GPLPs 最終戦(Round22/23)- Mexico City - その2 

昨日に引き続きまして、本日はHeat2レポ。


○ポイントランキング
Heat1終了時のポイントは、
 Dr.FeelGood:139pt
 Barchetta氏:130pt

となっており「9ポイント差」という状況。
GPLPsは「1~8位までにそれぞれ、10,8,6,5,4,3,2,1pt。」というポイントシステム。

最終レースのHeat2でBarchetta氏がチャンピオンになるためには、
 ・全体1位で10ポイントを得る事が第一条件
 ・その上でオレ様DFGさんがノーポイントで終わらないといけない

  (8位1ポイントだと同点になりますが、勝利数でDFGが上に)
という厳しいシチュエーション。
って合ってますよね、コレ?w

ここで逆転すれば
「GPLPsチャンピオンへの道 ~Barchettaが駆け抜けた青春4ヶ月~」
的な1時間ドキュメンタリーが出来てしまうくらいの状況でございます。
自転車で走った後に汗を拭いながらインタビューを受けているBarchetta氏の爽やか映像、とかが浮かんでしまいますね。
ライバルなオレ様は、のんきにTVで阪神を応援したり、コンビニで新製品をチェックしてるような映像ばかり使われてしまうのではないでしょうか。

えーと、つまりオレ様が「圧倒的有利」ということであります!


Heat2開始前、上記の状況を確認中に、
 23:50:38 | FBevo> フラグキタコレ
 23:50:38 | neGco> よーし解った
 23:50:41 | polar> パトラーッシュ!!
 23:50:43 | Nullpo> ここはBarさんを応援せずにいられないw
と気になる発言が数々散見、ログを何度見直してみても「DFGさん頑張れ」という声援が一つも無かったのがどうにもアレな感じ!
やはり最後に頼れるモノは自分自身しかないw



○Heat2 鯖分け
人数が増えたため、Heat2からは2サーバー開催に。
Heat1でのTop4は、奇数鯖にRecoBre氏とオレ様、偶数鯖にs.okada氏とBarchetta氏。
オレ様とBarchetta氏は別れる事に。

これでBarchetta氏は、
「まず偶数鯖でHeat1優勝のs.okada氏と闘い、そして奇数鯖RecoBre氏とのTime争いに勝たないといけない」
という、s.okada氏との直接バトル、見えないRecoBre氏との間接バトルを強いられる事に。
かなりのプレッシャーに違いない。

対してオレ様は、
「上記バトルに加わる気は無し、ヘラヘラとHeat1と同じペースで完走すればポイント取れちゃうんじゃね? ウフフフ、チャンピオンはすぐそこよ!」
と、気分的にはもうBarchetta氏と雲泥の差。
いや、一応「勝ちたいよぅ」という気持ちは持っておりましたですよ!



○Heat2 予選
1LapしかAttack出来ない形になって、というかFBevo氏のアタックを邪魔したような感じになったかもしれん、1m46.115sで予選2位に。

1位はCF氏、奇数偶数合わせてのポールTimeをHondaでゲット。
不利なHondaとはいえ、Monzaのスタート等やはり実力の片鱗を明らかに見せつけられる。
3位にRecoBre氏。スタートは不利っぽいのでキニシナイようにするw

「とにかく完走~」とか考えてどこか気が抜けてたのかも。
Heat1のようにスタートをしっかりシミュレーション、とかそういうのが無かった。
細かい事だが、それがオープニングLap1コーナーに繋がったのかもしれない。



○Heat2 決勝
スタートは上々、というか特上。
スタートに定評のあるCF氏(しつこい)の前へ、
GPLPs_Mex03.jpg
その他neGco氏、Evo氏のスタートダッシュ馬鹿っぱや、な方々に脅かされる事無く先頭へ。
NB2006 Monza戦前にEvo氏からスタートを習った事が今ここで開花!(いつの話やw)
その頃は、ドーナツターンの練習ばっかしてた事は内緒です。

そして1コーナー。
「IN側のCF氏のわずかに前か?どうかな? えーい行ってまぇ~」
と、後方・側方確認不十分のまま、2コーナーへ。

あっ

浮いた!

GPLPs_Mex05.jpg
回った!

GPLPs_Mex06.jpg
また浮いた!!

やってしもた! 最後になってやってもうた!
状況的には、Monaco戦でAkaty氏と接触してその後一部の話題をかっさらった、というかまだそれでAkaty氏が凹んでいる気配があるw、あの接触、
「死角の確認が不十分なまま、そのままラインに突っ込んで接触」
というパターンと全く同じオレ様の行動が原因!
成長してねぇ・・・
ちょっとラグアタック気味かな・・・、と自分で自分を慰める。


不幸中の幸いで、後続のラインを完全にふさぐ形にはならず、なんとか抜けていただく。
しかし当然
GPLPs_Mex07.jpg
オレ様は最下位へ、そして燃えるCF氏がそのままリタイアに、すみません、申し訳ございません・・・

レース中のチャットでは、通常の「SRY」でなく
 (CF#17) sry...
と、ピリオド3つプラスされていたところに、CF氏からのごめんなさい感がビンビンに伝わってきていたので、ワタクシめもここで3点リーダーを2回使用しまして、
「申し訳ございません・・・・・・」
ダメだ、余計に伝わらん!


とにかくここで、
「あわわわ、どうしようどうしよう」
と軽くパニック。
何に対してどうするか、も良くわからないまま、どうしようw

とにかくマシンが動くか確認、
「こいつ・・・ 動くぞ・・・」(アムロの声で)
ヨシ、動いた!

真っ直ぐ走るのだろうか、
GPLPs_Mex_problem.jpg
結構ダメージあったっぽいけど、なんとか走れるっぽいぜ!

悪夢のような破壊ダーなLEVINCARS氏とオカマしちゃったBL2 Mexicoでは、その接触から最高速が伸びなくなったのもあって、
「トップスピードきっちり出るのかな・・・」
と心配になったりしたんですが、ストレートを走ってる雰囲気ではなんとか大丈夫そう。

とりあえずオープニングLapでマシンを確認し終え、少し落ち着きを取り戻しつつ、
「Blogにあんな”何かを倒してる画像”なんか貼ったから倒されちゃった!」
などと、見事なフラグを確認したりなんかしてリラックス気味に。
まぁもう
「とりあえずポイントゲット目指して走るしかない」
という状況ですから色々吹っ切れますよね、とにかく前へ~!


GPLPsシリーズを通じて、
「勝ってるわりに、バトル画像、他車を抜いてる画像、などが全くないんじゃね?」
とお気づきになっていた皆様、お待たせいたしました。
遂に最終戦にて、他車をパスしている画像を大量にGet!
決して「ネットで適当に拾ってきた画像」とかではありません!

GPLPs_Mex08.jpg
tamu氏をパス(コースオフしているのを抜いてる、とかはキニシナイ)。

GPLPs_Mex09.jpg
Nullpo氏をパス。

GPLPs_Mex10.jpg
Polar氏をパス。

GPLPs_Mex11.jpg
mujina2031氏をパス。

ここまで4台も!
といいますか事前に、DFGさんフランダースの犬でお涙ちょうだい作戦、をBlogで敢行していたおかげでありましょうか、皆様がかなり早めに引き気味で助かりました。
ふはははは、見事に作戦成功!(馬鹿丸出し)


そして5台目は、えーと中ボス扱い、ぐらいで良いのでしょうかw
なかなかそう簡単には抜かせてくれないFBevo氏と遭遇。
おかしいな、フランダースの犬を知らなかったのかな・・・(違)
「恋空」辺りを題材にすれば良かったかな!
あんなアホなケータイスイーツ小説じゃ、逆に怒って余計に抜かせてくれないなw

とにかくアタック、1発目のホームストレートエンドでは見事に失敗!
「あ、ちきしょう、ダメだた~」
と、各所で楽しく走ってました。もう後が無いし!
なんとか2回目のホームストレートで、
GPLPs_Mex12.jpg
Evo氏をパス、Eagleパワーバンザイ♪


これで奇数鯖内3位へ。
TopはRecoBre氏、2位はneGco氏が走行中。
この2台には追いつきそうには無い差。

追いついたとしても、冒頭にも書いたチャットログで、
 23:50:38 | neGco> よーし解った
などと気合いを入れてオレ様への妨害活動に勤しむ気満々のneGco氏は抜かせてくれないに違いないw
終わってからログ見ると、やっぱりきっちり
 0:23:43 | neGco> 任務を遂行した
などと言っている。ちきしょう、ネジコン仲間なのに!

なので、
「RecoBre氏、Barchetta氏に負けないペースで走り抜いてぇ~」
と応援。

そのまま3位で
GPLPs_Mex13.jpg
フィニーッシュ。



○結果発表まで
余裕でポイントゲットしてチャンピオンよ~、な展望が、接触にて一気に暗転。
冒頭に書いた通り、
 ・全体1位で10ポイントを得る事が第一条件
 ・その上でオレ様DFGさんがノーポイントで終わらないといけない
というのが、Barchetta氏優勝の条件。
オレ様がクラッシュしつつ、それを阻止出来ているのかどうか!


