろうけど、一言アドバイス。
「m2って人は話が長いぞ、気をつけろ。」

tomoo set 

LotusでMonza30秒切りとか目標を持ちつつも、まぁそこは33秒だのなんだの掛かってヨタヨタ走る日々。
一人は飽きて寂しいのでまたVROC 2chへ。

問答無用で走ったことの無いrouenなるコースを走る。
当然周回遅れ。泣く。
容赦なくその後Spaなる走ったことのないコースへ。
またもや周回遅れ。号泣。
デビュー後計5レース全て周回遅れ。しかも2周以上いつも。
一応頑張って完走を心掛けてるからエライよ俺、と自分で自分を慰める。

マルチ後の雑談でセットアップの質問をしてみる。
どこをどう弄ったら良いのかも分からないまま質問だけはしてみる、という失礼な態度の俺。
どなたか「最初はtomoo setで走ってたなぁ」
おお、そんなセットが!教えて下さいどこにあるんだよもったいぶらずにURL貼れよははーん俺が速くなっちゃ困るんだなてめぇ。
などとはおくびにも出さず、しかも「ググレカス!」と言われるのが怖いので
「あのーそれはググったら見つかるでしょうか」
と低姿勢で尋ねる俺。
まだVROC 2chコミュニティに馴染み切れてない俺は先々を考えてこういう事から気をつけねばイカンのだ。
と、質問した先からtomoo setへのリンクを貼ってくれる方が。
うう、みんな優しいなぁ、さっき暴言を吐いてないけど思ってゴメンよ、と0.5秒ほど反省。

「よっしゃぁ、これで30秒切ってやる」
とまるで魔法のアイテムを手に入れたかのようにほくそ笑む俺。
後で試してそう簡単に行かない事を思い知らされるのは言うまでもない。

Grand Prix Legendsは歴史の長いゲームであり、今回のtomoo setをはじめ、セッティング、リプレイ、ムービー、ツールその他先人の知識が山のようにネットに公開されている。
初心者の俺には非常にありがたい事で感謝してもしきれない。
のでおおまかに「GPLの神々、ありがとう」と言っておくのだ。

LotusでMonza 

DEMOプレイ~購入~マルチ参加、の流れの中で
「なんとなく楽しい、面白い~」
という感想は持っていたものの、
・まずどういった目標を持ってプレイするべきか
というのが全く分からず、というか頭に無かったのであります。

マルチ参戦し、バトルするにはどのくらいのLvが必要なのかをぽつぽつ質問していくと
・とりあえずノーミスで2周回れればいいよ
・聞く前に走っちゃえ~
・普通DEMOでまともにグレン走れるようになってから来るけど!
・みんな避けるからてきとーでええよん
などなど。
2ch部屋の皆様は速くて余裕ありまくりで、初心者がウロウロトロトロ走ってても気にしないぜー、ってなスタンス!

その中で「LotusでMonza30秒切りから」(多分m2氏)という具体的アドバイスが俺の心を捕らえて離さなかったのであります。
「具体的目標がキタ!」ってなもんで、当面の目標をそこに置くことに。

というわけで、30秒切るにはどうすればいいかも良く分からずMonzaを走りまくり。
とはいえ結構すぐ飽きちゃってリプレイ見たりサイト見てる時間の方が多いぞ俺、どうするよ。

深夜にGPLIP 

GPLで走るより関係サイトを見る時間の方が長いダメ男な俺ですが、そのおかげで様々な知識が深まる今日この頃。

その知識を元に、製品版購入の前日に行ったGPLIPへ深夜こっそり行くことに。
どうやらJackさんという方が夜練習の為に無人鯖を立てておられるらしい。
GPLIPの作者さんNaguchi氏、こういった無人鯖を立てられるJack氏等の存在がGPLを息の長いゲームにしてるんだろうなぁ、と一人感心しつつGPLIPへ。

深夜三時にこっそり侵入。まるでドロボーの気分。
確かに無人鯖が立って稼働している模様。コースには「Polar」と書いてある。
「む、デフォにこんなコースあったっけ」などと慌てない、俺には走ってる時間より長いサイト見聞の知識があるのだ!
記憶を頼りにコースをDLしに行く。このPolarBear(SHIRO-KUMA)というコースは日本人であるPolar氏の作品である。
またまた「こういう人の存在がGPLを息の長(ry」と思いつつインストール。GPLを立ち上げ動くかどうか確認。