まずは、
「Barchetta氏が偶数鯖で優勝したのかどうか」
が気になる。
しかし、
 0:24:49 | Barchetta> okadaさんに完全に譲ってもらっちゃった。ありがとう
 0:24:55 | Nullpo> !
 0:24:59 | Dr.FeelGood> なにぃ!
 0:25:01 | FBevo> !!!
 0:25:03 | Nullpo> こ、これは・・・
 0:25:06 | CF> !
 0:25:10 | s.okada> いえいえ、1コーナーイン側はあれ以上行くと無理だったので^^;
あ、ちきしょう優勝したっぽい! s.okada使えねぇ!(ド暴言)
まず第一段階は諦めようw


次に、
「Barchetta氏のペースがRecoBre氏より速かったのか」
が気になる。
成績発表までは、向こう偶数鯖のTimeは分からないので、こちら奇数鯖RecoBre氏のTimeを見て推し量る。

45秒台は連発している、しかし45秒台後半だ、一発ミスもしてるっぽい。
十分見事なペースなのに「これはBar氏と比べるとマズイ」と思ったオレ様、
 0:27:48 | Dr.FeelGood> Reco氏もなんかコレ微妙なペースで走ってるな・・・
と、今から思うとかなりというか超失礼な発言を!(すみませんすみません)
続けて、
 0:28:08 | Barchetta> おれも遅いよ…
 0:28:21 | s.okada> 直線でBarさんに追いつけん なぜだ・・・^^;
 0:28:22 | Nullpo> ますますwktk
 0:28:54 | RecoBre> ガードレールのお世話に・・・・なっちゃったし
Bar氏は自分で遅いと言ってるが、Heat1優勝のs.okada氏が「追いつけない」と言っている、Reco氏はガードレールに当ててペースあがらなかったのか、これはマズイ!
と、ますます不安に!


最後は、
「オレ様が8位までに入ってポイントをゲットしているのか」
これも向こう偶数鯖の結果が分からない状況では推測するしかない。
確実に負けているのは言うまでもなく、奇数鯖のRecoBre氏とneGco氏。
偶数鯖ではBarchetta氏とs.okada氏は絶対上だろう、あとは誰だえーとTOMS氏・Hirame氏・主催shutaro氏辺りか?
これで7人だぞ、他居たっけ!
あ、Heat2からAkaty氏が来てたっけBRMだけどどうなんだ、Mori氏は昨日rFactor PCCでは上位だったらしいぞどうなんだ、kyeyo氏は出張帰りだけどどうなんだ、他etc.etc.
などと、1人でGPLIPに居るメンバーの名前を見つつ焦りつつ妄想しつつ悶絶!

正直「結構ギリギリな状況の気がする・・・」と本気で思ってました。



○結果
 Heat1:2位(1サーバー開催)
 Heat2:全体7位(奇数鯖3位)

となりまして、Heat2でなんとかポイントゲット(2pt)の末、
 Dr.FeelGood:141pt
 Barchetta氏:138pt

と3point差、
「Dr.FeelGoodさん、GPLPsシリーズチャンピオン決定!」
わーパチパチ♪

結局、Barchetta氏のHeat2順位はRecoBre氏に次ぐ2位、となってまして、オレ様ノーポイントでもなんとか大丈夫だった模様。
しかしRecoBre氏とBarchetta氏の差が0.269sec、とギリギリ。どちらも流石でございます。



GPLPsシリーズ、皆様お疲れ様でした。
シリーズ個人的総括はまた改めて書く予定ですが、
「とにかくチャンピオンというのは素直に嬉しい・気持ちいい」
でございます。
しかしながら、Eagleで有利だった、レース距離が短くやらかし癖があるオレ様には有利(やらかす前にゴールが来ている)などなど、かなり条件にも恵まれておりました。

のでですね、
「チャンピオンだからといって調子に乗らず」
「いつまでも、あの周回遅れ連発だったルーキー時代を忘れず」

にですね、謙虚にこれからも地道に頑張って行こうと思う次第であります。


改めて、
主催shutaro氏、サーバー担当RecoBre氏・FBevo氏・kazuki氏、無人鯖運営s.okada氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、Blog読んでくれてた皆様、お疲れ様&ありがとうございました~♪

GPLPs 最終戦(Round22/23)- Mexico City - その1(Heat1まで) 

4月末から始まったシリーズ戦GPLPsも遂に最終戦、舞台はMexico。
Barchetta氏との「1972年生まれ最速決定戦」にも決着の時が!


○直前までの状況
このシリーズ中は、Blogでレース前の練習状況やTimeの状況とかを結構細かく書いてたんですが、今回Mexico戦前はもうそんなこと書いてられないぐらい練習が上手くいかない・Timeが全く伸びない状況。
前日にGPLIPで練習レースを走っても、もう全く歯が立たない。
「最終戦負けないぞー」という感じは全くなく、半ば諦め気味、ヘラヘラしながらBar氏とかReco氏の走りを見つめるのみw

んが、当日起きてから
「やっぱある程度のLvに持って行かないと、戦えるLvにして参加しないと面白くない、つーかチャンピオン争いだし失礼な気もするし恥ずかしい気もする」
と殊勝にも心を入れ替えて練習。
高校野球で智弁和歌山戦があったので見たかったけれど、「とーちゃん、オレの代わりにしっかり見てきてくれ!」と、朝から甲子園に出かけていった親父に託すw

1コーナーも走り方は変だけど安定方向へ、他のコーナーも立ち上がり踏めるSettingを詰めて行ったらなんとか軽く覚醒気味に。
一発Timeでは1m44.766。
「うおお、昨日よりも1秒速くなったぜ!」と喜びつつも、まぐれなのは言うまでもなく、実力的には予選で大体45秒台前半が狙えるかも~、ぐらいのLv。
レースペースは良くわからん、タイヤはどこまで持つのだろう、といった不安を抱えつつ本番へ。


○直前
参加者19名で1鯖に(18名だった気がするけどHirame氏が予選開始後に来られたのかな)。
ポイントランキング争いでは、Topオレ様と2位Barchetta氏の差が7point。
1鯖開催なら相手Barchetta氏の状況が良く分かる、のでレース内容自体は置いておいても、戦略を練ったりするにおいては確実に有利。
「もう誰も来るんじゃねぇ~」と直前まで強く願うw


○Heat1 予選
「とにかく前へ行きたい」てな思いでアタック。
結構緊張してましたね、最初のアウトラップは武者震いってヤツかしら、足が震えてたw

1発目に1m45.446が出るものの、ずっとそのTimeを抜けず。
途中経過ではs.okada氏、RecoBre氏に続く3位、一応Barchetta氏の前。
んが昨日深夜、

 2:45:42 | RecoBre> Barさんあと0.3くらい上乗せてきそう
 2:45:51 | Dr.FeelGood> めちゃめちゃ速いやん・・・
 2:45:58 | Dr.FeelGood> 45.4ぐらいちゃいましたっけ
 2:46:11 | RecoBre> 45フラットとか来たりして
 2:46:21 | Dr.FeelGood> 諦めようw

と、RecoBre氏に脅かされていたので「45秒4ではイカン、もっと出さねば!」と、ここでは諦める事無くアタック。
最後のアタックLapで、

RecoBre氏と同Timeながら2位(ラッキー)、フロントローをゲット。
最前列スタートという事で、かなり気分的に楽になる。

Mexicoはデフォグリッドでも2x2並びでコース幅が広く、後方からのスタートダッシュも効く、そして1コーナーまでが長い。
ポールs.okada氏はLotでスタートダッシュを決めるに違いない、オレ様のEagleもダッシュはLotに負けるとしても車速は伸びる、RecoBre氏はRepで車速的に不利だ前日も「絶対にスタート抜かれる、ストレート短くしろ」とか愚痴っていた、予選4位Barchetta氏が上がってくるに違いない、などなど必死でシミュレーション。
とにかく最低限「s.okada氏の後ろ、Barchetta氏の前で2位のまま1コーナーへ突っ込む」で、失敗してBar氏に前に行かれるわけにはイカン。


○Heat1 決勝
スタートは上々、予想通りs.okada氏のダッシュが良かったので積極的に2位キープを心がけ(チキン野郎)、s.okada氏のミラーに積極的に映り込む感じでミドルのラインを取ると、自然とミラーでBarchetta氏も確認出来、真後ろには誰も居ない、という安心ポジション。
てな感じで、1コーナーまで長いのもありますが、結構落ち着いて回りを観察。
GPLPsのデフォグリッドで鍛えられたからでしょうか、上手くなったなオレ(いえ、たまたまです)。

ターンイン時もアクセルちょい抜いて前に合わせる準備してからブレーキング、と余裕持ってトロトロ走っておりますと、一気に後方からBarchetta氏が接近!
オレ様もちょっとだけ反応して心持ちインに寄せたような寄せないような回避行動を取ったんですが、Barchetta氏は大きく外へ回避されまして壁へ・・・
GPLPs_Mex00.jpg
Topのs.okada氏、2位オレ様、そして壁へ行ってしまったBarchetta氏。

ついでに言うと3位はCF氏Honda、ではなくて予選8位からのJumpUpでneGco氏。
RecoBre氏Blogにもありましたが、オレ様もしばらくして落ち着くまでずっとCF氏だと思っていました!


Lap2のホームストレート、s.okada氏が1コーナーへのターンイン時でこの差
GPLPs_Mex01.jpg
2秒程度も差を付けられる。
GPLPsでも何度かあったんですが、オープニングラップで前に大きな差を付けられる、というのは今後の改善点。
昔のNewbie2006とかで散見された「オープニングラップで必ずやらかして最下位に落ちる」というのよりは、随分マシになったんですがw

ただ、この時点ではBarchatta氏が、Pribludaに映ってこない順位差で、
「Barchatta氏はどこなのだ、もしかしてリタイアとかしてるのか」
というのが気になっていた状況。
「もしかして、このまま行けば労せずしてランキングトップで終了? やったネ☆」
などとプチ浮かれ気味。
んが、次の周からきっちりBarchatta氏4位表示に。
そしてすぐに3位表示へ、ちきしょう・・・(ヒドイオレ様)

とはいえ、Barchatta氏の差は確かピットボードだと11~12秒程度だったのかな。
確実に安全圏、1ミス程度での入れ替わりは無い、ブロー・クラッシュしない限り安心、とかなり余裕の展開。


前方にずーっとTop走行中のs.okada氏が見えるので、
「なんとかして追いつきたい・・・」
という気持ちで走行。

s.okada氏Blogには、
 >もし、接近しても、まず仕掛けて来ることはほぼあり得ない、
 >おそらく、走りやすい差を保ってると思われる。
と、好意的解釈でしたが、いや待てよこれは深読みするとオレ様の事を
「追いかけてもこないチキン野郎」
と言っているのではないか、いやきっとそうに違いない!
ちきしょう、バカにしやがって!! お前のかーちゃんでーべーそー!

えーと
「オレ様が勝利してBar氏がこのまま3位だと、シリーズチャンピオンがオレ様に決まる」
という状況だったので、正直追いついて抜きたい。その上
「勝ってチャンピオンを決めるなどと言うのは、非常にカッコイイに違いない」
というキモチ。

こうなると、是非追いつかないと!
んが、
「当日になんとか一発タイム上げた状況で、レースペースが良く分からん」
というタイヤ温度などに不安を持った状況、そして
「速く走るとタイヤとかガードレールに当たってクラッシュしちゃう><」
てなわけで、やっぱりオレ様、
「前方を追えないチキン野郎」
結局こういう事に、トホホ・・・


一応レース中ずっと、
「okada氏、コケろ~回れ~ぶっ壊れろ~」
という念と
「okada氏、コケてからオレの後ろへ行って、Bar氏の前ではコケるな~壊れるな~」
と、色々ヤヤコシイというか、「人」と書いて都合の良い事しか考えない生き物と読む、的な思考で走行。

しかし何事も起こらず、
GPLPs_Mex02.jpg
そのまま2位でフィニ~ッシュ♪

Barchatta氏もそのまま3位でフィニッシュ。
これでポイントは2つ開いて、9point差に。

長くなってきたのでHeat2レポは次回に。
引っ張って視聴率UP!(違います)

GPLPs 第11節(Round20/21)- Watkins Glen - 

さて行ってまいりました、GPLPs Round20/21 Watkins Glen。

本レースを含めて残りは2戦。
こうなると気になって来るのがポイントランキング(とりあえずオレ様トップ)。
レース自体に勝ちたい、という気持ちはもちろんあるのだが、
「ランキング2位のBarchetta氏に負けてはならない」
という気持ちが非常に強く。

レース開始前では3ポイント差(オレ様113point Barchetta氏110point)。
とにかく上の順位でフィニッシュ、が目標。
下だとしても、2レース共1個下ならポイント逆転されても最悪1ポイント差で済む。
とにかくリタイアだけはマズイ。

というような感じでレースへ臨む。



○事前練習とかとか
事前練習もいつもと少し違うアプローチ。
レースまで1週間・コースは走り慣れている・リタイアは出来ない・タイヤの温度が気になる、等々の理由から、普段の「一発のTimeだけは負けね~」などという自己満足TimeAttack風味の練習は控えめ。
とにかくレース距離を走って、ラップタイムの確認で費やす。

Watkins Glenでの、走り方・LapTime・タイヤ温度上昇、それぞれの兼ね合いを自分なりにはかなり掴んだ感じ。
が、突き詰めるところまでは流石に行かなかったナリ。
「このペースならギリギリタイヤが持つ」という限界の見極めとか、「この走りなら全くタイヤ負担の心配がない」というような走り方とか、そういう所までは無理ですた。

まぁヘボいオレ様なので仕方ないんですが、色々考えたり迷ったりで、練習からめいいっぱい色々GPLPsを満喫している気がするw


○直前
当日開始直前の練習鯖・接続確認鯖では予選用燃料で走る。
TimeAttack的な練習をしてなかったので、攻めた時の自分の走りが良く分かってなかったんだけど(情けない)、3秒台がかなり出る、というかPBを連発風味(3秒7とか)。
「ふはははは、オレはえぇええええええ」と、調子に乗る。

しかも、マークすべきライバルBarchetta氏が
「今日は生ビール4杯いってしまいますた」
との発言が。
キタ!オレに風が吹いている!
とはいえ、オレ様もMonzaで飲酒後リラックスして走った経験があるので、酩酊・泥酔・二日酔い、ぐらいになって貰わない事には信用出来んw


Heat1開始直前で参加者は19名。

オレ様、/idでは偶数。
事前練習で3秒台~4秒台前半を叩き出していた方々は軒並み奇数。
正直「2鯖開催なら偶数でぶっちぎれる」という甘い、超失礼な考えも頭をよぎる。

んが、1鯖なら「ポイントランキングで気になるBarchetta氏の動向が確認出来る」という事が大きい。GPLPsのイベントスケジュールだと、Heat1で2鯖開催の場合全体結果が分からずHeat2へ行く形。
これは細かいが非常に個人的に・ポイント競ってる状況的にはイヤなのだ。

1鯖2鯖どっちに転んでもオレ様的にはオールオッケー、という嬉しい状況。
正直な気持ちとしては、
「Heat1を1鯖で行ってくれ、そしてHeat2誰か来て2鯖開催にしてくれ!」
と密かに願いまくっていたw

kazuki氏鯖の準備まで一旦出来ていたのだが、結局1鯖開催で。
短い距離のWatkins Glen。1鯖フルグリッドだと予選からリスキーに違いないのだが、そっちを選択する方がやっぱ面白い、という気持ちが強く働いたのだろうかw


○Heat1 予選
予選は失敗!
直前確認鯖での調子が嘘のように消え去るw
車が多く気になったり色々あったけど、10Lapほどアタック出来たし言い訳にならんw
完全に自分のせい・・・

なんとかフロントローげっつ。
ポールm2氏、3番手Barchetta氏、その後にs.okada氏、CF氏が続く。
スタート練習は最前列どっちでもやってたので、どんとこい!、ってな感じ♪


○Heat1 決勝
スタートは悪くない感じ、が2コーナーへの進入をIN付きすぎて

軽くブレーキ、これでポールm2氏が前に。
実質ここでm2氏との勝負が決定してしまう。
MonzaのVS LEVINCARS氏ともそうだったが、オープニングLapの弱さをなんとかせねば。


Lap2のLoopへ向かうストレート
GPLPs_Watglen02.jpg
Topがm2氏、オレ様、Barchetta氏、s.okada氏、CF氏、と続く。
このまま上位は膠着状態。
差も少し変わる程度、しかしスリップへ付く程でもなく均衡。

中盤Lap9の同ストレート
GPLPs_Watglen03.jpg
全く変わらず、それぞれ少し差がつく程度。


といった感じでファイナルラップまで。
心境的には、
「前のm2氏を追いたいが、後ろのBarchetta氏が気になる」
という状況がずっと続く。
ちょっと無理して追いたい、んでもそうなるとタイヤ温度&ブロー&ミスが気になる、それやっちゃうとBarchetta氏に詰められる、と色々逡巡。
実際のペースでは、全くm2氏を追えず、後半Barchetta氏に詰められているのですが!


まぁこのままなんとかBarchetta氏の前でフィニッシュ出来ればおっけー、と思いつつのファイナルラップ。
なんと、Topのm2氏とLoopでクラッシュしていたNullpo氏が接触。
GPLPs_Watglen04.jpg
その横を労せずパス。

うぉっファイナルラップでこれか!、と驚くと同時に、
「これはイカン、m2先生の優勝がクラッシュで消えるとは。レース終わってからGPLIPに血の雨が! 血で血を洗う争いが! バイオレンス! 恐怖!ネギを持って三三七拍子のリズムで姑を殴る鬼嫁! などなどな状況に!」
などと、かなり両者にダメージのあるクラッシュを茶化して良いのでしょうか。


とりあえず、m2&Nullpo両氏は、

 0:56:39 | m2> 何もおごってもらわなくて良いけど
 0:56:47 | m2> これからは面白いと思ったらすぐその場で wを!
 0:56:55 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

と、ここから始まりまして、

 4:32:05 | Nullpo> 殿、素晴らしいPCをお買いになってうらやましく
 4:32:23 | m2殿> うむ、そちも大分判ってきたようじゃ

と、途中から完全に「殿様と家来ミニコント」状態に入っていきまして、

 6:03:08 | m2> びっくりくりくりくりすてる
 6:03:28 | kazuki> 反応ないですね
 6:04:00 | m2> w
 6:04:06 | m2> 自分でこれからはwつけようかな
 6:04:13 | m2> それはさみしいw
 6:04:16 | kazuki> w
 6:04:18 | m2> 変だ・・・
 6:06:00 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 6:06:04 | m2> おそっ!