んで戻って来てみると無人だった部屋にAce氏なる方がログインしているではないか。
やべぇ人が!と俺大慌て、マジで深夜三時のドロボーが物色中に通行人に出会った気分、落ち着け俺。
「こんばんははじめまして、ド素人ですが練習してきます」
と挨拶一発逃げるようにサーバーにIN。GPLIPテストはしてなかったけれど一発で成功。
走った事ないしどうしよっかなー、と思いつつコース上に出てみると、カールおじさんその他の日本人には馴染みのある看板が。
すっかり鑑賞モードでスロー走行、一人で良かった空いてて良かった。

Practiceで諦めゲームを出るとまだAce氏が。
「お邪魔しましたー」と逃げをカマし、急いでログオフ。思いっきり不審に思われただろうが挨拶だけはしといたし~、と前向きに思っておく事に。
が、PublicルームでウロウロしていてGPLIPルームに入っていなかった事に後から気付く。
やべぇやっぱ俺、家に入らないで外をウロウロしてたタダの不審者!
監視されていたに違いない、というかもしかすると初めて見る俺が困った時にアドバイスでもと待機しておられたのでは、と気付いて超後悔。
機会があればなんとか関係修復を計らねば、と勝手に誓う。

後ほど色々見ているとPolarBearなるコースは各コーナーに日本人GPLプレイヤーのお名前が付けられている事が判明。
「こういう人の存在がGPL(ry」とはたまた歴史を実感。
深夜三時のドロボー気分を思いっきり味わい、ではなく、Grand Prix Legends周辺コミュニティの歴史・奥深さなどなどを実感した夜でありました。

怖いモノ知らずでマルチ 

昨日の勢いで今日もVROCに。

どなたか「モンツァ走ったことある?」
俺「とりあえず7周ぐらい」
どなたか「おけwwwww」
でモンツァでマルチ。当たり前のように周回遅れ。
んでも楽しい。壁が友達。

どなたか「mexicoとか走ったことは?」
俺「全くないです・・・」
どなたか「おk、いくぜ!」
でメキシコでマルチ。超一人旅、そして周回遅れ。
んでも楽しい。風景が綺麗。

終了後また質問と雑談。
どなたかが「マルチならとりあえずLotでMonza」とアドバイスを頂く。
良くわからずHondaで走ってたのをその一言でLotusに変更を決める。
「風吹裕矢もロータス・ヨーロッパ乗ってたしな」と自分を納得させる。

「マルチは楽しいがもっと楽しむためには自分がまともに走れるようにならんとイカン」
と気付いてちょっと焦る。

VROC 2ch部屋にお邪魔(初マルチ) 

製品版も届き、DEMOにデフォコースを放り込んでプレイ出来る事を確認。
というわけでGPLIPに続きWinVROCにもデビューを、ともくろむ。

迷惑を掛けてはイカン、と接続前にまたも下調べ。
特に今回は製品版もあることでマルチも走れるハズ、そこのセッティングをしっかりしておかなければなるまい。
というわけで2chスレの過去ログやGPL関連サイトのマルチ関係を読みあさる。

んで22時過ぎぐらいにWinVROCにJoin。
2ch部屋に突入。挨拶をすませ暖かい雰囲気の中、初マルチつーか接続テストへ。
Use Core.ini設定がどこにあるかわからずちょいとまどったものの、なんとかIN。
しかしゲーム内でオフラインでは経験したことのない、コントローラーが効かない事態に陥る。
泣きそうになりつつも落ち着いて考える。Core.iniのフォースフィードバック設定をOFFにして入る。上手く行く。正しい対処だったのかは分からずだが、上手いこといけばいいや、と前向き。

んで初マルチプレイ、ワトキンスグレン。
緊張してどこをどー走ったのかは覚えてないけど、とりあえずコースオフしまくり周回遅れされまくり。
んでも楽しー、と思いつつ終了後質問しまくって帰る。

まだ誰が誰なのか全く分からない状況ながら暖かい雰囲気で安心。
2chだからある種の心配をしていたもののそんな事も無く。
皆様、ありがとうございました。

GPLIPにお邪魔 

製品版が届く前にオンライン対戦の事も気になり、色々下調べ。
日本だと「GPLIP」と「WinVROC 2ch部屋」の二つがオープンで活発な活動を行われてるらしい事が判明。
手始めにGPLIPの方に行ってみる事に。

ネットゲームに関わらず、何らかのコミュニティに参加する場合は失礼があってはイカン前もって知識を入れておかねば、と思い色々下調べを重ねているうちに深夜0時過ぎ・・・
入って挨拶、しかし時間が遅いためちょいと過疎。聞いてみると水曜の走行会終了後でそれまでは沢山居られたらしい。
んでも残ってた方に質問等雑談。気分良く答えていただけて安心。
(非常に失礼なのですが、その方の名前を失念。今思えば多分shutaro氏だったとは思うのですが、間違っていたら申し訳ないです)
NewBieシリーズや水曜定期走行会などを教えていただく。

対戦は出来ませんでしたが(つーかまともに走れる腕もないから当たり前)、なんとかGPLIPデビューを果たす。
マルチデビューへの第一歩を踏み出す。

Grand Prix Legends購入へ 

スレに書き込んだ翌日の夕方(7日)見てみると、購入オススメなレスが二つありました。
なんとなく暖かいものを感じ「よし、購入だ」とここで決意。
668氏は親切にエンソフでの値段まで書いてくれている。
「GPLプレイヤーは2chに似合わず優しいのぅ」と感動。

しかしそれを無視しFrex(http://www.frex.com/vr/)で注文。
俺には人の親切を受ける資格などない冷たいヤツなんです。

注文一時間後にはヤマトからの発送メール、
「むFrexやりおる、仕事が速い」
と安心。んで次の日の午前中には着きました。

8日帰宅後「ダンボールで挟んだダケ」の梱包のGrand Prix Legendsソフトを確認。
仕事速いけど梱包が雑デスよ。

とりあえず走れるように 

コントローラ設定が決まってやっと走りに集中出来る事に。
Grand Prix Legends 2004 DEMOはワトキンスグレンなるコースがタダで死ぬほど走れます。
ということで山ほど走る事に。

ピットから出ていきなりコーナーとかなんかヤダ。
The LOOPとかいうコーナーでまともに曲がれん。
いつブレーキ踏むんだ、回りまくるぞ、真っ直ぐはしんねーよ。
と改めて泣く。心が挫けそう。

とはいえ、なんとなく諦められない魅力があるのよね、どこか分からないけど。
ポジティブ思考にチェンジして
「上手く走れないのは腕じゃなくてワトキンスグレンが悪い」
と超前向き。

他コースを走るには製品版を購入しないとイカン。
よっし、製品版買えば俺もまともに走れるんだぁ、と購入を決意。
とはいえなんとなく決心が付かなかったので2chのスレ(Part9の666)に
「買っちゃうかも」と弱気で書き込んでみる。

なんかおかしい その3 

コントローラを黒ネジコンと心中すると決めて数日、ゲームをまともに走る前に設定で悩みまくる。
センタリングで悩んだのもつかの間、シフトUPDOWNをどのキーに割り当てるかで悩む。

当初は十字キーの上下でUPDOWN。だがコレがUSB-PS変換器(SmartJoyPad2)のせいなのだが、アナログ軸認識されてしまう。
他のデジタルボタンと比べると押した時の反応が悪い。一歩遅れる感じでギアチェンジが行われる。
んでLRボタンでUPDOWNを試みる。が、このキー自体がストロークが長い。押し込むまでにワンテンポ遅れる感じなのだ。

残されたキーはSTART・A・Bボタン。
STARTボタンは握ったまま親指で押せそうなので採用決定。就職難を乗り越えおめでとうSTARTボタン君。
だが配置の関係上A・Bボタンをアクセルブレーキのアナログボタンを使用しつつ押す、というのはかなり難しい。
一時間ほどネジコンを縦にしたり横にしたり裏返したり持ち方を変えてみたり投げたり叩いたり揉んだり舐めたりしたものの、やはりA・Bボタンの採用は見送り。

んでRボタンのストロークをなんとか短くしたい、と思考し仕組みを探るべく分解。
基盤上の接点付きゴムボタンに当たるまでのストロークが致命的に長いことが判明。
悩むこと30分、てけとーに爪楊枝を折ってRキー側に差し込む。
「おおぅ、ストロークが短く!」超解決。
画像無いと分かりづらいですが解決したんだから仕方がない。