など、早朝まで飽きることなく続きまして、

 0:53:44 | m2> ぶらっと・ピットにはいっちゃだめだね
 0:54:20 | Nullpo> ハッ!
 0:54:22 | Nullpo> wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 0:54:30 | m2> おそい!数が多すぎて不自然!
 0:54:36 | m2> 目を離すなというとろうが!

次の日も、F1地上波最中にまだ続いております。
とにかく、血を見るバトル・茶碗の飛び交う喧嘩にならず、流石に大人の対応、というかまるっきり子供の対応な気がしないでもありません。



レースに戻しますと、クラッシュを見てちょっと減速しちゃったり&Barchetta氏のラストアタックなどがありまして
GPLPs_Watglen05.jpg
最終コーナーではこんななってましたが、
GPLPs_Watglen06.jpg
トップでフィニッシュ。

アクシデントがなければm2氏に追いついてなかった状況は悔しいですが、Barchetta氏より前でフィニッシュ出来て満足。
とはいえ、あと数LapあったらコレBarchetta氏に抜かれてるな・・・
色々ラッキーだったHeat1でした。


○Heat2 予選(偶数鯖)
Heat1のメンバーにRecoBre氏が加わり20名。
というわけで2鯖開催に。

これでもうBarchetta氏の状況とかレース中には分からない。
ので作戦は、
「とにかくポール取って、あとは逃げてやらかさないようにレースペースキープ」
だけ。

んが、予選またもや失敗w
ポールRecoBre氏に次ぐ2番手。
「やっちまった・・・」と正直思うものの、
 23:59:31 | Re子鯖> 今日5周しか練習してねーよw
という言葉を信じてレースへ!


○Heat2 決勝
スタートは何とか決まった感じ。
2コーナーでTopへ。
GPLPs_Watglen07.jpg
St.JoviteのHeat1でも書きましたが、皆様スタート直後が上手くなってる気が。
綺麗に並んでおりますです。

Lap2のLoop前ストレートで
GPLPs_Watglen08.jpg
後方RecoBre氏とはこの差に。
結構あるように見えますが、Reco氏相手だと一気に詰められる可能性のある差。
後はなんとかしてでも逃げるだけ。

前日の練習レースではRecoBre氏に追いかけまくられた、というか毎度の事ながら各コーナーで詰められまくってかなり不安。
特に1コーナーへの進入がひどかったかもしれん。
「タイヤに負担を掛けてはいけない」との意識が強すぎて、ターンインからそーっとゆっくりラインに乗せる感じで余計に遅かったのかな。

のでちょっと1コーナー(&その後2・3コーナー)を頑張る感じで。
ここで頑張っておけば、あとはストレート~Loop~バックストレートでEagleパワーで逃げられる。毎度の事ながら完全にEagle頼み。

これが功を奏したのか、RecoBre氏に詰められる事無く周回。
というか、RecoBre氏が帰宅直後で、全く事前練習出来てなかったおかげなのですがw

あとは見えない奇数鯖メンバーとのタイム争い。
最終コーナーが少し決まらない感じがあったんだけど、ペース的には練習通り・狙い通りだったかな。大きなミス・クラッシュ・ブローしなかったので上出来。
そのままフィニ~ッシュ♪
GPLPs_Watglen09.jpg
あとは奇数鯖結果待ち。



○結果
 Heat1:1位(1鯖開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖1位)

という結果に~。

Heat2の全体順位は、1位m2氏、2位ワタクシ、3位Barchetta氏、というものに。
Heat1のm2氏クラッシュ前と同じ順位でございますね。
勝てなかったという悔しさよりも「Bar氏の前でフィニッシュ出来て良かった・・・」という気持ちが大きいかな。
2Heatともm2氏にかなわなかった、という事はオレ様にまだまだ足りないモノがある、ということでございましょう。
Heat1では、その足りないモノを縁起かついだカツ画像で補ったのかもしれないw


全世界注目のポイントランキングは、
 131point:Dr.FeelGood
 124point:Barchetta氏

と、7ポイント差。
少しオレ様が有利に!

とはいえ、オレ様リタイア、Barchetta氏2位以上、で逆転される差。
うーむ、絶対にリタイアだけは出来ん・・・
Mexicoは1コーナーと縁石代わりのタイヤがイヤなんだよな・・・

まぁ何が起こるかわからないレースでございます。
ここまでのGPLPsでも、
 ・オープニングLapクラッシュリタイアを、KyalamiとMonacoで。
 ・ファイナルラップ回線落ちを、Brands Hatch 1967で。
 ・ファイナルラップブローを、Nurburgringで。
と色々経験してきております。
最終戦Mexicoで、何が起きても泣かない!
けど何も起きないで欲しい!

とにかく最終戦ですし、出来るだけ練習して、確実に完走出来るLv、そして戦えるLvに。
そうすれば、あとは「破壊ダー」が出ない事を祈るのみw



主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

GPLPs 第10節(Round18/19)- St.Jovite - 

参加してまいりました、なぜか本戦前にスイカを食ってる人が多かった気がする、GPLPs Round18/19 St.Jovite。

tamu氏Blogにもスイカ画像がありましたが、きっと中身は

こんなだったにチガイナイ。


○事前とか
前日の最終練習レース(深夜3時過ぎ)では、こういう結果。
stjovite_20080726.jpg
もうかなり僅差。当日も接戦予想。

ただ、もう既に寝ていたBarchetta氏が頭二つは抜けている感じ。
皆様とのトークでは、

 3:21:10 | Rooibos> いまのペースじゃBarさん 逃げ切っちゃうかな
 3:21:15 | RecoBre> だね
 3:21:21 | Dr.FeelGood> かるーく逃げ切られるっぽい
 3:21:33 | m2> ここは一発DFGさんがポールを
 3:21:50 | RecoBre> ポールかなり有利だな~
 3:21:51 | Dr.FeelGood> 闇練してそうなokada氏に・・・
 3:22:04 | m2> 本番に強い岡田さん
 3:22:11 | RecoBre> 鯖リプずーっと見てそうだな  監督w
 3:22:28 | Rooibos> あいつー 陰で燃えてるんじゃw

と、自分たちでどうこうするよりも、これまた居なかったs.okada氏に期待を!
本番は、当たらずとも遠からずという展開になったような気がしないでもないw
少なくともRoo様の発言通り、陰で燃えてたのは間違いなさそうです。


○直前とか
GPLIPへ自分自身があまり行ってなかったのもあるけれど、事前練習にはあんまり人が来ている感じではなかったので、勝手に「1鯖開催かな~」とか思いこんでいたら大間違い。
23名参加の2鯖開催がさっくり確定。
ただ、予選タイムを見ると、練習してました組(36~37秒台)と、あまり練習出来ませんでした組(39秒程度以降~)、ではっきり分かれていた様子。

恒例の/idでの鯖分け結果にて、オレ様は偶数鯖へ。
RecoBre氏・m2氏・CF氏などの「練習してました組」と同鯖に。

奇数鯖にはBarchetta氏・Rooibos氏・s.okada氏。
「Lot勢よ、Barchetta氏を止めてくれぇ~」と心底願うw


○Heat1 予選(偶数鯖)
36秒台が早めに出て一安心。
なんとかそのままポールポジション獲得(1:36.760)。
2番手RecoBre氏、3番手m2氏、4番手CF氏の順。

上に貼った最終練習のメンバーRecoBre氏とm2氏が居るので、大体の展開が読めるのはありがたい感じ。
そして上記ログの
 3:21:50 | RecoBre> ポールかなり有利だな~
という言葉を思い出し「そうかやはり有利なのか良かった」と、フロントローの人の言葉を信じ切ってレースに素直に臨むことにする。


○Heat1 決勝
スターターの旗振り降ろしタイミングが早かった気がするが、きっちりスタート。
そのままTopへ。

バックストレート頂上付近では
GPLPs_StJovite01.jpg
こんな感じに。
Topオレ様、2位RecoBre氏、3位m2氏、4位CF氏、以下省略~
というか後方もずらりと綺麗に並んでおります。
ここまでのデフォコース、3x2の狭いグリッドとかで皆様鍛えられた感が非常に良く出ているのでは、と思われます!


その後、Lap2でCF氏がブローリタイア。
やはり、練習してました組とあまり出来ませんでした組の差がちょっと出た感じで、
GPLPs_StJovite02.jpg
Lap3のバックストレート頂上付近では、前3台と後ろの差が少し開く。

前日最終レースでも、オレ様Topで後ろRecoBre氏、Rooibos氏はあっちの鯖で居ないが、m2氏も居る、と全く似た展開。んなもんで、
「オレ様の走り方は良く分かってくれてるハズだ。ちょっとショボイ事しても合わせてくれるにチガイナイ!」
と、後方に全幅の信頼をおきまして、好き勝手に走るオレ様。
実際オープニングラップとかショボかったのですが、なんとかしてくれましたw

あと、
 3:19:59 | RecoBre> 後ろ付いた方が難しいかも
 3:20:40 | RecoBre> 後ろで
 3:20:54 | RecoBre> 深いブレーキしちゃうと どど~んと離される
とか昨日言ってた本人が後ろにいるので、
「そうか後ろは難しいのか、Topで良かった!」
などと、もう素直に後ろに居る人の言葉を信じ切って走るワタクシ。
いやー助かるなぁw


しかしながら、全く後ろを引き離す事は出来ず、中盤のLap7。
GPLPs_StJovite03.jpg
やってもうた~
どうですか! このコーナーのRに沿った綺麗な砂ぼこりの建て方!(違
実は、昨日の練習レースでもここでちょっとやらかしている(涙
RecoBre氏にパスされ、なんとかm2氏の前で復帰。2位へポジションダウン。


次LapのLap8でのバックストレート頂上付近では、
GPLPs_StJovite04.jpg
こんな感じに。
RecoBre氏とオレ様が入れ替わり、オレ様とm2氏の差がかなり近い状況。
とはいえ、この日は後方との差がどうこうよりも、
「自分のミスだけが敵!」
という感じで走れてたかもしれない。その割にミスするんですがね!
普段ならPribludaにらめっこして、差がどーだこーだだの、Lapペースがあーだこーだだの、色々考える・考えてしまうんですが、この日はそんな事なかったな。

とはいえ一応Pribludaも見るので、大体この後は前のRecoBre氏と1.5~2秒差、後方m2氏ともそのウチ似たような差になってた覚えが。

んで、その後なーんにもドラマティックな事も起こらず、
GPLPs_StJovite05.jpg
そのまま2位でフィニ~ッシュ♪


○Heat2 予選
なんとかポールポジションをゲット。
2番手には、ディフェンスに定評のある池上(スラムダンク忘れた・知らない人向け)ではなくて、前回Monza戦でも見せたスタートダッシュに定評のあるCF氏。
CryingFreemanといえば池上遼一だから、池上繋がりでちょうどいいや(今気付いたw)
池上遼一せんせは福井県越前市出身なのか、それでこのハンドルネームなのかな・・・

2列目にはRecoBre氏とm2氏。また似たような展開になるのかな。


○Heat2 決勝
スタートダッシュは普通。
後ろのRecoBre氏が良いスタート気味で1コーナーからのセクションに入る頃には、オレ様・RecoBre氏・CF氏の並びに。
またReco氏が後ろか・・・

オープニングラップのバックストレート頂上付近では
GPLPs_StJovite06.jpg
こんな感じ。
ちょっとHeat1と違い、後方で微妙な乱れがあった模様。

Heat1以上に、RecoBre氏から煽られまくって泣きそうな展開w
基本的な展開はずっと
「スタートからバックストレート終了まではEagleパワーでなんとか、んがその後はガンガンに煽られる」
というパターンが続く。
RecoBre氏の調子が良ければ前半セクションも逃げられなかったと思いますが、
 ・オレの後ろでリズムがおかしくなっている
 ・LFSでドリドリだ~、とか他のシムで遊んでいる
 ・「3:32:12 | RecoBre> 練習できそうにないな~明日」とか普通に忙しい
などなどで助かっていた感じw

煽られ続けてのLap7、
GPLPs_StJovite07.jpg
最終手前のヘアピンで、オレ様の減速が過剰or早かったせいで、追突を避ける為にReco氏が乱れる(すみませんすみません)。

とはいえ、この「わざと後ろを慌てさせる作戦」(大嘘です)が功を奏しまして、少し大きめのマージンを得ることに成功!
多分、2秒ちょいの差が出来たのかな?
「ふはははは、あと半分だ、このままトップでいっちゃうよ~」とノリノリで走行。
の割にペースは上がらないw

んがしかし、オレ様がそのままノーミスで行けるハズもなく、Lap10で
GPLPs_StJovite08.jpg
ああっ、またここで!
どうですか! このコーナーのRに沿った綺麗な砂ぼこりの建て方!(本日2回目)

といいますかですね、「最終練習レース」「Heat1」「Heat2」とあろうことか全てRecoBre氏の前でですね、3回同じところでコースオフ!
トホホ、情けなさ過ぎるぜ・・・

しかし全国のDFGファンの皆様、ご安心ください。
GPLPs_StJovite09.jpg
なんとかギリギリRecoBre氏の前で復帰しております!
危なかったぜ・・・

とりあえず、せっかく貰ったマージンを完全に捨てる事に。
同Lap10、
GPLPs_StJovite10.jpg
s.okada氏のBrandsHatch67 VS m2動画でもちらっと映っていることでおなじみ、周回遅れになる際には思いっきり避けることに定評のある池上、ではなくkazuki氏の横を、RecoBre氏に煽られながら通過。

同じところでミスすることも3度ならば、RecoBre氏に追いかけられる事も数度目。
「ええぃ、抜けるものなら抜いてみやがれ」
と適当な開き直りをみせ、走行。
もう同じところではミス出来ないので、思いっきりチビりながら安全に走行!
まぁあのコーナーへの進入をきっちりモノに出来てなかったのは反省点。

抜くのが難しいコースに助けられて、なんとかそのままファイナルラップへ。
サーバーリプレイでは煙も出ずに少し分かりづらいのですが、余りにもショボイオレ様の走りを後ろから見続けたRecoBre氏は腹を立てたのか、ゴール直前で、
GPLPs_StJovite11.jpg
まずは左リアタイアをプッシュされる!
キャー

GPLPs_StJovite12.jpg
立て続けに右リアをプッシュ!
ヤメテー

そのまま加速してゴールへ飛び込むオレ様、右に飛びつつフィニッシュを迎えるReco氏
GPLPs_StJovite13.jpg
後方には、前で遊んでいる2人が残した白煙に突っ込みつつ、この後Honda WRでフィニッシュするCF氏。流石だぜ・・・
えーと、2人とも手上げフィニッシュ出来てませんw

と、とにかくRecoBre氏の前でフィニッシュしました!


○結果
 Heat1:全体2位(偶数鯖2位)
 Heat2:全体3位(偶数鯖1位)

両レースとも表彰台をゲット♪

特にHeat1は、奇数鯖のRooibos氏&闇練s.okada氏のおかげでBar氏の一つ前に。
前日居なかったs.okada氏に期待しといて良かった!

ポイントランキングは、Barchetta氏に2ポイント詰められる形で、差が3ポイントに。
(DFG:113ポイント、Barchetta氏110ポイント)
んでも事前練習では到底かなわない感じで覚悟してたので、この結果なら上出来。

次のWatkins Glenで上手いこと同点に調整してですね、ドラマティックに最終戦とか迎えられれば面白いかもしれません!
いや、s.okada氏がGlenで2勝して、オレ両ヒートリタイア、Bar氏が2ポイントぐらいで終われば、三つ巴になってもっとエキゾティックジャパンな展開も!
って絶対ヤダなw
でもLoopあるしな、ボフるしな、ちょっとオレ様には最悪な展開もあるかもしれん・・・


これでGPLPsのアドオンコースは終了したんですが、このシリーズ戦が始まる前だとこのSt.Joviteなんかは、多分上手く走れてない気がします。

コーナーが遅い・ブレーキングがヘボいとか少しも変わって無いように見えて、少しは改善してる気が自分では少ししてるのではないであろうか、と少しダケ思うし♪
外からは見えないけど、Setupの内容・方向性もかなり変化。
レースでしょぼいのは相変わらずだけど、ちょっとはマシになってると思うし~
と、将来に向けて希望のある発言をしておくナリ。


主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。
そういやNullpo氏居なかったなw

GPLPs 第9節(Round16/17)- Monza - 

行ってきました「DFGさんのお誕生日をみんなで祝う記念グランプリ」とサブタイトルが付きました(いえ、全く付いていません)、GPLPs Round16/17 Monza。

んではレースレポ。


○直前など
夕食にお酒を飲んでしまったのは本当でしたが、まぁあれぐらいの量なのでほろ酔い気分。
GPLIPジョイン前にお風呂入って軽く横になって、酔いは冷め気味、んでも眠いw
Reco氏やshutaro氏のテスト鯖で走ってても調子は悪くない。(EagleのPBが出た)
残ってるアルコールのおかげで「まぁ気楽に~」ってな感じで余り緊張せず、しかしどっか抜けてる気もw


○Heat1 予選
開始直前に丁度参加者19名、ということで1サーバー開催。
とりあえず鯖分けは気にしないですむ。

練習で全く顔を見せていなかったEagle LEVINCARS氏とLotus Rooibos氏が気になる。
BL2のMonza戦で前を走られ、全く追いつけなかった記憶があるから(かなり差もありました)。

ただ、練習レースで歯が立たなかったBarchetta氏・m2氏のFer勢が予選1列目に来るのを阻止出来るのではないか、との期待も。
実はそういう話をちらっとGPLIPでしていて(7/2のログ)、