これでガッツリ走れるぜ、とはいうものの時間無くて走れません。
誰かハンコンください。

なんかおかしい その2 

ゲームスピードはまともになったものの、なんとなーく真っ直ぐ走れない。なんか左にゆるーく曲がって行くし。
「マシンのセッティングかなぁ」などと何も分かってない状態で悩む。

そのウチ画面内でのステアリングが常時少し左に傾き気味なのに気付く。
XPのゲームコントローラセッティングでも調整したし、ゲーム設定でもきっちりキャリブレートしたつもりなのだガガガ、うーん。
このクソネジコンが!捨てるぞこの野郎。
良い子だから真っ直ぐ走ってくださいよネジコン様。
とアメとムチを自在に使い分けネジコンに10回ほど語りかけるが当然無反応。アナログなのに心が通ってないとはケシカランと一人で憤慨。

何度目かのゲームキャリブレート画面でネジコンセンタリング時の数値が通常128なのに、プレイ時のつもりで握ると126で維持されるのが判明。
てめぇセンタリングあめぇんだよ、接続部分をしっかり作っておけ!と毒づく。

とはいえ設定でのセンタリング数値を126にすれば真っ直ぐ走る事がわかったのでひとまず安心。
ついでに親指の具合でフルに踏み込めてなかったアクセルとブレーキもキャリブレート。

んでも「全然まともに走れねー、止まれねー、曲がんねー状態」は続く。
今日も泣く。

なんかおかしい 

DEMOをインストールし環境を整えてちょこちょこプレイを開始。
んなのだが全然まともに走れねー、止まれねー、曲がんねー状態。
すんげぇスピードでコーナーが迫ってくるわ、エンジンはおっそろしい勢いで吹け上がる。
ネットの情報では難しいゲームという評判だが、きっついなーと泣く。

涙を拭きつつプレイしたりリプレイを見ているとスピード感が違う時が有ることに気付く。「ぬ」としばし考えた俺。
DEMOのCPUパッチは当てたしなぁ・・・、とここで他ゲーでも何度か泣かされたAthlonのCool'n'Quietの存在に気付く。
とりあえずC'n'QをOFFに。
「おおぅ、スピードがゆっくりに!つかコレが正常か・・・」

まともにプレイ出来るようになってうれし泣きしつつプレイ。
とはいえ正常になったとはいうものの「全然まともに走れねー、止まれねー、曲がんねー状態」は続く。
また泣く。

とりあえず環境 

CPU:Athlon64 3000+
MEM:1G
VGA:GeForce 6600GT
Sound:Sound Blaster Live!
なので動作は重くないしGPLには十分。
Live!での不具合は報告されては居るがなんとかすることにしよう。

んでコントローラを何にするかで迷う。
レースゲームはやはりアナログステア・ブレーキアクセルが使えないとイカン。
USB-PSコントローラ変換器(SmartJoyPad2)を使用する事を前提に
・DualShock
・ZEROTECH(ラジコンのプロポみたいなの)
・ネジコン
がおもちゃ箱に眠っていたのでガサゴソ。
とはいえ何年も使ってないぞコレ。

DualShockは二つのキノコを使用する設定でプレイ。ステアのセンタリングが甘くてアクセルブレーキをキノコで行うのに馴染めなくて×。
んでもカウンターは当てやすいなぁ、とは思う。
ZEROTECHはなかなか良い感じっぽいのだが、シフトUPDOWNを割り当てるキーが余りにも扱いづらいので×。
最後はネジコン黒。いつ買ったんだコレ、使ってたのか俺、ってな思い出しかない。しかし使ってみると良い感じ。
アクセルとブレーキのアナログボタンに慣れる必要はあるかもだけど、こいつと心中決定。

とりあえず開始 

なぜかレースゲー、しかもレースシムと呼ばれるものをやりたくなる。
とりあえず有名どころデモを片っ端からDL。
GPL・GTL・GTR・rFactor・NetKarその他諸々etc.

画面は流石に新しいモノの方が綺麗。
んでもなぜかGrand Prix Legendsに惹かれる。
まぁネットの評価が軒並み高い、ってのもあったけど第一印象は大事よね。
将来製品版を買う際に「安い」という打算が働いたのも否めない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。