1:02:59 | Dr.FeelGood> Fer2台に勝つには27秒台前半で周回せんとダメっぽいですわよ、奥さん
1:03:04 | Dr.FeelGood> きびしーなー
1:03:06 | s.okada> あらやだ
1:03:22 | s.okada> 押さえ込むのも難しいしな~
1:03:35 | Dr.FeelGood> 予選でなんとか前に出て・・・
1:03:47 | s.okada> 真ん中走る
1:03:48 | Dr.FeelGood> 2人で予選必死
1:03:54 | Dr.FeelGood> あと1人だれかいねーがー
1:04:13 | s.okada> Recoさん27秒をレプコでw
1:04:29 | Dr.FeelGood> めっちゃ厳しそうw
1:04:34 | Dr.FeelGood> Roo様来ないかなw
1:05:04 | Dr.FeelGood> ひらめ氏Lotに期待だ
1:05:26 | ひらめ> 任しとけ・・・
1:05:58 | Dr.FeelGood> 気のせいか力のない返事な気が・・・
1:06:02 | ひらめ> てゆうか、ほっといてくれw
1:06:04 | s.okada> ww
1:06:07 | Dr.FeelGood> ぇーw

と個人的にRooibos氏の参加を切望、そして、ひらめ氏には怒られていた、という過去がw


予選Timeは1m27.003sでポールをゲット。
思惑通り見積もり通りに、2位Rooibos氏、3位s.okada氏で1列目。
とはいえ、Lotus勢2人と並ぶのはスタートダッシュで不利、なのを忘れているw
4位はLEVINCARS氏、やっぱ速い。
気になっていたFer勢は、5位m2氏・7位Barchetta氏と2列目以降に。
6位にはこれも久々のDelico氏。DFGさんお誕生日おめでとうグランプリだったので、1972年生まれのDelico氏は祝福にやってきて、ついでにBarchetta氏を抑えてくれたに違いない。

m2氏Blogに拠ると、2位Rooibos氏の存在をすっかり忘れて、自分が予選4位だったとか言って混乱しておられる、というかわざわざグリッド順位のおさらいまでして間違えているのだが、オレ様より酔っぱらっているのではないだろうか。


○Heat1 決勝
スタートは、まあ普通。
1コーナーで、案の定Lotusの2台に先行される。

3番手Eagleがオレ様。Monzaフルグリッドのスタート1コーナーはなかなか壮観。
Top s.okada氏、2位Rooibos氏でオープニングLapを終える。

Rooibos氏は久しぶりという事があったと思われるのですが、レズモなどで立ち上がりちょっとお尻を振ってお釣り貰い気味。
なんとかLap2~3へかけてのホームストレートで追いついて、
GPLPs_Monza02.jpg
1コーナー進入でパス。
あとはTop走行中のs.okada氏を追いかけるだけ。

Lap3終了時のs.okada氏との差は、確か1.5~2秒程度。
その後、微妙に「追いついてるかなぁ」という感じで徐々に差を詰める。

そしてLap7のパラボリカ。
GPLPs_Monza03.jpg
s.okada氏が乱れる、というか完全に滑っている。

ところが、オレ様のライン上で立ち直りやがりまして、
GPLPs_Monza04.jpg
ちょうど背後に。

「ふはははは、ちゃーんす!」とか思うものの、立ち上がり上手く合わせられず、
GPLPs_Monza05.jpg
ちょっと離される。

まぁEagleパワーでホームストレート~1コーナーのSector1はこっちがちょっと速いので、
GPLPs_Monza06.jpg
追いついて「ふはははは、まだちゃーんす!」がっつり追撃態勢。

んが、オレ様また上手く合わせられず、
GPLPs_Monza07.jpg
また離される。

しかしまだイケルEagle様。
レズモ1の進入で
GPLPs_Monza08.jpg
がっつりアウト側から並びかける。

「ふはははは、レズモを綺麗に曲がってアスカリでスリップに!」と思うものの、
GPLPs_Monza09.jpg
これまた全然離されているオレ様。

「ちきしょー、なんとかしてスリップ付かないと~」と頑張るオレ様。
GPLPs_Monza10.jpg
がっつり気合い空回り、パラボリカで縁石踏みまして、
GPLPs_Monza11.jpg
と、1周前パラボリカでs.okada氏がミスしてくれて詰めた差を、あっさり返上!
トホホ・・・

やっぱバトルがしょぼすぎるオレ様。
どうやってGPLPsをここまで闘ってきたのだ!
こんな画像で説明したら、次戦からみんなが安心して、というか「一丁からかってやろうか」的にバトルを仕掛けてくるに違いないw

まぁもうこれでThe End気味。
前方s.okada氏との差よりも、後方3位のRooibos氏との差が近くなり、そちらが気になってくるような展開。


と、半ば諦めていたところ・・・
GPLPs_Monza12.jpg
ファイナルラップ手前のLap10、レズモ2~アスカリ間でs.okada氏ブロー!

神様ありがとう!
オレ様の誕生日記念グランプリに、こんなプレゼントを用意していてくれるなんて!

心の中では、
「ここまで闘ってきたs.okada氏をリタイアさせるのは惜しい、なんとかオケツを押してフィニッシュまでもっていけないであろうか・・・」
などとは全く考えず、容赦なく抜き去り、シフトUPで遅れたもののしっかり手上げ。

そのままラスト1Lapを走りきり、
GPLPs_Monza13.jpg
Heat1勝利~♪
まぁ完全にラッキーな結果。
しかし勝ちには違いない!!



○Heat2 予選
参加者が増えたので、Heat2は2鯖で開催。
オレ様は偶数鯖。

誰がどっちの鯖なのだ、とかはHeat1が1鯖か2鯖でギリギリだったためその時確認していたため、大体頭に入っていた。
ポイントランキングTopのBarchetta氏、3位のs.okada氏と直接対決になったので「ヨシ分かりやすい都合が良い」と2位のオレ様はポジティブ思考。

というか、Heat1で勝って浮かれている・酒が残ってて結構細かい事はどうでもいい、ってな具合で、さっきのレースリプレイを個人で取り忘れるぐらいどこかが抜けていたオレ様w
その割にTimeはきっちり出ている酔拳状態で、ポールポジションゲット♪

Heat1では「Fer勢を予選で抑えねば」とか考えていたのに、Heat2予選でs.okada氏が4位に沈みBarchetta氏が3位だったのを見て、
「ヨシ、s.okada氏が最前列じゃないのはラッキ~」
などと、酒のおかげで色々ポジティブシンキング。
というか、自分に都合の良い考えしか出来なくなっていたw

予選2位にLEVINCARS氏が来て、オレ様vs4時から男。が決定。


○Heat2 決勝
スタートは普通、というか良い方だったと思うんだけど1コーナー進入でLEVINCARS氏が微妙に前へ。
GPLPs_Monza14.jpg
(オレンジメットのCar No.2がLEVINCARS氏、No.15の赤メットがワタクシ)
シフトチェンジのタイミングとかなのかな、じわじわ前に出られた感じ。

前のLEVINCARS氏を追いたいが、後方Barchetta氏・s.okada氏も気になる展開。
そんな事を考えていると、オープニングラップで
GPLPs_Monza15.jpg
LEVINCARS氏にこれぐらいの差をつけられる(1秒ちょい)。

幸いBarchetta氏とバトルになることはなく、先にBar氏 vs s.okada氏の展開になった模様で、全力でTop LEVINCARS氏を追いかける。

Lap4終了時点でこの差。
GPLPs_Monza16.jpg
オープニングラップと変わらん。
まだまだイケル、頑張って追いかけねば。

Lap8終了時点でこの差。
GPLPs_Monza17.jpg
まだまだイケルかな? もっと頑張って追いかけねば。

そして・・・
GPLPs_Monza18.jpg
あっ、終わってしもた!!
オープニングラップから全然追いついてないじゃん!!
トホホ・・・、と見せ場も何もなく終了~

終わってから、リプアナ出力を見ますと
GPLPs_Monza_AveLap.jpg

アベレージが1000分の1秒まで同じか!
追いついてなさすぎ!!
離されてもないけどw

オープニングラップから安全に気をつけつつガンガン行かないといけません、という教訓なのかしら。

つーかLEVIN氏全然顔見せてなかった、というか走るような時間無かったんじゃないのか!
前日にrFactor Japan F3シリーズに参加してたのが練習代わりだったのかなw
ちきしょう、やはりベテラン勢はガッツリ速いぜ。



○結果
 Heat1:優勝♪(1サーバー開催)
 Heat2:全体2位(偶数鯖2位)

というわけで、公式サイトでのアナウンスはまだですが、合計18point獲得。
Brands Hatchからの3レース連続リタイアという悪い流れを、なんとかここMonzaで断ち切って気分良く次戦に向かうことが!

このレースウィークは、
 Fer勢に全くかなわんどうしよう
 →なんとかEagleらしい走りが出来るようになった
 →レース当日はなんとなく調子良いかもしれん
 →レースも良い結果で嬉しい♪
と、良い流れでした。
Lot・Eagが絶対的有利なので、それを生かせて良かった・・・

ただまぁレースレポ見て分かるように、両レースとも
「前を追い切れてない、バトル出来ていない」
という課題が。
良いレースペースだったとは思うけど、1Lapで0.1秒でも詰めて走れたのではないか、と欲張りな思いが。
デカイミスしなかったからって調子に乗ってますよ、オレ様!
まぁどん欲にいかねばw



さて、当初のレーススケジュールに変更があって、次戦St.Joviteは3週間後。
というわけで、
「RecoBre氏お誕生日(7/24)おめでとうグランプリ」St.Joviteが7月26日開催。
「s.okada氏ハッピーバースデートゥーユー(7/29)グランプリ」WatkinsGlenが8月2日です。
と、平気で個人情報漏洩Blog、GrandPrixLegends周回遅れ日記です。

というか、コース的にもマジでそれぞれ活躍しそうな気がするんですがw


てなわけで3週間のインターバルがあるので、リラックスしつつじっくりSt.Joviteを攻略したいと思います。
主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

GPLPs 第8節(Round15)- Nurburgring - 

参加してまいりました、GPLPs Round15 Nurburgring。
今回はPro-Lモードの1ヒートのみ開催。
そして「上位のポイント2倍、それ以降も16位までポイント付与」という特別ルール。

近所のスーパーでの「毎週土曜日 ポイント5倍デー!」には、お米を買ったり冷凍食品買い込んだりしてしまうオレ様DFGさんにとりましては、ポイント2倍は見逃せない!
当日も「新鮮白玉子(L寸)1パック78円 午後四時から4店合計2000個限定(1000円以上お買い上げのお客様、お一人様1P限り・1000円にたまごは含みません)」とかいうのを買いに行かされて準備万端なオレ様!

いやスーパーでの買い物は抜きにして、事前練習は結構きっちり準備万端だったw
というか、やっぱりNurは走ってて楽しいっすね、うん。

んではレースレポ~。


○予選など
午後11時直前には、参加者17名ほど。
というわけで1サーバー開催決定で予選開始。
その後Nullpo氏とtamu氏到着で、丁度19名+鯖機で20台のフルグリッド。

とにかくTimeだけは出しておかないとイカン、というわけで予選アタック。
1発目に8m06.484sが出てひとまず安心。
そのまま次のアタックに入るものの、カルッセルでスピンしたので中断。

あとはレース燃料での確認、コーヒー・トイレ・目薬・キンチョール・タバコなどなどチェック項目通りに忙しいのかどうか良く分からない時を過ごすw

結果6番手の2列目。最前列が欲しかったってのは正直なところだけど、まぁNurだし十分。


○レース
スタートは普通。
のつもりだったのだが、ピット周りが広いNurburgring、後方外側から行かれる感じでスタート直後に9番手へ。
GPLPs_Nur01.jpg
正直「マズイなコレ」と思ったものの、画像見て分かる通りに1コーナーへは狭くなるNur。
「何も起こらないワケがない、オレ様は何回1コーナーで失敗したと思っているのだ!」と、皆様を自分に置き換えるという次元の低い思考で、心持ち余裕を持ちつつなモードへ切り替えw

やっぱなんかキター
GPLPs_Nur02.jpg
やはりデフォグリッドは難しいですね、誰が悪いってワケでなく行き場が無くなってしまった、というような状況に見えました。
後方が空き気味だったことも幸いでちょっと余裕、なんかオレの前には道が空いていた、ってなラッキーモード♪
芝生に出たりすることもなく、
GPLPs_Nur03.jpg
1コーナーターンイン時には5位へ。
(前方見えてませんがTopから、Barchetta氏・RecoBre氏・shutaro氏・TOMS氏の順)


この混乱1コーナーのセクションを抜けて、後方はBOZU氏とCF氏。
「引き離さねば~」とか思いつつ走るものの、何故か「全く乗れていない」。
もう自分でも分かる位ダメダメw

自分の感覚だけでは当てにならない、Sector2のTimeをPribludaで見て判断だ、と普段通りのつもりで走ってみてチェックしたものの、予想よりも3秒ほど遅い。
「これは余りにも乗れてない、もしかすると微妙にエンジンが壊れているかもしれない」
と考えてしまうほど、かなりテンションがLowモード、完全にマイナス思考。

そんな事を考えていたSector2で、後方のBOZU氏がクラッシュ、背後にはCF氏。
Sector3走ってても着実に追いつかれていく状況。
「ダメだ、今日のCF氏とオレ様では差がありすぎる」
というわけで、
GPLPs_Nur04.jpg
あっさり譲ってしまう。6位へ。

ここで譲ってしまったのは自分で情けないといいますか、「完走よりも壊れてもイイからガンガン行く」というポリシーのCF氏からすると腹の立つ行為ではなかったか、と思うわけでありまして。ある種のレース放棄っぽい形ですよねコレ、本当に申し訳ないです。
まぁこういうところが、オレ様レースでなかなか速くならない、といったところの現れ。

んで、CF氏に先に行って貰ってそれを追いかけよう、ってな感じだったのですが、全く追えず。
追ってる途中でTOMS氏がクラッシュしている横を。
GPLPs_Nur05.jpg
これで5位。

・Lap2
途中Sector2の両側に木があるところで(Kallenhardかな)
GPLPs_Nur06.jpg
shutaro氏が埋まっているところをパス。
これで4位。

前方のCF氏にはもうどんどん引き離され姿は見えず、カルッセル曲がってる時にエンジン音が聞こえるぐらい。
後方は良く分からんw
多分s.okada氏だったのかな、Pitboardで9秒差、という表示を見た記憶はあるのだけれど、何周目で見たか忘れました!
イカン、このままだと昨日の夕飯が思い出せないm2氏並みの記憶力コースに・・・


・Lap2、3
4位のままLap2、Lap3を走行。
Nurは長いし前後に車が見えん、ということで色んな事を考えすぎながら走る。
「今日は乗れてない」という思いはずっと引きずっていて、なんとかせねば、という気持ちと、「マジでエンジンちょっと壊れてんじゃね?」とかも。
多分全く壊れてません、思いっきり乗れてなかっただけです!
後はCF氏に譲ったのを走りながらずっと後悔、反省w


・Lap4
Sector1でどうやらCF氏がブロー。
GPLPs_Nur07.jpg
横をパス。3位へ。
完走よりも攻めてたんだろうなー、とか考えつつなんとなくまた申し訳ない気持ちになるw

Sector2でミス、フェンス直撃の二塁打。
GPLPs_Nur08.jpg
特に走行には影響ない感じ。前方とも後方とも差があるので順位にも影響なし。
「あーやっちゃった、まぁ1回はミスするだろうからこれで済んでラッキ~♪」
ってなぐらいの思いで、逆に気が楽になる。


・Lap5(ファイナルラップ)
3位のままファイナルラップへ。
Nurだとギャップ的にはあんまり当てにならないPribludaですが、どうやらTop Barchetta氏とRecoBre氏は僅差バトルの様相。
「ふはははは、両者でクラッシュすればオレ様が優勝!」
などと普段はろくでもないことを考えるのですが、Nurは不思議ですね「両者とも頑張って良いバトルして~」などという心境になってましたね!(いい人アピール)

その裏でポイント計算を忘れず。
「えーとTopが20ptで、3位が12ptだから・・・ レース前は10pt差で勝ってたハズだから・・・ うむ、このまま終わればまだ2pt差でオレ様がランキングトップ♪」
まさに、取らぬ狸の皮算用w

Sec1を抜け、丁寧にSec2を走り「さぁあと半分!」。
Sec3突入直後、カルッセルへ行く手前のちょっと高速セクション。
長いNurburgringでは、誰もがここでちょっと一息入れる感じで後半に向けてふっと力を抜くところでございましょう。
オレ様もそうでした。
ポイント計算をもう一度しようか、とすら思う気の抜きよう。
しかし高速、4速で引っ張ってガーっといくぜぇ~、と思ったら
GPLPs_Nur09.jpg
涙のブロー・・・。
ああん、マジであと半周だったのにぃ。
後方の皆様に「ファイナルラップで1個順位上がりましたよ!頑張って!」と伝えるべく、ブローした旨を即座にチャット入力するオレ様、優しいなぁ(大嘘)。

まいったな、丁寧に行ってたハズなのにな。
直前にサスが伸びてレブが上がるギャップあったけど、そこをアクセル抜かないとダメなのかな・・・
他のギャップは気を使ってたんだけど、ここだけはノーマークだったなー。
そうだとしたら、完全にオレのミス! トホホ・・・


リタイア後レース画面見てましたが最後まで色々凄かったですね。
Top争いの、Barchetta氏 vs RecoBre氏は、もう唸るしかないっすね、全然Lvが違う。

またHirame氏 vs Nullpo氏とかになってましたね。
Hirame氏がG25にまだ慣れてなかったのでしょうか、クラッシュからの復帰に何度もフェンスに頭を突っ込んでた隙に、迫り来るNullpo氏!

Sin氏はピットスタートで1Lap遅れ扱いだったけど、GPLPsレギュレーションだとリプアナ表記通り決定ルールなのかな。実質7位だったのに惜しいっすね。
とにかく完走おめです。ブローリタイアのオレ様より上です、威張ってくださいw

あとは、初出場さっさー氏完走ポイント、tamu氏も完走で初ポイント、んでkazuki氏も初ポイントゲットだっけかな?
他にも足壊してフラフラしているs.okada氏を我が子のように見守るなど、フィニッシュまで他にも楽しませていただきましたw


○結果
 リタイア(ファイナルラップでブロー)
やはり「ファイナルラップ」というところを強調しておかないとですね、むなしさ・悲しさ・やるせなさ、がアピール出来ませんね!
あ、「3位走行中」ってのもプラスしてもっとアピールしておかないと!
どんどん未練がましくて情けなくなってきますねw



えー、ここ3レースがですね、リタイア(GPLフリーズ)・リタイア(ブロー)・リタイア(ブロー)となっておりまして、ちょっとツキが無くなってまいりました!
やはりオレ様、悪い星の下に生まれて来たのでありましょうか。
Born under a bad sign~♪
albert_king.jpg
Albert Kingのこのジャケは渋くてカッコイイですね。
ギターは左利き、バックはBooker T & The MG's、となるとNullpo氏に完全ストライクゾーンですね。Creamとかジミヘンバージョンの方が好きかもしれませんね。
などと関係ない事を書いて、リタイアを忘れるべく気を紛らわすw
Hard luck and trouble is my only friend~
A big bad womans gonna carry me to my grave~♪(涙

レース終了後に、オレ様の誕生日とHirame氏の次男様の誕生日が同じ、という事が判明してしまいましたが、同じ悪い星の下に生まれていないことを祈っておきます。
娘さんが一番強い星の下に生まれたのではないか、という事は疑いの余地がなさそうです。


これでGPLPsポイントランキングは、Barchetta氏に逆転されて2位に。
えーと、ここまでGPLPsは、密かに
「1972年生まれジャパニーズGPLer最強決定戦」
として、オレ様とBarchetta氏の争いが続いていたことは皆様ご承知の事かと思いますが。
(いえ誰も知りません、オレ様も誕生日の事書いてさっき思い出しました)
1回も出てないDelico氏には、もう勝ったも同然です。

んで、オレ様とついでにHirame氏次男様の誕生日が7月4日。
次戦Monza(7/5開催)の1日前でございますですよ。
えと確かBarchetta氏の誕生日はクリスマスかクリスマスイブでございましてですね、よしMixiで確認だ、あチキショウ生年月日は非公開か。

とにかくオレ様、Monza戦前にはですね、Bar氏よりも「1個お兄ちゃん♪」になっておるわけでございますよ。
上下関係が厳しいと噂の、体育会系レーシングシミュコミュニティ日本GPL界におきましては、きっとオレ様を立ててくれるにチガイナイ!
どっちが先にGPL始めた、とか関係無いです。ここはあくまでも年齢で押します。

というか、ランキングトップのBarchetta氏を気にするよりも、3位のs.okada氏を気にしなければならない、完全にケツに火の付いた状態ですw


次戦Monzaはブッチギリの優勝を目指さねば!
嘘です、Nur終了後のMonza練習レースでは、ブッチギリの最下位で終わりましたw
なんとかコケないようにせねば・・・


主催&鯖shutaro氏、GPLIP Naguchi氏、無人練習鯖を軌道に乗せたように見せかけてTime集計等で結構コケているs.okada氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。

GPLPs 第7節(Round13/14)- Brands Hatch 1967 - 

行ってきました、折り返しを過ぎたGPLPs、後半戦一発目はBrands Hatch 1967。

コース名的に、ミツバチハッチとかハッチポッチステーションとかダジャレを織り交ぜたくなってしまうのですが、流石本場のイギリスは違いますね。
現在のコース図、コーナー名を見ますと
Circuit_Brandshatch01.png
GPLerにも馴染みの名称がいっぱい。
その中の「~Hill(丘・坂)」と名付けられたセクション名に、さりげなく混じっている
「Graham Hill」
という名前! ナイスダジャレ! アメリカンジョーク!
イヤ違うイギリスンジョーク! これも違うなイングリッシュジョーク!(なのでしょうか)

幸いにして、日本にも対抗出来る「岡田さん」が居るので、次の誰かが作るコースの坂道には「六本木岡田ズ」とか名前が付くことでしょう。

んではレースレポ~。


○Heat1 予選
今回の出場者は17名、とこれまでより少なめで1サーバー開催。
やはりアドオンということで練習が出来なかった方は遠慮されたのでしょうか。

直前まで延長放送されていた巨人ソフトバンク戦で、巨人がサヨナラ勝ち。
Spa戦直前の阪神ソフバン戦での逆転を見てガックリ、GPLPs行くのやーめた!となってしまっていたgoudai氏に更なるダメージが積み重なっていないか心配。
後半戦は是非参加を!

えーと、予選はちょいと失敗気味というか乗り切れない感じ。
クリアラップの事を考えすぎちゃったかしらん。

んで4番手グリッド。
このグリッドは正直欲しくなかったw
ポールポジション付近の見えない出っ張りのせいでポールがダッシュしづらい、後ろの4番手も躊躇せざるを得ない、んでアウト側グリッド後方からも抜かれがち。
てなわけで、最前列か5番手グリッドが欲しかったのにぃ。

この辺り、事前練習で走り込んでいて31秒台に叩き込んでいた、GPLPsポイントランキング上位5名のBarchetta氏・s.okada氏・m2氏・RecoBre氏・オレ様達には様々な思惑が。
「ポールは不利、2番手も挟まれて若干厳しい、3番手最高、4番手ダッシュ出来ず、5番手はポールが失敗したら3番手までイケル」
という感じ。


○Heat1 決勝
スタートは普通、というか前述の条件通りになってしまった感がw
スタート直後は、予選8番手のFBevo氏との併走気味に。
イン側走行だったのでなんとか3コーナーで前に。

Topから、Barchetta氏、s.okada氏、m2氏、RecoBre氏。
それに少し遅れての5番手で走行。

Lap2終了間際ではこの差。
GPLPs_Brands67_01.jpg
綺麗にTop4が連なって、少し遅れてオレ様、という状況。

事前に書いていたように、レースペースが上げられないショボイオレ様。
「ああ、このまま離されちゃうわー」
ともう諦めモードw

んが、Top4は緊迫したレース、バトルモードでペースが上がらなかったのか
GPLPs_Brands67_02.jpg
Lap9終了間際でもこの差、Lap2時点とほとんど変わらん。
というかもうちょい詰めろオレ様!!w

こうなりますと
「前の奴らめ、バトルして絡んでリタイアしてしまぇえ~」
と呪いモード。

願いが通じたのでしょうか、Lap11
GPLPs_Brands67_03.jpg
Barchetta氏とs.okada氏がターン2で接触!
労せずして3位表彰台圏内へ!

s.okada氏が復帰後は1秒程度の差。
残りはもうあと1Lap。
「いや~Top4には追いつかなかったけど、ノーミスで走ってポイントゲッツ作戦成功だ~」
などと浮かれつつ、ファイナルラップのターン1・2・3、そして長い左コーナーを丁寧に走って長い直線へ~

ああそれなのに、それなのに!
GPLPs_Brands67_04.jpg
サッ!
GPLPs_Brands67_05.jpg
えーと、GPL固まって消えましたw
画像を拡大していただけると、コーナー奥に消えていく誰か(多分Reco氏)のタイヤで時間経過が一瞬であることが分かるのですが、どうでも良いことです!
今回は昔良くあった回線じゃなくてフリーズですよ!
結果はどっちでも一緒ですよ、ヽ(`Д´)ノウワァン

ファイナルラップにして悲しいでござるよ、の巻。


○Heat2 予選
Heat1を引きずりつつ予選へ。
ここでも一発を決められずまた4番手。ああイヤだw


○Heat2 決勝
今度は後方からCF氏に行かれる形で、6番手でオープニングLapを終える。

Lap2のロングストレート、
GPLPs_Brands67_06.jpg
Barchetta氏がブローして止まるところをパスして5番手へ。
「ふはははは、ポイントランキング2位が止まってくれればもうそれで!」
1鯖だと状況が良く分かってありがたいぜ!

えー、しかしその直後、Lap2のフィニッシュラインを越える直前でのシフトUPで、
GPLPs_Brands67_07.jpg
オレ様もブロー・・・(未練がましくターン1を降りているの図)
人を呪わば穴二つ、というヤツでございましょうか!!

絵的にもっと派手に火を噴いて欲しかったのが悔やまれるところですw


○結果
 Heat1:リタイア(フリーズ)
 Heat2:リタイア(ブロー)

というわけで、当然ポイントも無し!
ブローはしょうがないけど、GPLフリーズはもったいないなー、ファイナルラップだったし(涙

正直レース終了後はド凹みしてましたw
ビールかっくらって、眠たくなってF1地上波予選見れず!

まぁ長いシリーズ戦ですし、色々あるわよね♪
といいつつ、今回のレポを「リタイアで終わったわボケー!」と一行で済まそうとさっきまで考えていたりして、まだ立ち直っては居ない傷心のDFGさんなのでありました。
というか、地味であんまり書くことも無かったのよねw


次戦はNur。
ポイント2倍だったりレース距離がPro-Lになったりとか色々変更が。
正直オレ様としましては「ポイント0.5倍、レース距離半分」とかでも全然かまわないんですが、というかそっちの方が有難いんですがw

主催shutaro氏、鯖RecoBre氏、GPLIP Naguchi氏、参加者の皆様、お疲れ様&ありがとうございましたー。